投稿者: ubu-speech

スピーチのコツは原稿を完全に覚えないこと? 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

=========

1Day集中トレーニング講座

8月5日(土)開催!

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

=========

こんにちは。

U.B.U.スタッフの阿嘉です。

6月も半ばとなりました。

 

先日、西任が主催しているコミュニティーの勉強会で訪れた会場には、色づき始めた紫陽花が咲いていました。

 

 

梅雨に入り、ジメジメしていて何だか気分が晴れない日もありますが、日本のしっとりとした美しさを感じることができて、好きな季節でもあります。

 

西洋では「June Bride」と言われることから、

華やかなイベント、結婚式も連想されますね。

このブログをお読みになっている方の中には
結婚式のスピーチがきっかけで、
伝える力を磨こうと思われた方もいらっしゃるかもしれません。

 

先日開催したスピーチセミナーでは、

偶然にもお二人の方が結婚式のスピーチを題材にスピーチトレーニングに挑まれました。

 

 

新郎新婦にとって、一生の中で大切な時間。

入念に準備をされたそのお気持ちは、きっと伝わることと思います。

 

準備をされたからこそ、セミナーにて西任がお伝えしたことは「準備した原稿を覚えて話さないこと」

覚えなければどう話すんだろう、と思われるでしょうか。

「覚える」時に、書いた通りに一字一句話そうとすると、文字を追って話そうとしてしまいがち。

本当に自分の言葉で話し、相手に届くには文字を読んでは伝わらないですよね。

 

ではどうしたら良いか。

これからスピーチをする機会のある方の参考になると思いましたので、こちらの記事にてご紹介いたしました。

http://u-b-u.jp/blog/?p=3606

 

 

・結婚式のスピーチ

・異動の挨拶

・自己紹介

・会議での問題提起

・朝礼のスピーチ

・自社サービスのプレゼン

 

などなど、

 

どんな場面でも重要となる「伝える力」。

伝える力がつくと、

たった3分で人の心を掴むことができます。

 

その3分スピーチを磨き上げる講座

「3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座」

 

次回の開催日が決まりました。

 

あなたの言葉で、

あなただけにしか伝えられないことを

届けてみませんか。

■日時
2017年8月5日(土) 10時~18時(終了予定)

■場所
築地明石町オープンアカデミー
東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

 

詳細とお申込はこちら
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2017/6/15配信エストニアに来ています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

 

今、エストニアに来ています。ロシアのすぐ隣にあるバルト三国の最北国です。

何があったから、というわけでもなく、ちょっとしたご縁があって来てみたところ、すでにしたいことがなくなりました。

ホテルではなくAirbnb(人の家)に泊まっていることとも無関係ではないと思いますが、

「旅をしている」というよりも「ここに居る」という感覚です。さすがに住んでいるよう、とまでは言えないけれど、

自分が居る場所が日本ではなくエストニアというだけという感じがしていて、いつものように本を読んだり、

ご飯を作ったり、英語の勉強をしたり、とやっていることが東京にいる時とあまり変わりません。

 

 

せっかくエストニアまで来ているのにもったいない!と言われそうです。

もちろん何度も訪れた旧市街は古い街並みが残されていて美しく、夜9時を過ぎてもまだ昼間のように明るい白夜の光は、

得した気分でなかなかいいものですが、毎日観光スポットへ出かけたり、ショッピングをしたりすることは、

私にとってはそんなに心惹かれることではないことが改めてわかりました。

 

 

「エストニア、楽しんでる?」

そんなメールを昨日知人にもらってから、楽しいって何だろうと考えています。

別に楽しくないわけじゃないけれど、特に楽しいとも感じていないからです。

心躍るようなことが起こっているわけでもないし、刹那的快楽があるわけでもない。

加えて一人旅なので、時間は静かでゆるやか。旅のパートナーと口論になるようなドラマもありません。

 

 

そもそも「楽しいという感覚」が自分には欠如していると日々、感じていました。

何をやっていても「楽しい」という言葉で表現したくなるような心の状態が訪れることは、ほとんどないからです。

 

そして今朝。

目が覚めた瞬間に、

「あ。楽しいは感謝だ」

と思いました。

 

穏やかに目が覚めたこと。

窓の外の緑がまぶしいこと。

居心地のいい場所にステイできていること。

飲みたいコーヒーがあること。

いや、そもそも飲みたいという気持ちが自分にあること。

それらすべてのこと。つまり生きていることそのものが、喜びなんだと感じられたのです。

 

 

英語のenjoyの語源を調べてみると、喜び(joy)の状態になること(en)とあります。

日本語の楽しいの語源には、手伸しい、という説があるとか。

 

いろんな度合いの楽しいがあると思いますが、手を伸ばしたくなるような興奮度の高い喜びよりも、

静かなjoyがある状態という定義のほうが、今朝感じた「楽しい」には近い気がします。

 

人生は楽しむためにあるとか、楽しまなければ損だとか、楽しいという言葉には、いつも圧されるなあと思っていました。

今朝はその圧力から、少し解き放たれた心地よさがあります。

 

 

今こうして文章を書いていること。

これを読んでくれる人がいること。

そこには確かに静かな喜びの状態があります。

 

でもそれらを、「楽しいこと」と書いてみると、自分の中に抵抗が生まれます。

言葉が持っている色彩や匂い、温度や圧力といった見えない何かと、自分の内側にある状態が一致しないのです。

それを使う人たちで共有している、言葉の色々な要素を空気中に拡散しながら、私たちは話をします。

 

二次元の文章では、言葉だけで、その拡散される粒子を混ぜ合わせて表現するわけですが、

話すときには身体の動きと声による実際の空気振動も使うことができます。空気を動かせる要素が、増えるのです。

 

そんな三次元の表現で、自分の内側と外側の間にある壁を溶かすように話せたときには、すがすがしさが生まれます。

同時に、自分と相手の間にある壁も消えて、見えない作品が場につくられていくのが、はっきりとわかります。

その体験は楽しいものです。

 

と書いてみて、ここにある「楽しい」には違和感がないようです。

どうやら私にとって、話すことは楽しいことで、その楽しさをお伝えしたくて、今の仕事をしているみたいですね。

 

というわけでエストニアを旅しながら、楽しいについて旅してみました。

旅は、どこにいてもできますね。

読んでくださってありがとう。

 

西任暁子でした。

 

追伸:旅の写真は下記にアップしています。

よかったら見てみてください。

インスタグラム:http://www.instagram.com/akikonishito/

Twitter:http://twitter.com/nishitoakiko

Facebook:http://www.facebook.com/akiko.nishito.akiko

 

8月に、2つセミナーを開催します。

 

【 3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座 】

■日時
2017年8月5日(土) 10時~18時
■場所
築地明石町オープンアカデミー
東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

詳細とお申込はこちら
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

【 リーダーシップ・ファシリテーション講座 】

■日時
2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:00~18:00

■場所
東京都内(お申込みいただいた方へご案内いたします)

詳細とお申込はこちら
http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■Youtube
http://bit.ly/nishitoakiko_channel

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

■ご質問、ご感想などお気軽にお寄せください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=12&f=25

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

結婚式のスピーチで欠かせないポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

6月最初の土曜日、1Dayスピーチセミナーを開催しました。

結婚式シーズンだから…というわけではないのですが、

偶然にもお二人の方が結婚式の挨拶をテーマにスピーチ実践をされました。

新郎新婦、ご家族、にとってまたとない人生の晴れの日。

大切な日だからこそ、緊張がつのります。

 

 

特に、主賓挨拶を依頼されたとなると

「自分の会社を信頼してもらいたい」

「”さすが経営者だ”と思われるスピーチをしないといけない」

「新郎新婦に、お願いして良かったと思ってもらいたい」

など、プレッシャーを感じることでしょう。

それを払拭して、気持ちに余裕を持ってスピーチに臨みたいものです。

 

そのためには、どのようにスピーチに取り組んだらよいのでしょう?

覚えておきたい大きなポイントは2つ。

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。
2.新郎/新婦の人柄が伝わるエピソードを話す。

 

セミナーでも解説された内容を簡単にまとめてみました。

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。

 

あなたのスピーチを聞き終わった後、聞き手にどう思ってもらいたいでしょうか?

具体的にイメージするために、セリフで考えてみるとわかりやすいです。

「素敵なカップルなんだなぁ」

「新婦はどこに行っても愛される人だな。幸せな家庭になるだろうな」

「新郎は誰よりも周りの人を大切にする人なんだなぁ。新婦のこともずっと大切にされるのだろうな」

など、お二人の魅力が伝わると良いですよね。

想像しただけでも、その場が幸せな空気に包まれることがわかります。

 

 

聞き手の感想をゴールとすると、

ゴールを決めれば何を話すか、何を話さないか、が明確になってきます。

ゴールが「素敵なカップルなんだなぁ」なのであれば、

― 自社の歴史や規模の話は必要でしょうか?

― よく挨拶の結びに語られる「新郎新婦へのアドバイス」はゴールに関係あるでしょうか?

 

さて、では何を話すのか。

 

2.新郎/新婦の人柄が伝わるエピソードを話す。

聞き手の心が動くのは「エピソード」

その場の情景が絵に浮かんだ時、その話に聞き手は引きこまれていきます。

あなたが「素敵だな」「凄いな」など、心が動いた場面を思い出してみると、きっと共感されるエピソードがそこにはあるでしょう。

 

今回のセミナーでお話された方は、

直截接点を持つ機会が少ない部下の結婚式スピーチを準備されていました。

エピソードを見つけるのが難しそうですね。

そんな場合は、新郎/新婦の直接の上司にリサーチしてみることがおススメです。

自分が直接その場面に居合わせていなかったとしても、話を聞いて自分がどう感じたかを話すことはできますし、

新郎/新婦は自分のことを話題にしてもらえていたことを知って嬉しく感じ、

そんな会社に益々貢献したいと思うかもしれませんね。

 

 

 

さあ、何を話すか決まったら、あとは組み立てるだけ!

…ですが、次の関門が「スピーチを覚えること」だと思われるでしょうか。

原稿を完全に準備して、間違えないように話す。あるいは、原稿を見ながらお話しされる方もいらっしゃると思います。

 

ここで西任からのアドバイス。

 

 

セミナーで結婚式のスピーチを披露してくださった方も、完全な原稿を準備して臨んでくださいました。

構成も言葉も丁寧に準備されたことがわかります。

完璧に準備をすると、「その通りに話したい!」という気持ちが強くなりますよね。

間違いなく話すことも素晴らしいですが、大抵の場合、原稿を思い出しながら話すことになるので、

今、その時の自分の感情や伝えたいという想いがどこかに隠れてしまいます。

そうすると、新郎新婦にもゲストの皆さんにも、想いが届くことはありません。

 

だから、原稿を用意したとしてもその場で会話するように話す。

 

どうしても書いた通りに話そうとしてしまう場合は、

キーワードだけ書いて、後はその場であふれ出てくる言葉で話すという方法が有効です。

 

 

今回は「結婚式のスピーチ」という切り口でスピーチのポイントをお伝えしました。

実際には、どんな場面でのスピーチでも大切な2つのポイント。

 

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。
2.エピソードを話す。

 

ぜひ、ご自身のスピーチや日常会話に取り入れてみてください。

(スタッフ 阿嘉)

 

<次回1Dayスピーチセミナーの開催日が決まりました>

■日時
2017年8月5日(土) 10時~18時(終了予定)
■場所
築地明石町オープンアカデミー
東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

 

▼詳細はこちら▼

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

一昨日のニュースレターが好評だったので、続編です

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

 

こんにちは。
西任暁子です。

 


一昨日お届けした、Tedに出た時の緊張対策が好評だったので、緊張対策の続編をお届けします。

 

スピーチにおける多くの方の課題は、緊張にありますからね。

 


同じように、緊張に取り組んでいらしたのは、『朝の余白で人生を変える 』など多くの著書で知られる、株式会社 朝6時 代表取締役の池田千恵さんです。

 

 


千恵さんがスピーチセミナーに参加してくださったのは、およそ8年前のことでした。これから本を出し、講演やセミナーをやっていこうと意欲的に取り組んでいらした頃です。その時お伝えした緊張への対処法は、いまでも実践し続けてくださっているのだとか。

 

一昨日のニュースレターで書きましたが、講演やセミナーのプロも、やっぱり毎回緊張するものなのです。

さて、その千恵さんが取り組んでくれている緊張対策については、日経ウーマンオンラインで紹介されています。

私がお伝えするのとは、ちょっと違った視点で千恵さんが教えてくれている緊張対策。ぜひ読んでみてくださいね。

http://wol.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/122400042/112200022

それではまた。
西任暁子でした。

 

<3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座>
■日時 2017年6月3日(土) 10時~18時(終了予定)

■場所 築地明石町オープンアカデミー
東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

■授業内容 3分間スピーチの実践とフィードバック(4時間の動画講義を含む) 
詳細とお申込みはこちら

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

<リーダーシップ・ファシリテーション講座>

■日時 2017年8月19日(土)・20(日) 10:00~18:00 (終了予定)
★2日間の講座です。

■場所 東京都内(お申込みいただいた方にご案内いたします)

■授業内容 リーダーに求められるコミュニケーションスキルについて講義とファシリテーションの実践
詳細とお申込みはこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

TEDスピーチで緊張しないために西任がやったこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

 

こんにちは。
西任暁子です。

 


スピーチを教えていて、一番よく聞かれるのは
緊張について。


緊張への対処法はたくさんあります。


今日はその一つについてお伝えしますね。

 


私自身が、Tedに登壇したときに、とても有効だったと感じた方法です。


それは、本番とできるだけ同じ状況で練習をすること。

 



Tedでのスピーチは英語でしたから、ほとんど原稿を丸覚えして話せるように練習を重ねていました。日本語ならアドリブが聞きますが、自分の英語力でそれは難しいと思ったからです。

 


まずは原稿を書き、ネイティブにチェックしてもらう。

 


ネイティブといってもその言語スキルは様々ですから、数人にチェックしてもらいました。その中から、自分にしっくりくる表現を使って原稿を完成させました。

 


そのあとは。

 


ひたすら立って練習です。

 


本番のステージから見える景色をイメージしながら、部屋の中を行き来して何度も何度もしゃべってみました。

 


そうすると、言葉がどんどん
「自分の言葉」になっていきます。

 


ここ、とても重要なポイントです。

 


普段話していない英語は、どうしても借りてきた衣装のように、すぐにはしっくりきません。その言葉を、自分の心に近づけていかないと、相手には伝わらないからです。

 


そしていざ迎えた本番では、ほとんど自分がしゃべっているという感覚はありませんでした。

 


自分がしゃべっているのではなく、身体が勝手にしゃべっているのを眺めているような不思議な感じだったのです。

 

 

 


このあとに知ったことですが、人間は記憶するとき、その時の状況や身体などを合わせて覚えるそうです。
つまり、座ったまま覚えると、立っただけで忘れてしまうということ。なぜなら「座る」と「原稿」をセットで記憶するからです。

 


というわけで今日のまとめです。

 


原稿を覚えるときは、できるだけ本番に近い状態で覚える。

 


・本番と同じ服を着る
・本番と同じ姿勢で覚える
・本番と同じくらいの広さの場所で覚える

 


などなどできるだけ本番と同じ状況を作って練習するといいでしょう。

 


そうすれば、覚えたはずのことが緊張で全部飛んでしまった!

 

 

なんてことは避けられるはずです。

 

 

 


さて、次回スピーチセミナーは今週末。
8月6日日曜日を予定しています。

 


少人数制なので、あなたが次のレベルに行くために必要なアドバイスとトレーニングをお届けします。

 


年に数回開催しておりますが、「いつか…」と思っている方がいらしたら、できるだけお早めに!
だって今後一生、ずーっと話し続けていくのですから。

申込受付がスタートしたら、ニュースレターでお知らせします。
ご登録はこちらです。

 

スピーチセミナーの詳細はこちらです。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 


西任暁子でした。

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

 

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

また会いたい!とアポイントを5件いただけました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

どんなに原稿をきちんと作って間違えずに話せても、上手く伝わっていない気がする。

そう思われたことはないでしょうか。

では、なぜ伝わらないのでしょう?

自分の話し方は長年かけて身につけたものなので、自分で分析することは難しいものですよね。

 

 

西任の1Dayスピーチセミナーでは、お一人お一人の状況に応じて指導をおこなっていきます。

伝わる話し方を身につけるために克服したい課題は人それぞれだからです。

 

・論理的に話すことは得意だけれど、感情を揺さぶり人を惹きつける話し方は苦手。

・話したいことがたくさんあってまとまらない。

・専門性の高い話を相手に理解できるように噛み砕くのが苦手。

・緊張して頭が真っ白になる。

・抑揚をつけることが難しい。

・声が届かない。

など。

 

そして、課題があるのはわかっているけれど、その何かを見つけることができない場合には、

一緒に見つけていきます。

 

先日、スピーチセミナーに参加されたMさんは、営業力開発トレーナーとして独立しご活躍されていますが、

これまで、長いこと話し方にお悩みを抱えていらしたそうです。

ボイストレーニングを中心とした話し方講座に通ってみたことがあるものの、

課題は他にもありそうだと、今回のご参加となりました。

そんなMさんより、嬉しいご報告をいただきました。

 

たった1日、伝え方を学んだだけで、これだけの変化があるんです!!

———-

本日は経営者30名の前で15分プレゼンでした。

結果は◎◎◎(3重丸!  私の過去比です)

 

・産まれて初めて?原稿を読まずに話ができた。項目を書いたメモの方がなぜか、ハートからスラスラ話せました(初)

・他の登壇者と立つ位置をみんなに近くして、左右に歩きながら話せた(初)

・焦らず、最初の展開をゆっくりじっくりもっていけたので、あがる事が一度もなかった(初)

・伝えたい事を伝えられたせいか面白かったので、一度会いましょう!」と言っていただき、その後のアポを5件いただけた。

・15分で何が伝えられるか? 事前準備ができたのと、家で当日の服を着て練習したのを録画した(初)

やってよかったと思えた(初)
初めてできたことがいっぱいあり、もっともっとうまくなりたいと思えました。

 

始まる前までは、もう二度と講演の依頼を受けるのやめよう、とか、午前中は今日は体調悪いことにして逃げようか考えていました(笑)

成し遂げて見えてくる次のステップがあったので、逃げなくて本当に良かったです(>_<)

 

———-

こうして、ご自身で変化を感じていただけること、そしてその喜びを分かち合えることがとても嬉しいです!

1日の中で取り扱うのは3分間スピーチですが、それよりも長い時間のプレゼンや講演にも応用できるスキルが満載のこの講座。

セミナー講師の方をはじめ、講演や研修を依頼される機会のあるビジネスパーソンの方、経営者の方を中心に、

様々な業種、立場の方にお集まりいただいています。

 

 

伝え方が変われば結果が変わる! 1Dayスピーチセミナーの

次回の開催は6月3日(土)です。

【3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座】

■日時:2017年6月3日(土) 10時~18時
■場所  築地明石町オープンアカデミー
■セミナー内容 3分間スピーチの実践とフィードバック

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

久しぶりにライブで歌います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

 

久しぶりに、ライブをすることにしました。5月26日(金)夜。場所は下北沢です。

小さな小さな会場です。よかったら遊びにいらしてください。

お店へメールを送っていただくと予約できるシステムになっています。

http://www.l-ete.jp/live/1705.html#d26

 

 

 

さて、こうして歌という声の表現を探求し続けていることから、話すときにも聞くときにも声の響きには人一倍、敏感です。

 

話し上手になりたい方の中で、声の響きにまでこだわる方はとても少ないのですが、上級者というか熟達者になるほど、その大切さを感じるようになります。

 

同じことを話していても、声の響きによって伝わり方が大きく異なるからです。

 

それはいわゆる、いい声とか悪い声というものではありません。どんな人の声にも、伝わる響きというものがあるのです。

 

そして、その伝わる響きは相手によって変わります。

 

その日の会場の大きさや、聴衆の人数興味の度合い、また話す内容などによって、伝わる響き方は異なるからです。

 

だから10分間話すとしたら、その中でいくつもの響きを用いることになります。そしてこれはボイストレーニングを受けて練習して作り出すというよりも、感覚をどこにフォーカスするかによって変えていくものなのです。

 

これはかなり上級の技なので、お伝えすることがあまりないのですが、必要な方にはその響きの違いについてご説明しています。

 

数か月に1度開催している1dayスピーチセミナーは、6名限定なので、その方のレベルに合ったアドバイスができるのが特徴です。通り一遍の説明はしません。その方に、その日のうちに結果を出してもらえるよう、一人ひとり、状況と目的を伺いながらアドバイスさせていただきます。

 

だから、その日集まった6名の方によって、内容はがらりと異なるのもこのセミナーの特徴です。

 

次回は6月3日(土)。

今度はどんなセミナーになるでしょうか。

 

みなさまのお越しをお待ちしております。

 

【3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座】
■日時:2017年6月3日(土) 10時~18時
■場所  築地明石町オープンアカデミー
■セミナー内容 3分間スピーチの実践とフィードバック

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

台北の書店で発見! 『話すより10倍ラク! 聞く会話術』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

西任の会員制コミュニティーのFacebookグループページに、

先日、嬉しい投稿がありました。

 

先日出版されました、中国語版『話すより10倍ラク! 聞く会話術』

(『讓對方一直說的10倍輕鬆問話術』)。

 

台北出張に行かれた会員の方が、この本が書店に並んでいる写真をアップしてくれたのです。

お仕事の取引先の方に、先日の投稿記事を見せて案内してもらったとのこと。

 

 

なんと、面陳(本の背ではなく表紙を向けて陳列すること)です!

多くの書籍が並ぶ中、大きく取り扱っていただけているのが嬉しいですね。

よく見ると、左側にはビジネスコンサルタントの大前研一さんの書籍が並んでいます。

 

置いてくださっていたのは、誠品書店さん。

 

 

代官山蔦谷書店のモデルになったとも言われている書店だそうです。

書籍だけではなく、生活雑貨やファッション、飲食など様々なお店が並んでいる新しいスタイルの書店で、観光の人気スポットでもあるようですね。

 

 

『聞く会話術』を手に入れて、隣のカフェで会話術を実践!

なんてイベントができるのではないかと期待が膨らんでいます。

ワクワクしますね。

(スタッフ 阿嘉)

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ランチミーティングのお弁当をどうやって決める?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

「次回のランチミーティングではお弁当を用意します。そこで、どのお弁当にするかをここで決めたいと思います」

会議でそう声をかけたのは、7名の従業員を抱える社長のHさん。

お弁当を誰かの一存で決めるのではなく、従業員のみなさんの好みにできるだけ合わせたいという配慮があってのことでしょう。

 

 

ところが、従業員のうちの数名は怪訝そうな顔をしています。

「わざわざ全員で決める必要はないのでは?」

「どんなお弁当でもいいよ」

「それより仕事に取りかかりたい」

そんな心の声が聞こえてきそうです。

 

さて、あなたならどうしますか?

 

「せっかく、みんなのことを思って提案したのに、どうして協力してくれないんだろう…」

「簡単な話だし、すぐに終わるのに…」

「楽しんで考えてくれればいいのに…」

など、残念な気持ちになるかもしれません。

 

そして、

「では、総務担当の〇〇さんにお任せして良いですか?」

と、諦めた結果の選択をしたり、

「後から文句を言わないでくださいよ!」

と、攻撃的になったり、

「いやいや、すぐに終わりますから、ちょっとくらい協力してくれてもいいじゃないですか」

と、なだめたりする可能性もあるのではないでしょうか。

 

 

先日開催した「リーダーシップ・ファシリテーション講座」で、西任が提案した対応は、

 

まず、

「それでは、お弁当は何でもいいという人はいますか?」

と手を挙げてもらう。

そして、

「今手を挙げた方は、この場に残ってもいいし、仕事に戻ってもいいですよ」

と選択肢を提示する。

これならば合理的ですし、お弁当を決めることにこだわりがない人は、疎外感を感じることもなく、

価値観を尊重してもらえたと受け止めるでしょう。

そして、お弁当を会議で決めても良いと思っている人の「協力したい」というモチベーションを下げることもありません。

 

あるいは、

「こだわりのある方に担当してほしいと思いますが、どなたかお弁当を選んでくれる人はいますか?」

という方法も提示していました。

 

いかがでしょうか。

意見が対立するのは「面倒だ」と感じがちですが、それは対立するどちらかの意見をそのまま採用しようと考えることが原因かもしれません。

全員が意思決定に参加することができる方法を身につけることができれば、

異なる意見は「新たな価値を生み出す」ものになるでしょう。

 

そんな、ファシリテーションを学ぶ講座の第2回開催が決まりました。

 

<リーダーシップ・ファシリテーション>

2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:00~18:00
会場 東京都内

詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

 

第1回に参加された方のご感想はこちら

 

これまで答えの見つからなかった課題を解決に導くための知識とプロセスを知ることができました。
これらを繰り返し実践して、自身のスキルとして身につけられる様、継続していきます。
(A.S.様)

⇒課題解決に悩みながらもずっと取り組んでいらしたことと思います。
 今回、講座で扱ったファシリテーションや伝え方をどんどん試していっていただきたいと思います!

 

 

今回参加させてもらって、人の本音に気づくことの大切さを学びました。
こういう体験をすることで、現在の自分の現在地がわかり、これから身につけていきたいことが明確になりました。
これから日々の中で実践し、継続的に学び続けていきたいと思います。
(H.H.様)

⇒真の本音で話し合うことができれば、理解し合える。
西任の著書『本音に気づく会話術』でたっぷりとお伝えしているメッセージをこの講座でも受け取っていただいて嬉しいです。

 

 

今後の人との接し方や話し方にものすごく重要なことだと感じました。
色々な場面で生かしていきたいと思います。
今後のミーティングなどやっていくうえで自信がつきました。
(H.K.様)

⇒10代の若い従業員の方の教育にお悩みをお持ちでいらっしゃいました。
若いエネルギーが活きるチームになることを願っています!

 

 

2日間ありがとうございました。
今まで使っていなかった頭の筋肉を使い続けた様な快い疲労感があります。
経営者として人の話を聞く事の大切さは、まだまだ未熟と痛感。
「観察力を高める」を意識します。
話すことも、聞くことも観察力ですね。
(H.K.様)

⇒話を聞くことは、話すより簡単そうに感じますが、
実はとても難しいということを講座を通して改めて感じました。
自分の価値観を通して解釈するのではなく「観察」して聞くことを追究していきたいですね!

 

リーダーシップ・ファシリテーション講座の詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

営業マンが話し方の前に身につけたいことは? ~富士産業株式会社様にて研修しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

 

先日、富士産業株式会社さんで研修をおこないました。

 

 

富士産業さんは、病院や福祉施設、学校などに給食を提供されている会社さんです。

 

浜松町にあるオフィスにお伺いすると、お手洗いにはうがい薬や消毒液、せっけんなどたくさんの衛生グッズが!オフィスの方が調理をされるわけではないと思いますが、衛生に対する意識の高さを感じます。

 

研修は、全国の営業の方に向けて「伝え方」をお伝えするものでした。

 

営業の方に必要なスキルって、とにかくコミュニケーション、ですよね。

 

・わかりやすく説明するスキル

・決められた時間で伝えるプレゼンテーション技術

・初対面の方に話を聞いてもらえる信頼の築き方

 

どこまでいっても「伝える」ことがお仕事です。

 

とはいえ、伝えるためには、伝わる人間関係を構築することの方が先です。

 

どんなに伝え方をみがいても、まずは「この人の話なら聞いてみようかな」と思ってもらえる関係づくりが大切なんですよね。

 

というわけで、今回は、その関係づくりや、コミュニケーションの基礎的な考え方についてお伝えしました。

 

次回は丸1日かけて、ロールプレイングを行いながら、実践的なフィードバックとトレーニングを行います。

 

受講生の方からは、

「10月が楽しみです」

「10月に向けて、実践していきます」

など、嬉しいコメントを頂いています。

 

その他、

 

「自分のウィークポイントを再確認することができた」

「自分主体で会話を進めている事が多いのに気が付きました」  

→変化の第一歩は「気づき」ですね。

 

「営業として、人と人とのコミュニケーションの重要性が解った」

→当たり前に思えることの重要性が肚落ちすると、見えてくる世界が変わると思います。

 

「営業先への話し方、聞き取り、引き出し方をわかりやすく説明頂き、今後の折衝で活かしていきたい」

→ぜひ実践してみてください!

 

「事例を用いて具体的な説明をして頂け、理解しやすく、楽しく受講できました」

→どんなにいい話だとしても、楽しくないと頭に入りませんよね。楽しんでいただきながらも、深い理解を得てもらえるよう今後も意識していきます。

 

美味しいだけではなく、身体を元気にしていく給食を提供されている富士産業さんのサービスが、求めていらっしゃる方のもとに届きますように。

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

http://u-b-u.jp/contact.html

 

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら