また会いたい!とアポイントを5件いただけました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

どんなに原稿をきちんと作って間違えずに話せても、上手く伝わっていない気がする。

そう思われたことはないでしょうか。

では、なぜ伝わらないのでしょう?

自分の話し方は長年かけて身につけたものなので、自分で分析することは難しいものですよね。

 

 

西任の1Dayスピーチセミナーでは、お一人お一人の状況に応じて指導をおこなっていきます。

伝わる話し方を身につけるために克服したい課題は人それぞれだからです。

 

・論理的に話すことは得意だけれど、感情を揺さぶり人を惹きつける話し方は苦手。

・話したいことがたくさんあってまとまらない。

・専門性の高い話を相手に理解できるように噛み砕くのが苦手。

・緊張して頭が真っ白になる。

・抑揚をつけることが難しい。

・声が届かない。

など。

 

そして、課題があるのはわかっているけれど、その何かを見つけることができない場合には、

一緒に見つけていきます。

 

先日、スピーチセミナーに参加されたMさんは、営業力開発トレーナーとして独立しご活躍されていますが、

これまで、長いこと話し方にお悩みを抱えていらしたそうです。

ボイストレーニングを中心とした話し方講座に通ってみたことがあるものの、

課題は他にもありそうだと、今回のご参加となりました。

そんなMさんより、嬉しいご報告をいただきました。

 

たった1日、伝え方を学んだだけで、これだけの変化があるんです!!

———-

本日は経営者30名の前で15分プレゼンでした。

結果は◎◎◎(3重丸!  私の過去比です)

 

・産まれて初めて?原稿を読まずに話ができた。項目を書いたメモの方がなぜか、ハートからスラスラ話せました(初)

・他の登壇者と立つ位置をみんなに近くして、左右に歩きながら話せた(初)

・焦らず、最初の展開をゆっくりじっくりもっていけたので、あがる事が一度もなかった(初)

・伝えたい事を伝えられたせいか面白かったので、一度会いましょう!」と言っていただき、その後のアポを5件いただけた。

・15分で何が伝えられるか? 事前準備ができたのと、家で当日の服を着て練習したのを録画した(初)

やってよかったと思えた(初)
初めてできたことがいっぱいあり、もっともっとうまくなりたいと思えました。

 

始まる前までは、もう二度と講演の依頼を受けるのやめよう、とか、午前中は今日は体調悪いことにして逃げようか考えていました(笑)

成し遂げて見えてくる次のステップがあったので、逃げなくて本当に良かったです(>_<)

 

———-

こうして、ご自身で変化を感じていただけること、そしてその喜びを分かち合えることがとても嬉しいです!

1日の中で取り扱うのは3分間スピーチですが、それよりも長い時間のプレゼンや講演にも応用できるスキルが満載のこの講座。

セミナー講師の方をはじめ、講演や研修を依頼される機会のあるビジネスパーソンの方、経営者の方を中心に、

様々な業種、立場の方にお集まりいただいています。

 

 

伝え方が変われば結果が変わる! 1Dayスピーチセミナーの

次回の開催は6月3日(土)です。

【3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座】

■日時:2017年6月3日(土) 10時~18時
■場所  築地明石町オープンアカデミー
■セミナー内容 3分間スピーチの実践とフィードバック

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

久しぶりにライブで歌います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

 

久しぶりに、ライブをすることにしました。5月26日(金)夜。場所は下北沢です。

小さな小さな会場です。よかったら遊びにいらしてください。

お店へメールを送っていただくと予約できるシステムになっています。

http://www.l-ete.jp/live/1705.html#d26

 

 

 

さて、こうして歌という声の表現を探求し続けていることから、話すときにも聞くときにも声の響きには人一倍、敏感です。

 

話し上手になりたい方の中で、声の響きにまでこだわる方はとても少ないのですが、上級者というか熟達者になるほど、その大切さを感じるようになります。

 

同じことを話していても、声の響きによって伝わり方が大きく異なるからです。

 

それはいわゆる、いい声とか悪い声というものではありません。どんな人の声にも、伝わる響きというものがあるのです。

 

そして、その伝わる響きは相手によって変わります。

 

その日の会場の大きさや、聴衆の人数興味の度合い、また話す内容などによって、伝わる響き方は異なるからです。

 

だから10分間話すとしたら、その中でいくつもの響きを用いることになります。そしてこれはボイストレーニングを受けて練習して作り出すというよりも、感覚をどこにフォーカスするかによって変えていくものなのです。

 

これはかなり上級の技なので、お伝えすることがあまりないのですが、必要な方にはその響きの違いについてご説明しています。

 

数か月に1度開催している1dayスピーチセミナーは、6名限定なので、その方のレベルに合ったアドバイスができるのが特徴です。通り一遍の説明はしません。その方に、その日のうちに結果を出してもらえるよう、一人ひとり、状況と目的を伺いながらアドバイスさせていただきます。

 

だから、その日集まった6名の方によって、内容はがらりと異なるのもこのセミナーの特徴です。

 

次回は6月3日(土)。

今度はどんなセミナーになるでしょうか。

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

【3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座】
■日時:2017年6月3日(土) 10時~18時
■場所  築地明石町オープンアカデミー
■セミナー内容 3分間スピーチの実践とフィードバック

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

台北の書店で発見! 『話すより10倍ラク! 聞く会話術』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

西任の会員制コミュニティーのFacebookグループページに、

先日、嬉しい投稿がありました。

 

先日出版されました、中国語版『話すより10倍ラク! 聞く会話術』

(『讓對方一直說的10倍輕鬆問話術』)。

 

台北出張に行かれた会員の方が、この本が書店に並んでいる写真をアップしてくれたのです。

お仕事の取引先の方に、先日の投稿記事を見せて案内してもらったとのこと。

 

 

なんと、面陳(本の背ではなく表紙を向けて陳列すること)です!

多くの書籍が並ぶ中、大きく取り扱っていただけているのが嬉しいですね。

よく見ると、左側にはビジネスコンサルタントの大前研一さんの書籍が並んでいます。

 

置いてくださっていたのは、誠品書店さん。

 

 

代官山蔦谷書店のモデルになったとも言われている書店だそうです。

書籍だけではなく、生活雑貨やファッション、飲食など様々なお店が並んでいる新しいスタイルの書店で、観光の人気スポットでもあるようですね。

 

 

『聞く会話術』を手に入れて、隣のカフェで会話術を実践!

なんてイベントができるのではないかと期待が膨らんでいます。

ワクワクしますね。

(スタッフ 阿嘉)

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ランチミーティングのお弁当をどうやって決める?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

「次回のランチミーティングではお弁当を用意します。そこで、どのお弁当にするかをここで決めたいと思います」

会議でそう声をかけたのは、7名の従業員を抱える社長のHさん。

お弁当を誰かの一存で決めるのではなく、従業員のみなさんの好みにできるだけ合わせたいという配慮があってのことでしょう。

 

 

ところが、従業員のうちの数名は怪訝そうな顔をしています。

「わざわざ全員で決める必要はないのでは?」

「どんなお弁当でもいいよ」

「それより仕事に取りかかりたい」

そんな心の声が聞こえてきそうです。

 

さて、あなたならどうしますか?

 

「せっかく、みんなのことを思って提案したのに、どうして協力してくれないんだろう…」

「簡単な話だし、すぐに終わるのに…」

「楽しんで考えてくれればいいのに…」

など、残念な気持ちになるかもしれません。

 

そして、

「では、総務担当の〇〇さんにお任せして良いですか?」

と、諦めた結果の選択をしたり、

「後から文句を言わないでくださいよ!」

と、攻撃的になったり、

「いやいや、すぐに終わりますから、ちょっとくらい協力してくれてもいいじゃないですか」

と、なだめたりする可能性もあるのではないでしょうか。

 

 

先日開催した「リーダーシップ・ファシリテーション講座」で、西任が提案した対応は、

 

まず、

「それでは、お弁当は何でもいいという人はいますか?」

と手を挙げてもらう。

そして、

「今手を挙げた方は、この場に残ってもいいし、仕事に戻ってもいいですよ」

と選択肢を提示する。

これならば合理的ですし、お弁当を決めることにこだわりがない人は、疎外感を感じることもなく、

価値観を尊重してもらえたと受け止めるでしょう。

そして、お弁当を会議で決めても良いと思っている人の「協力したい」というモチベーションを下げることもありません。

 

あるいは、

「こだわりのある方に担当してほしいと思いますが、どなたかお弁当を選んでくれる人はいますか?」

という方法も提示していました。

 

いかがでしょうか。

意見が対立するのは「面倒だ」と感じがちですが、それは対立するどちらかの意見をそのまま採用しようと考えることが原因かもしれません。

全員が意思決定に参加することができる方法を身につけることができれば、

異なる意見は「新たな価値を生み出す」ものになるでしょう。

 

そんな、ファシリテーションを学ぶ講座の第2回開催が決まりました。

 

<リーダーシップ・ファシリテーション>

2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:00~18:00
会場 東京都内

詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

 

第1回に参加された方のご感想はこちら

 

これまで答えの見つからなかった課題を解決に導くための知識とプロセスを知ることができました。
これらを繰り返し実践して、自身のスキルとして身につけられる様、継続していきます。
(A.S.様)

⇒課題解決に悩みながらもずっと取り組んでいらしたことと思います。
 今回、講座で扱ったファシリテーションや伝え方をどんどん試していっていただきたいと思います!

 

 

今回参加させてもらって、人の本音に気づくことの大切さを学びました。
こういう体験をすることで、現在の自分の現在地がわかり、これから身につけていきたいことが明確になりました。
これから日々の中で実践し、継続的に学び続けていきたいと思います。
(H.H.様)

⇒真の本音で話し合うことができれば、理解し合える。
西任の著書『本音に気づく会話術』でたっぷりとお伝えしているメッセージをこの講座でも受け取っていただいて嬉しいです。

 

 

今後の人との接し方や話し方にものすごく重要なことだと感じました。
色々な場面で生かしていきたいと思います。
今後のミーティングなどやっていくうえで自信がつきました。
(H.K.様)

⇒10代の若い従業員の方の教育にお悩みをお持ちでいらっしゃいました。
若いエネルギーが活きるチームになることを願っています!

 

 

2日間ありがとうございました。
今まで使っていなかった頭の筋肉を使い続けた様な快い疲労感があります。
経営者として人の話を聞く事の大切さは、まだまだ未熟と痛感。
「観察力を高める」を意識します。
話すことも、聞くことも観察力ですね。
(H.K.様)

⇒話を聞くことは、話すより簡単そうに感じますが、
実はとても難しいということを講座を通して改めて感じました。
自分の価値観を通して解釈するのではなく「観察」して聞くことを追究していきたいですね!

 

リーダーシップ・ファシリテーション講座の詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

営業マンが話し方の前に身につけたいことは? ~富士産業株式会社様にて研修しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

 

先日、富士産業株式会社さんで研修をおこないました。

 

 

富士産業さんは、病院や福祉施設、学校などに給食を提供されている会社さんです。

 

浜松町にあるオフィスにお伺いすると、お手洗いにはうがい薬や消毒液、せっけんなどたくさんの衛生グッズが!オフィスの方が調理をされるわけではないと思いますが、衛生に対する意識の高さを感じます。

 

研修は、全国の営業の方に向けて「伝え方」をお伝えするものでした。

 

営業の方に必要なスキルって、とにかくコミュニケーション、ですよね。

 

・わかりやすく説明するスキル

・決められた時間で伝えるプレゼンテーション技術

・初対面の方に話を聞いてもらえる信頼の築き方

 

どこまでいっても「伝える」ことがお仕事です。

 

とはいえ、伝えるためには、伝わる人間関係を構築することの方が先です。

 

どんなに伝え方をみがいても、まずは「この人の話なら聞いてみようかな」と思ってもらえる関係づくりが大切なんですよね。

 

というわけで、今回は、その関係づくりや、コミュニケーションの基礎的な考え方についてお伝えしました。

 

次回は丸1日かけて、ロールプレイングを行いながら、実践的なフィードバックとトレーニングを行います。

 

受講生の方からは、

「10月が楽しみです」

「10月に向けて、実践していきます」

など、嬉しいコメントを頂いています。

 

その他、

 

「自分のウィークポイントを再確認することができた」

「自分主体で会話を進めている事が多いのに気が付きました」  

→変化の第一歩は「気づき」ですね。

 

「営業として、人と人とのコミュニケーションの重要性が解った」

→当たり前に思えることの重要性が肚落ちすると、見えてくる世界が変わると思います。

 

「営業先への話し方、聞き取り、引き出し方をわかりやすく説明頂き、今後の折衝で活かしていきたい」

→ぜひ実践してみてください!

 

「事例を用いて具体的な説明をして頂け、理解しやすく、楽しく受講できました」

→どんなにいい話だとしても、楽しくないと頭に入りませんよね。楽しんでいただきながらも、深い理解を得てもらえるよう今後も意識していきます。

 

美味しいだけではなく、身体を元気にしていく給食を提供されている富士産業さんのサービスが、求めていらっしゃる方のもとに届きますように。

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

http://u-b-u.jp/contact.html

 

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

『話すより10倍ラク! 聞く会話術』の中国語翻訳版が出版されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015年に出版された西任の著書『話すより10倍ラク! 聞く会話術』の中国語版が出版されました。

中国語でのタイトルは、

『讓對方一直說的10倍輕鬆問話術』~內向、慢熱、不會說話沒關係!只要學會怎麼問就好!~

 

どう読めば良いのかわからないのが残念ですが、「10倍」って書いてあるのはわかりますね!

「内向」は日本語と同じ意味なのでしょうか?

その次に書いてある「慢熱」は、ある方のブログの解説によると、ゆっくりと時間をかけて人間関係を築いていくタイプや、とっつきにくいと思われがちな性格のことを言うのだそうです。

 

学校や職場など、ほぼ毎日のように顔を合わせる人とならば「慢熱」で親しくなれる可能性を秘めていますが、

所属するコミュニティーを超える出会いでは、初対面でどれだけ親しい関係になれるかが鍵になると思います。

新たな交友関係をつくる、ビジネスチャンスを掴む、などの目的があれば、ぜひ「聞く会話術」を実践したいですね。

 

 

 

表紙には、推薦者の方のお名前が並んでいました。

正確ではないかもしれませんが、どうにか漢字から読み取って想像するに、

コミュニケーションの専門家、企業研修の講師の方、心理学者、ビジネス書作家の方などのようです。

日本とは違う文化背景をお持ちの方が、どんな感想を持たれたのかお聞きしてみたいものです。

 

 

 

目次はこんな感じです。

どんな内容かおわかりになるでしょうか? 日本語版と照らし合わせてみると面白いですね。

 

 

 

基礎、初級、中級までは日本語と同じですが、

上級は「高級」に! なんだか、高級と言われた方が日本語の感覚では、そのレベルを目指したくなります。

品位がありそうな印象を受けるからでしょうか。

気に入ってしまいました。「高級編」の会話術!

 

 

出版元は「采實文化出版」さん。

書籍のページも見つけました!

http://www.books.com.tw/products/0010729870

 

台湾を中心に展開されるようです。

たくさんの方にお手に取っていただけますように。

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リクルーターが身に付けたい3つのスキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。
西任暁子です。

先日、大和証券株式会社様でリクルーター研修を担当させていただきました。

今年で2年目。今回も、社員の中から選ばれて、これから数か月間リクルーター活動を行われる30名ほどの皆様への研修です。

 

「リクルーター」といわれる方々の役割は、会社の魅力を伝えること。
具体的には、就職活動を行う大学生からの質問に答えたり、不安な気持ちに寄り添ったりしながら、就活の応援をするような立場に立つことになります。

そのとき、様々なコミュニケーションスキルが求められます。

1.質問の真意をくみ取る

大学生の方々が、本当に自分が知りたいことを適切な言葉で質問できるかというと、なかなかそうもいきません。大学生だけではありませんね。私たちは何がわかっていないのかがわかっていないので、なかなか的確な質問ができないのです。

そこで相手の言葉だけではなく、言葉の奥にある真意をくみ取りながら、何を知りたいと思っているのか?という質問の源泉を聞き取りたいのです。

 

2.わかりやすく説明する

質問の意図がわかったら、今度はわかりやすく説明したいですね。相手が聞きたいことを、相手が聞きたい順番で、相手が飽きない分量で話す。これを実践するには、頭の中を自分がラクから相手がラクに組み替えることを習慣にすることです。

 

3.信頼関係をつくる

最後に、話すスキル以上に大切なのがこの信頼関係をつくるという力。どんなに上手に話せたとしても、信頼がなければその言葉は受け取ってもらえないからです。

研修では、ワークを交えながらの講義を3時間おこなった後、1時間のロールプレイングで実践的なフィードバックをお伝えすることができました。

リクルーターの皆さんが、会社と、そして就活生のお力になれますように。

 

【参考】
お伝えしたスキルを身に付けていただくのにオススメの書籍をご紹介します。
よかったら参考になさってくださいね。

1.質問の真意をくみ取る
2.わかりやすく説明する
3.信頼関係をつくる 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

6タイプ別「損する話し方」克服ガイド ~PHP研究所『THE21』の記事をオンラインでご覧いただけます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネスリーダーのための情報誌PHP研究所の『THE21』4月号にて掲載いただいた取材記事が、オンライン版にて公開されました。

 

 

コミュニケーションが上手くいかない場面があると、

相手の受け答えの責任にして不満を抱えたり、

自分は話下手だから仕方がないと諦めたりすることはないでしょうか。

あるいは、そんな人を周りに見かけませんか?

 

諦めや不満は、雪だるま式に大きくなるもの。

自分でコントロールできなくなる前に小さくしておきたいですね。

その第一歩は「自分の話し方を知ること」。

 

自分の話し方が相手にどのような影響を与えているのか知ることができれば、

対策に取り組むことができます。

 

今回のPHP THE21の取材では、6つのタイプについて

それぞれの原因と克服方法をお話ししています。

 

◆ 6タイプ別「損する話し方」克服ガイド <前編>

①「話を簡潔にまとめられない」人

②「理屈っぽくなってしまう」人

③「話し出すと止まらない」人

http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3825?

 

◆ 6タイプ別「損する話し方」克服ガイド <後編>

④「自己主張ができない」人

⑤「すぐに緊張してしまう」人

⑥「つい感情的になってしまう」人

http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3826?

 

新しい出会いが多い新年度のはじまり、

この記事がお役に立てましたら嬉しいです。

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議が劇的に変わる! リーダーシップ・ファシリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議で活発に意見交換したいけれど、発言するのは限られた人たちだけ。

発言してくれることはありがたい。でも、いつも同じ人の意見が決定事項になっていることに疑問を感じる…。

あるいは、

意見はたくさん出るけれど、まとまらない。

誰かの意見を採用すれば、せっかく意見を出したのに採用されなかった人のやる気がなくなってしまうかもしれない。

 

だから、会議があると気を遣ってストレスになる。

「あぁ、またあの会議かぁ」と、始まる前から気が重くなってしまう。

そんな経験はないでしょうか。

 

リーダーとして組織やプロジェクトをまとめていく役割の方はもちろん、

所属するグループや一対一での話し合いにおいても、

相手と意見をすり合わせることが難しいと、感じたことのある方は少なくないと思います。

 

そこで、先日開催したのが

「リーダーシップ・ファシリテーション講座」

多数決に頼らず、全員が参加して協力しながら結論を導き出すためのファシリテーションを学びました。

 

 

2日間を通して、ファシリテーターに必要なスキルと具体的な意思決定の

ステップを学びましたが、ほぼ一貫してテーマとなったのが

「ファシリテーターとしての自分づくり」 でした。

それだけ、ファシリテーターのあり方がその場を左右するということなのでしょう。

 

・自分の意見を話す。

・沈黙が続くと焦る。

・自分が賛成できない意見に反応する。

・会議に積極的ではないように見える人がいると不安になる。

・結論を急ごうと、自分で話をまとめようとする。

 

これらの反応は、

「積極的にリーダーシップをとろうとするからこそ生まれる反応」

と言えるかもしれません。

ところが、この反応によって場の空気が重くなり、益々発言しにくい状況が起こったり、

参加者が「きっとこの場のリーダーがどうにかしてくれる」と、ファシリテーターに依存するようになり、全員の積極的な参加が望めなくなる可能性があります。

 

ファシリテーターのあり方が場をつくるのですね。

 

ファシリテーターは中立の立場でいることが大切だそうです。

つい、自分が良いと思う方向へ話を進めたくなりますが、

目的は、全員で意思決定をすること。

 

参加者に寄り添うコミュニケーションのスキルを身につけると、様々な考えを持つ参加者がいる会議であったとしても、

気を遣うのではなく、そのスキルを使って進行することで劇的に会議がスムーズになる。

そして、その結果、満足度は高くなる。

 

これができれば、効率的に意思決定できるだけではなく、

円滑なコミュニケーションによって信頼関係も深まるだろうと感じました。
・若手の部下に意見を出してほしい

・チームのメンバーから、業務改善に向けてのアイディアが積極的に出るようにしたい

・話しやすい場をつくりたい

・異なる意見をうまくまとめられるようになりたい

 

など、リーダーとしてのスキルを磨くべく参加されたみなさんの感想を一部ご紹介します。

 

自分がいかに省いて相手に言葉を伝えてしまっているのかがよく理解できた。
コミュニケーションにおいて「わざわざ」言葉を伝えるという事を意識していこうと決めた。
(いかに楽な会話しかしていないかとわかったので…)
ファシリテートってただ場の流れを作ればいいものだと思っていたが、こんなにも細部
(相手の表情、しぐさ、言葉、ふんいきetc)にまで注意を払って観察していなければいけない役割なのだという事を改めて感じさせてもらえた。

(K.H.様)

 

⇒「〇〇で良いですか?」と聞かれて「いいえ」とは言いにくいもの。
「はい」という答えが本当に「Yes」なのか、相手の表情や姿勢、声のトーンなど
微細なサインを観察していきます。それが、全員が納得のいく結論を導き出す方法の一つだと学びました。

 

すごくたくさんの「あー、こう言えばよかった!」と思うことがありました。
「言葉って、その人自身だから口に出すことって気をつけたほうがいいよ」
西任さんがおっしゃっていたことが、特に印象的というか、ドキッとさせられました。
(しゃべるの大好きなのに、そんなこと全然意識していませんでした。)
西任さんの本音に気づく力は、今の私から見たら魔法のようですが、
今回学んだことを一つ一つ実践して身につけていけたらと思います。

(M.I.様)

 

⇒人が相手を理解するのに頼ることができるのは、その人の言動。
だから、言葉はその人自身と言うことができる。
何気ない会話でも選ぶ言葉を大切にしたいと思いました。

 

 

2日間、ここまで頭を使うセミナーをはじめて受講しました。
ついていくことに精一杯でしたが、得られたヒントもありました。
明日からの生活に活用し、いかしていきます。
ファシリテーションって本当に奥が深く、難しいものなんだと知りました。
しかし、気づいて経験を積み重ねていけば、上手にできるようになるとも知ることができました。
今回の学びとの出会い、ご縁に感謝致します。ありがとうございます。

(S.H.様)

 

⇒短期間で集中して学びを日常に持ち帰っていただきたかったので、盛りだくさんの内容になりました。
一つ一つを理解して消化するのにもっと時間が欲しいと思われたかもしれません。
日々の中で、「あ! あの時学んだことはそういうことだったのか!」と気づかれることがたくさんあると良いなと思います。

 

密度の高い2日間の講義、ありがとうございました。
できるとこからまず観察を使っていきたいと思います。
今回の受講だけではまだまだ体得できないことばかりですので、
こうした機会があればまた是非とも参加したいと思います。

(M.Y.様)

 

⇒コミュニケーションの第一歩は「観察」ということを学びました。
自分の内外で何が起こっているのか観察して事実を共有する。
そうすると、価値観のぶつかり合いではなく、歩み寄ることができるのですね。

 

 

頭がショートするのではないかと思うくらい、フル回転の2日間でしたが、

その分、充実した時間と感じていただけたのではないかと思います。

 

早速ですが、次回の開催日が決まりました!

 

<リーダーシップ・ファシリテーション>

2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:00~18:00
会場 東京都内

詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチがすぐに上手になる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。
西任暁子です。

「人前で話す」「話す内容を準備する」どちらも大の苦手なので、トレーニングは自分には高度すぎるかな、と迷っていました。
と言われたのは、先日の1dayスピーチセミナーに参加された、K.M.さんのお言葉。

Kさんのように、スピーチはすごく難しいものだと考えている方は多くいらっしゃいます。

 

 

でも考えてみてください。

 

私たちは毎日話しているのです!

それも人前で。
もちろん普段は相手が1人から2,3人かもしれませんが、その人数が変わるだけのことですから、みなさんが思っているほど難しいものではないのです。
この「1対大勢で話すときにも、会話と同じ」という考えが腑に落ちると、皆さんのスピーチはがらりと変化します。

多くの方が、「スピーチってこういうもの!」という思い込みを持ち、自ら高尚なものにしてしまっているのです。そんないらない思い込みを手放し、新しい考えを体感できると、
あれ?できるじゃん?!
となります。

そこで冒頭のK.M.さんは、受講後にはこう感じてくださったそうです。
実際は、無意識や思考グセ、ことばえらびのクセを一瞬であこさんが直して下さいました。

他の先生にトレーニングをお願いしていたら、この1日分に何年も費やしてしまっていたのではないか?と思います。感激しました。
ありがたい感想を頂けて本当に光栄です。

「できる」という感覚を得てもらえたこと、また「人前で話すのって楽しい!」と思ってもらえることは、セミナーをお届けしていて何よりもうれしいことです。
ただ、人によって話し方の癖や課題は違うので、6名と少数限定で行っているスピーチセミナー。

お申込受付は始まったばかりですが、毎回1週間くらいで満席になってしまうので、検討してくださっている方はお早めにお申し込みください。
これからの人生、人前で話すのが苦手だなぁと思うよりも、楽しいなぁと思って話してもらえたらなと思っています。
それではまた!
西任暁子でした。

 

追伸:K.M.さん以外の参加者の方から頂いたご感想は、こちらに掲載しています。人を巻き込むスピーチについてのヒントも書いていますので併せてお読みください。

http://u-b-u.jp/blog/?p=3389
<3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座>

●日時
2017年6月3日(土) 10:00~18:00(終了予定)
開場 9:45

●場所
築地明石町オープンアカデミー

●授業内容
3分間スピーチの実践とフィードバック

 

詳細はこちらをご覧ください。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら