カテゴリー: 伝わる話し方のコツ

アイスブレイクで失敗する理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

「アイスブレイクで失敗するのですが、どうすればいいでしょう?

先日のファシリテーション講座でいただいた質問です

アイスブレイクとは、スピーチやプレゼンの最初に、アイス=固まった緊張を、ブレイク=壊すような話しのことです

詳しく聞いてみると、ある自治体へのプレゼンテーションで、役所の屋上にある庭園を褒めたところ、何の反応もなかった。
彼らにとっては、当たり前だったからだろうか?とのことでした。

私はその方に質問しました。

「ちなみにその屋上庭園で、何分くらいの時間を過ごされましたか?」

するとその方は、こう答えました。

「一度も行っていません」

しかもそのビルに屋上庭園があることを調べたのは、奥様だったのこと。
人から教えてもらった情報を、自分で確かめないままにお話したのですから、伝わるはずはありませんね。

アイスブレイクとは、なにか?

相手の方と仲良くなりたいという意思表示ではないでしょうか?

だから、相手との共通点や、相手の素敵だなと思うところを探して言葉にするわけです

当然ながら、それは真実でなければなりません。

内容は何でもいいのです

伝わるのは、情報よりも心だからです

西暁子でした。
<今後の予定>

★中学生の頃、学園祭で歌った曲とか、20年前に作ったオリジナルなど、懐かしい曲を歌ってみようと思っています

⇒11月24日(金) 下北沢で、ライブやります
http://www.l-ete.jp/live/1711.html#d24

★オブザーブ席も残り少なくなっています

⇒12月2日(土)1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人前で話すとは、推敲なしに原稿を発表するようなこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

『経営者のための、「本当の話し方、伝え方」の技術』

先日、株式会社 経営者JP 代表取締役社長・CEO、井上和幸さんと対談させていただきました。

VOL.1 が公開されましたので、今日はぜひそちらをご覧ください。

テーマは、「推敲なしに原稿を発表するのはプロの書き手でも怖い。人前で話すという行為も、実は同じこと」

https://www.keieisha.jp/features/communication/vol-1/

 

 
話すことと書くことを比較したりしながら、スピーチをするときに気を付けたいポイントについて語っています

西任暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★今週末の開催です。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★ちょっとした言い方が、場を左右します。

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

話し方って、1日で変わるものなんでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

U.B.U.スタッフの阿嘉です。

ニュースレターの本文の後でご案内しておりました

「3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座」。

http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=M582256&c=4677&d=9289

いよいよ今週末の開催となりましたので、今日はお客様の声とともにご案内させてください。

 

思わず惹き込まれる話し方、

場を盛り上げる話し方をしている人を見て

「もっとうまく話せるようになりたい」

 

そう感じることはあっても、

 

「きっとその人の生まれ持った才能だし、自分はそういうタイプではないから・・・」

と、諦めてしまう。

 

そんな声をよくお聞きします。

 

先日、あるイベントでご一緒した経営者の方が

こうおっしゃっていました。

 

「話し方って、1日で変わるものなんでしょうか?」

 

そう、生まれてから長年かけて身につけた話し方を、

たった1日で変えることができるなんて想像がつかないですよね。

 

その経営者Mさんは、こうもお話ししてくださいました。

 

「発声や滑舌などのトレーニングを受けたことがありますが、 どうも、まだ自信がないんです。

周りの人からは、『うまくないていい。”ヘタウマ”の雰囲気がいいんじゃないんですか』と言われるんですよね」

 

セミナーや研修を開催しているMさん。

周りからは、「その話し方でいい」と言ってもらえるものの、

ご自身では「もっと伝わる話し方があるはず」。

そう思われていたようです。

 

 

さて、その後、

西任から話し方を学んでくださったMさんから

ある交流会でプレゼンをされた翌日にメールをいただきました。

 

 

——

昨日のプレゼンで、

 

その場で

3件のアポイント

2件の無料体験依頼

1件の協業依頼がありました。

 

結果受注というゴールに対してみてみますと

初めてこんなにプレゼンからの引き合いがありました。

 

西任さんが、自分の事に自分以上に向き合ってくれた事に涙がでました。

 

自分ですら自分のこと(何を伝えたいのか?)をこれくらい考えた事はありませんでした。

 

それは独立した今、自分に再度向き合うのが怖かったからかもしれません。

 

そして、スラスラと出てくる文章、もうこの方はこのジャンルで天才なんだなと思いました。

 

自分では絶対にこの境地にはたどり着けません。

 

あがり克服も、文才強化も、ボディランゲージも多分、

全て西任さんの指導を先にうけるべきやなと思いました。

 

たった5分のプレゼンで、

 

・3件のアポイント

・2件の無料体験依頼

・1件の協業依頼

 

しかも、1日の学びの結果です。

 

さらには、この日はMさんに対して、

話し方(声、滑舌など届け方)の指導はありませんでした。

 

「原稿が本心からの言葉なら話し方は後からついてくるのよ」

とは西任の言葉。

(もちろん、ご希望や必要があれば話し方の指導もおこないます)

 

あなたが話す言葉が、

あなたの心の言葉と一致した時、

「伝わる話し方」になるのだと思います。

 

そのお手伝いをするのが西任のスピーチ指導です。

 

 

◆ 3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座 ◆

次回開催は10月29日(土)!

少人数制のこの講座。

 

「スピーチ受講」※のお席はあと先着1名様分となりました。

(※ 実際にスピーチをおこない、西任からのアドバイスを受けることができます)

 

 

ご希望の方は、お早目にどうぞ!

▼詳細はこちら▼

http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=M582256&c=4677&d=9289

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

答えの見つけ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日、友人がこんな話をしてくれました。

———-
自分がインタビューした音声を、編集していたら、いかに「えー」とか「あー」とか必要のないことをたくさん言っているかがよくわかった。

そしてそれらを編集で削ったら、ものすごくいいリズムになった。
———-

この話を聞いて思ったことがあります。

答えは、そこにある。

彼は、よーーーくその音声を聞いたから、2時間の音声を30分に編集するほどによーーーーく聞いたから、そこに気づきました。

さらに言うと、本当に気づいたから、それだけで話し方は変わりました。
気付きは、知識を手に入れるのとは異なり、気づいた瞬間にもう行動を変える性質を持っているからです。

もし彼が、たださらりと聞いていたら、おそらくその気づきは生まれてこなかったでしょう。

私達は答えが欲しいとき、そのこととは別のどこかから答えを手に入れようとします。

本を読んだり、誰かに答えを求めたり。

でも、答えはそこにあります。

あとはよく見るだけです。

西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★自分で答えを見つけていく目と耳を、養ってほしいと思っています。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議だけでなく、日常会話の進め方が変わります。

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチを準備するポイント:原稿の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

気を付けていたのに、風邪をひいてしまいました。
やっぱり気温差は身体に負担が大きいのでしょうね。

みなさまはお元気でしょうか?

さて、昨日の記事で、英語のスピーチも、日本語のスピーチも、「自分の言葉で語ることが大切」というお話をさせて頂きました。

今日は、何語であれ原稿を書くときのポイントをひとつお伝えしましょう。

それは、話してから書くこと。

みなさん、どうでしょう?
原稿を書くとなると、パソコンに向かって文章を書くように書いていませんか?

でもそれでは、どうしても書き言葉になってしまいます

だから原稿は、「書く」というよりも、「話した内容を書きとる」やり方が、おススメです
そうすれば話し言葉になりますから。

ちょっとしたことですが、やってみると雲泥の差!
よかったら実践されてみてくださいね。

それでは。

今日も読んでくださってありがとうございます

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★スピーチのヒント、満載の濃密な1日セミナーです

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議だけでなく、日常会話の進め方が変わります

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

冷静に話せない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

埼玉県にお住いの、ぱんださんからご質問をいただきました。

 

—————
私はおしゃべりな方です。でも、話下手です。

普段の会話でも、会社の会議などでも、思ったまま言葉を口に出してしまいますが、説明が下手で、さらには失言も多く、いつも言った後に後悔しています。

先生の本にも、相手の話を聞くことが大切と書いてあります。

頭ではわかっているのですが、感情がこもると余計に気持ちを止められず、冷静に話せません。

どうすれば冷静に一歩踏みとどまって話せるのでしょうか?
—————

 

ご質問、ありがとうございます。

感情のコントロールは、コミュニケーションにおける大きな課題のひとつですね。

私自身、ずいぶん長い間取り組んできましたし、今でも日々湧いてくる感情に向き合っています。

 

ここで問題になるのは、感情そのものではありません。

ぱんださんのご質問にあるように、感情がこもって気持ちを止められなくなること、つまり感情にのっとられてしまい、理性が働かなくなってしまうことなのです。

感情とは、感じる気持ちのことですから、それがなくなってしまったら人間ではなくなってしまいます。だから、感じないように抑え込むのではなく、観察し、感じていることに気づいていくのです。

 

感情のコントロールは、ここから始まります。

観察して、気づくこと。

気づくだけで、少し落ち着きを取り戻せるようになっていきます。

 

Happy Friday.
西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★残席少なくなってきています

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議で上司に「意味が分からない」と言われる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

今日は、沖縄県にお住いの、さっちさんからのご質問について考えてみますね。

 

—————-
会議で話していると、私の上司がイライラし、無愛想な表情で「意味がわからない」と皆の前で言って、私に恥をかかせます。

せっかく西任さんの講義で、話すのが少しずつできるようになったと思ったのですが、この上司の前では上がってしまい、話し下手になっています。

そのせいで、また「意味がわからない」とイライラされて話せなくなるという悪循環です。

こういう場合の克服法もあればアドバイスいただけないでしょうか
—————-

 

またイライラされるかもしれない、恥ずかしい思いをするかもしれないと感じると、余計に能力を発揮できなくなってしまうものですよね。

だからと言って、上司を変えることもできない。

 

では、どうすればいいのか?

やはり、自分が変わるしかないんですね。

もちろん正解はありませんが、勇気を出して、その上司の方に、さっちさんが感じていらっしゃることを伝えてみるのはどうでしょうか?

たとえばこんな具合です。

 

「意味が分からないと仰る言葉を耳にすると、申し訳ない気持ちと同時に恥ずかしさでいっぱいになって、ますます緊張が高まり、余計にご迷惑をおかけすることになってしまいます。

なんとか意味をご理解いただけるように話してみたいと思いますので、3分間、話を聞いていただけないでしょうか?」

 

このように、言いにくい・・・でも本当に思っていることを相手に伝えたい・・・と思うときのポイントは、OFNRです。

 

O:observation 観察(した事実)
F:feeling 感情
N:needs ニーズ(自分が大切にしたいこと)
R:request リクエスト(お願い)

 

拙著『本音に気づく会話術』も参考にしていただければ幸いです。

西任暁子でした。

追伸: 皆さまからは、ご質問だけでなく、こういったメッセージもお寄せいただき、本当に感謝しています。

 

東京都 tmさん
毎朝、通勤時に拝読しております。仕事前に勉強出来て気持ち良く出勤しております。ありがとうございます。

 

tmさん他、メッセージをお寄せくださった皆様、すべて拝読させていただいております。ありがとうございます。

 

 

ご質問、ご感想などお気軽にお寄せくださいね。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=12&f=25

 

******
今後の予定
******

★残席少なくなってきています

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

伝わる言葉のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日、ある社団法人を運営されている方のコンサルティングを行いました。

その社団法人では、ある資格試験を実施されていて、これまでに受験した人の数は、3万人以上。

今後、さらに多くの方に受けてもらうために、プレゼンテーションする機会を与えられた、ということなのですが、その時間が5分。

これまでは15分でおこなってきたプレゼンを、3分の1に縮めることになりました。

お話を伺った後、まったく違う流れで5分間の中身を組み立て直したのですが、実際に話してもらうと、どうしてもこれまでと同じ流れに戻ってしまいます。

一度出来上がったものを壊すのは、勇気がいるんですよね。
その型で成功してきた場合には、なおさらです。

最終的には、5分間のプレゼン原稿を作成し、私がデモンストレーションしたのを録音して、コンサルは終了しました。

その2時間のコンサルの中でお伝えした、たくさんのアドバイスの中から、今日は一つご紹介しましょう。

 

それは、言葉を強くする方法です。

その方は、プレゼンの中でこう言われました。

「AとBとは、切っても切れない関係なんです」

この「切っても切れない関係」とは、関係性が強いことをあらわす言葉ですね。
でもプラスなのか?マイナスなのかがわかりません。

そこで、こう言い換えてみるとどうでしょう。

 

「Aは、Bの役に立つことができます」

「Aは、Bの問題を解決することできます」

「Aは、Bの円満な解決を導くことができます」

AがBにとって必要なんだ、とはっきりわかりますね。

 

また「~だと思っています」という言葉。

これは「~だと願っています」という言い方に変えました。

これもやはり、「思う」だけではプラスかマイナスかが、わかりにくいからです。

ニュートラルな言葉は、言葉の力としては弱いと言えるでしょう。

もちろん、その弱さを活かして使いたい場面もありますが、自分が言いたいことをその言葉がちゃんと表現してくれているのか?もっと的確な言葉はないのか?という問いを持ってみてほしいのです。

 

ニュートラルな言葉が出て来たら、プラスかマイナスに寄せることができないか?と考えてみるのは、そんな言葉探しのきっかけになりそうです。

 

Let’s try!

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

声が通らないのです

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

愛知県にお住いの男性、「話ベタな営業マン」さんからご質問をいただきました。

って、ラジオみたいになってきてますね笑。

 

====================
会社の朝礼などで自分が話すと『声の伝わりが悪い、声が小さい』と指摘されます。

姿勢とか声を張るとかは意識しているのですが、基本的に声の通りが悪いのか、あまり改善しません。

居酒屋などで店員を呼び止めるの時もなかなか気付いてくれない経験も多く伝わりにくい声質なんだと思います。

声が響くようになるコツみたいな物があればメルマガ通じてアドバイスいただけると嬉しいです。
====================

 

声が通らない、と悩んでいる方は多いと思います。

解決策はですね、筋トレです笑。

そこ?って言われそうですが、そうなんです。

 

先日も、ある会社でプレゼン研修をおこなったところ、声が通らないのでプレゼンに説得力がないと悩んでいる方がいらっしゃいました。

そこで、インナーマッスルを鍛えるトレーニングをおススメしました。

そして1か月後にお会いした時には、プレゼン時にフラフラしていた姿勢は安定し、声も以前より伸びやかに通りやすくなっていらしたのです。

というわけで、ピラティス、ヨガ、太極拳、バレエなど、身体のコアを鍛えるエクササイズ、本当にオススメです。

声が出るようになるだけでなく、健康にもいいですし。

私自身、ピラティス、ヨガ、ジャイロトニック、バレエなのエクササイズを始めたところ、ずいぶん声が変わってきました。

とはいえ、すぐに何とかなる方法はないのか?と思われるかもしれません。

 

話す前に、思いっきり背伸びをしてみる。
これ、かなり効果的です。

一番後ろの人に向かって話す。
これも、効果あります。

さらに。唇をすこしだけ突き出すように話してみる。
これも、すぐに声が前に出る方法です。

よかったらやってみてください。

ちなみに、トレーニングと言っても、アウターを鍛えてしまうと、逆に声は出にくくなるのでご注意くださいね。

今日はストレッチへ行ってこようと思います。
ステキな日曜日を!

西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

パワポを使うときの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

先日、バレエを観に行きました。

ボリショイ劇場のプリマバレリーナ、スヴェトラーナ・ザハーロワのステージです。

今回は、様々な演目からちょこっとずつ美味しいとこ取り!という感じのステージだったので、全体にストーリーがあるわけではありませんでした。

すると、確かに美しすぎる踊りで素晴らしいのですが、何と言うか、心がつながりにくいのですね。

たとえて言うなら、コンピレーションアルバムのような感じです。ヒット曲満載なんだけど、全体の流れにストーリーが感じにくい。

もちろん、それぞれに良し悪しがあると思いますが、「全体の流れにストーリーがある」ことはスピーチにおいても大切なことです。

人間の心は、点ではつながらないからです。

でもパワーポイントを使うと、箇条書きのように、ポイントに分けて話す伝え方になりがちです。

・まず~について話します。

・続いて~です。

・今度は、、、

それは、わかりやすいのですが、点で区切って話すので、聞いている人の心はつながりにくくなります。

つまり、聴衆の心を動かしにくくなるというわけです。

音楽であれ、スピーチであれ、お料理であれ、バレエであれ。
人間の心を動かすものの本質は、同じです。

ですから、ひとつのことに対する理解が深まれば、その他のことも同様の深さまで見えるようになります。

すべては「人間」がやることだからです。

さあ。10月です。

いい1週間になりますように。

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら