カテゴリー: わかりやすい話し方

結婚式のスピーチで欠かせないポイントは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

6月最初の土曜日、1Dayスピーチセミナーを開催しました。

結婚式シーズンだから…というわけではないのですが、

偶然にもお二人の方が結婚式の挨拶をテーマにスピーチ実践をされました。

新郎新婦、ご家族、にとってまたとない人生の晴れの日。

大切な日だからこそ、緊張がつのります。

 

 

特に、主賓挨拶を依頼されたとなると

「自分の会社を信頼してもらいたい」

「”さすが経営者だ”と思われるスピーチをしないといけない」

「新郎新婦に、お願いして良かったと思ってもらいたい」

など、プレッシャーを感じることでしょう。

それを払拭して、気持ちに余裕を持ってスピーチに臨みたいものです。

 

そのためには、どのようにスピーチに取り組んだらよいのでしょう?

覚えておきたい大きなポイントは2つ。

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。
2.新郎/新婦の人柄が伝わるエピソードを話す。

 

セミナーでも解説された内容を簡単にまとめてみました。

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。

 

あなたのスピーチを聞き終わった後、聞き手にどう思ってもらいたいでしょうか?

具体的にイメージするために、セリフで考えてみるとわかりやすいです。

「素敵なカップルなんだなぁ」

「新婦はどこに行っても愛される人だな。幸せな家庭になるだろうな」

「新郎は誰よりも周りの人を大切にする人なんだなぁ。新婦のこともずっと大切にされるのだろうな」

など、お二人の魅力が伝わると良いですよね。

想像しただけでも、その場が幸せな空気に包まれることがわかります。

 

 

聞き手の感想をゴールとすると、

ゴールを決めれば何を話すか、何を話さないか、が明確になってきます。

ゴールが「素敵なカップルなんだなぁ」なのであれば、

― 自社の歴史や規模の話は必要でしょうか?

― よく挨拶の結びに語られる「新郎新婦へのアドバイス」はゴールに関係あるでしょうか?

 

さて、では何を話すのか。

 

2.新郎/新婦の人柄が伝わるエピソードを話す。

聞き手の心が動くのは「エピソード」

その場の情景が絵に浮かんだ時、その話に聞き手は引きこまれていきます。

あなたが「素敵だな」「凄いな」など、心が動いた場面を思い出してみると、きっと共感されるエピソードがそこにはあるでしょう。

 

今回のセミナーでお話された方は、

直截接点を持つ機会が少ない部下の結婚式スピーチを準備されていました。

エピソードを見つけるのが難しそうですね。

そんな場合は、新郎/新婦の直接の上司にリサーチしてみることがおススメです。

自分が直接その場面に居合わせていなかったとしても、話を聞いて自分がどう感じたかを話すことはできますし、

新郎/新婦は自分のことを話題にしてもらえていたことを知って嬉しく感じ、

そんな会社に益々貢献したいと思うかもしれませんね。

 

 

 

さあ、何を話すか決まったら、あとは組み立てるだけ!

…ですが、次の関門が「スピーチを覚えること」だと思われるでしょうか。

原稿を完全に準備して、間違えないように話す。あるいは、原稿を見ながらお話しされる方もいらっしゃると思います。

 

ここで西任からのアドバイス。

 

 

セミナーで結婚式のスピーチを披露してくださった方も、完全な原稿を準備して臨んでくださいました。

構成も言葉も丁寧に準備されたことがわかります。

完璧に準備をすると、「その通りに話したい!」という気持ちが強くなりますよね。

間違いなく話すことも素晴らしいですが、大抵の場合、原稿を思い出しながら話すことになるので、

今、その時の自分の感情や伝えたいという想いがどこかに隠れてしまいます。

そうすると、新郎新婦にもゲストの皆さんにも、想いが届くことはありません。

 

だから、原稿を用意したとしてもその場で会話するように話す。

 

どうしても書いた通りに話そうとしてしまう場合は、

キーワードだけ書いて、後はその場であふれ出てくる言葉で話すという方法が有効です。

 

 

今回は「結婚式のスピーチ」という切り口でスピーチのポイントをお伝えしました。

実際には、どんな場面でのスピーチでも大切な2つのポイント。

 

 

1.聞き手の感想をセリフで考える。
2.エピソードを話す。

 

ぜひ、ご自身のスピーチや日常会話に取り入れてみてください。

(スタッフ 阿嘉)

 

<次回1Dayスピーチセミナーの開催日が決まりました>

■日時
2017年8月5日(土) 10時~18時(終了予定)
■場所
築地明石町オープンアカデミー
東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

 

▼詳細はこちら▼

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

また会いたい!とアポイントを5件いただけました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

どんなに原稿をきちんと作って間違えずに話せても、上手く伝わっていない気がする。

そう思われたことはないでしょうか。

では、なぜ伝わらないのでしょう?

自分の話し方は長年かけて身につけたものなので、自分で分析することは難しいものですよね。

 

 

西任の1Dayスピーチセミナーでは、お一人お一人の状況に応じて指導をおこなっていきます。

伝わる話し方を身につけるために克服したい課題は人それぞれだからです。

 

・論理的に話すことは得意だけれど、感情を揺さぶり人を惹きつける話し方は苦手。

・話したいことがたくさんあってまとまらない。

・専門性の高い話を相手に理解できるように噛み砕くのが苦手。

・緊張して頭が真っ白になる。

・抑揚をつけることが難しい。

・声が届かない。

など。

 

そして、課題があるのはわかっているけれど、その何かを見つけることができない場合には、

一緒に見つけていきます。

 

先日、スピーチセミナーに参加されたMさんは、営業力開発トレーナーとして独立しご活躍されていますが、

これまで、長いこと話し方にお悩みを抱えていらしたそうです。

ボイストレーニングを中心とした話し方講座に通ってみたことがあるものの、

課題は他にもありそうだと、今回のご参加となりました。

そんなMさんより、嬉しいご報告をいただきました。

 

たった1日、伝え方を学んだだけで、これだけの変化があるんです!!

———-

本日は経営者30名の前で15分プレゼンでした。

結果は◎◎◎(3重丸!  私の過去比です)

 

・産まれて初めて?原稿を読まずに話ができた。項目を書いたメモの方がなぜか、ハートからスラスラ話せました(初)

・他の登壇者と立つ位置をみんなに近くして、左右に歩きながら話せた(初)

・焦らず、最初の展開をゆっくりじっくりもっていけたので、あがる事が一度もなかった(初)

・伝えたい事を伝えられたせいか面白かったので、一度会いましょう!」と言っていただき、その後のアポを5件いただけた。

・15分で何が伝えられるか? 事前準備ができたのと、家で当日の服を着て練習したのを録画した(初)

やってよかったと思えた(初)
初めてできたことがいっぱいあり、もっともっとうまくなりたいと思えました。

 

始まる前までは、もう二度と講演の依頼を受けるのやめよう、とか、午前中は今日は体調悪いことにして逃げようか考えていました(笑)

成し遂げて見えてくる次のステップがあったので、逃げなくて本当に良かったです(>_<)

 

———-

こうして、ご自身で変化を感じていただけること、そしてその喜びを分かち合えることがとても嬉しいです!

1日の中で取り扱うのは3分間スピーチですが、それよりも長い時間のプレゼンや講演にも応用できるスキルが満載のこの講座。

セミナー講師の方をはじめ、講演や研修を依頼される機会のあるビジネスパーソンの方、経営者の方を中心に、

様々な業種、立場の方にお集まりいただいています。

 

 

伝え方が変われば結果が変わる! 1Dayスピーチセミナーの

次回の開催は6月3日(土)です。

【3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座】

■日時:2017年6月3日(土) 10時~18時
■場所  築地明石町オープンアカデミー
■セミナー内容 3分間スピーチの実践とフィードバック

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ランチミーティングのお弁当をどうやって決める?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

「次回のランチミーティングではお弁当を用意します。そこで、どのお弁当にするかをここで決めたいと思います」

会議でそう声をかけたのは、7名の従業員を抱える社長のHさん。

お弁当を誰かの一存で決めるのではなく、従業員のみなさんの好みにできるだけ合わせたいという配慮があってのことでしょう。

 

 

ところが、従業員のうちの数名は怪訝そうな顔をしています。

「わざわざ全員で決める必要はないのでは?」

「どんなお弁当でもいいよ」

「それより仕事に取りかかりたい」

そんな心の声が聞こえてきそうです。

 

さて、あなたならどうしますか?

 

「せっかく、みんなのことを思って提案したのに、どうして協力してくれないんだろう…」

「簡単な話だし、すぐに終わるのに…」

「楽しんで考えてくれればいいのに…」

など、残念な気持ちになるかもしれません。

 

そして、

「では、総務担当の〇〇さんにお任せして良いですか?」

と、諦めた結果の選択をしたり、

「後から文句を言わないでくださいよ!」

と、攻撃的になったり、

「いやいや、すぐに終わりますから、ちょっとくらい協力してくれてもいいじゃないですか」

と、なだめたりする可能性もあるのではないでしょうか。

 

 

先日開催した「リーダーシップ・ファシリテーション講座」で、西任が提案した対応は、

 

まず、

「それでは、お弁当は何でもいいという人はいますか?」

と手を挙げてもらう。

そして、

「今手を挙げた方は、この場に残ってもいいし、仕事に戻ってもいいですよ」

と選択肢を提示する。

これならば合理的ですし、お弁当を決めることにこだわりがない人は、疎外感を感じることもなく、

価値観を尊重してもらえたと受け止めるでしょう。

そして、お弁当を会議で決めても良いと思っている人の「協力したい」というモチベーションを下げることもありません。

 

あるいは、

「こだわりのある方に担当してほしいと思いますが、どなたかお弁当を選んでくれる人はいますか?」

という方法も提示していました。

 

いかがでしょうか。

意見が対立するのは「面倒だ」と感じがちですが、それは対立するどちらかの意見をそのまま採用しようと考えることが原因かもしれません。

全員が意思決定に参加することができる方法を身につけることができれば、

異なる意見は「新たな価値を生み出す」ものになるでしょう。

 

そんな、ファシリテーションを学ぶ講座の第2回開催が決まりました。

 

<リーダーシップ・ファシリテーション>

2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:00~18:00
会場 東京都内

詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

 

第1回に参加された方のご感想はこちら

 

これまで答えの見つからなかった課題を解決に導くための知識とプロセスを知ることができました。
これらを繰り返し実践して、自身のスキルとして身につけられる様、継続していきます。
(A.S.様)

⇒課題解決に悩みながらもずっと取り組んでいらしたことと思います。
 今回、講座で扱ったファシリテーションや伝え方をどんどん試していっていただきたいと思います!

 

 

今回参加させてもらって、人の本音に気づくことの大切さを学びました。
こういう体験をすることで、現在の自分の現在地がわかり、これから身につけていきたいことが明確になりました。
これから日々の中で実践し、継続的に学び続けていきたいと思います。
(H.H.様)

⇒真の本音で話し合うことができれば、理解し合える。
西任の著書『本音に気づく会話術』でたっぷりとお伝えしているメッセージをこの講座でも受け取っていただいて嬉しいです。

 

 

今後の人との接し方や話し方にものすごく重要なことだと感じました。
色々な場面で生かしていきたいと思います。
今後のミーティングなどやっていくうえで自信がつきました。
(H.K.様)

⇒10代の若い従業員の方の教育にお悩みをお持ちでいらっしゃいました。
若いエネルギーが活きるチームになることを願っています!

 

 

2日間ありがとうございました。
今まで使っていなかった頭の筋肉を使い続けた様な快い疲労感があります。
経営者として人の話を聞く事の大切さは、まだまだ未熟と痛感。
「観察力を高める」を意識します。
話すことも、聞くことも観察力ですね。
(H.K.様)

⇒話を聞くことは、話すより簡単そうに感じますが、
実はとても難しいということを講座を通して改めて感じました。
自分の価値観を通して解釈するのではなく「観察」して聞くことを追究していきたいですね!

 

リーダーシップ・ファシリテーション講座の詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リクルーターが身に付けたい3つのスキル

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。
西任暁子です。

先日、大和証券株式会社様でリクルーター研修を担当させていただきました。

今年で2年目。今回も、社員の中から選ばれて、これから数か月間リクルーター活動を行われる30名ほどの皆様への研修です。

 

「リクルーター」といわれる方々の役割は、会社の魅力を伝えること。
具体的には、就職活動を行う大学生からの質問に答えたり、不安な気持ちに寄り添ったりしながら、就活の応援をするような立場に立つことになります。

そのとき、様々なコミュニケーションスキルが求められます。

1.質問の真意をくみ取る

大学生の方々が、本当に自分が知りたいことを適切な言葉で質問できるかというと、なかなかそうもいきません。大学生だけではありませんね。私たちは何がわかっていないのかがわかっていないので、なかなか的確な質問ができないのです。

そこで相手の言葉だけではなく、言葉の奥にある真意をくみ取りながら、何を知りたいと思っているのか?という質問の源泉を聞き取りたいのです。

 

2.わかりやすく説明する

質問の意図がわかったら、今度はわかりやすく説明したいですね。相手が聞きたいことを、相手が聞きたい順番で、相手が飽きない分量で話す。これを実践するには、頭の中を自分がラクから相手がラクに組み替えることを習慣にすることです。

 

3.信頼関係をつくる

最後に、話すスキル以上に大切なのがこの信頼関係をつくるという力。どんなに上手に話せたとしても、信頼がなければその言葉は受け取ってもらえないからです。

研修では、ワークを交えながらの講義を3時間おこなった後、1時間のロールプレイングで実践的なフィードバックをお伝えすることができました。

リクルーターの皆さんが、会社と、そして就活生のお力になれますように。

 

【参考】
お伝えしたスキルを身に付けていただくのにオススメの書籍をご紹介します。
よかったら参考になさってくださいね。

1.質問の真意をくみ取る
2.わかりやすく説明する
3.信頼関係をつくる 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人を巻き込むスピーチとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

「受講生のスピーチが上手だと、フィードバックするの忘れて聞き入っちゃうんだよね」

先日、ランチをしていると西任が言いました。

目白ランチ

(スッピンだったので、下向きの写真しか撮らせてもらえませんでした笑)

 

「上手なスピーチって、引き込まれちゃうからフィードバックできなくなるの。つまり、(講師と生徒という)

立場を超えて、人として繋がれるそれこそが、いいスピーチなんだと思う。」

 

これは名言だ…。

そう思ってメモを取った、わけではなく、「今、私いいこと言ったからメモっといて」と西任に言われて(笑)メモを取りながら思い出したのが、3月におこなったスピーチセミナーです。

↑こう書いてねって言われたので書きましたが・・・「こういう名言はTwitterで発信したらいいですよ!」って言ったのは私なんですけどね。笑 ←ちょっとアピール。 

 

経営者、ビジネスリーダー、セミナー講師の方など、人前で話す機会の多い方が、

さらなるスキルアップを目指して参加されました。

 

1dayセミナーって何をするの?

 

とよく聞かれますが、人数は6名限定でやることは、3分間スピーチを2回発表していただくことは。あとは、西任から随時アドバイスとトレーニング、講義があふれるように出てきて、いつもあっという間に過ぎていきます。

 

通常はまず、「どんなことに課題を感じていますか?」と西任から質問し、ご本人が改善したいポイントをたずねていきます。人によって求める話し方は違うからです。

 

ところがこの日は、何度も「上手なので言うことはありません!」と西任は言っていました。

 

話すことに慣れているから上手というわけではありません。

テクニックをたくさん駆使できているから上手というわけでもありません。

 

たった3分間でも、「その人」という人間が見えること。

それが、上手なスピーチなのです。

 

原稿通り話すことでも、

言葉を間違えないことでも、

大きな声で話すことでもない。

 

聞き手の心との間に対話が生まれるスピーチ。

それこそが、上手なスピーチだと西任は言います。

 

つまり、テクニックよりも大切なことがある、と西任は繰り返しお伝えするのです。
たとえば、こんなことも言っていました。

 


テクニックももちろん大切です。でもそれよりももっと大切なのは、その人の心が聞き手に届くこと。
お互いに、お一人お一人の魅力が感じられて、グッと参加者のみなさんの距離が縮まる1日でした。

 

もちろん、「何も言うことはありません」だけではスキルアップできませんので、

たっぷりと、さらなる上級テクニックをお伝えさせていただきましたよ。

 

そして終わった後、参加者の方からは、こんなご感想をいただきました。

 

1DayアンケートK.A.様

個性を認めていただいた途端、自信がついて自分らしく2回目はスピーチが出来ました。

人の前に立つ事は会話をしている! というのがスッと心に落ちて、練習を重ねまた受講したい!! と思いました。

(K.A.様)

⇒西任はよく、スピーチは会話だと言っています。それが腑に落ちた瞬間、受講生の方のスピーチがガラリと変わるんです。

 

1DayアンケートJ.S様

今までの自分の話し方が、いかに一方的、自分の話したいことを盛り込みすぎて話しているのがよくわかった。

準備と心が大切ということがわかりました。

少人数で良いです。

(J.S.様)

⇒ありがとうございます。準備の方法もわかっていれば、より短時間で行えますね。

 

1DayアンケートK.M.様

「人前で話す」「話す内容を準備する」どちらも大の苦手なので、トレーニングは自分には高度すぎるかな、と迷っていました。

実際は、無意識や思考グセ、ことばえらびのクセを一瞬であこさんが直して下さいました。

他の先生にトレーニングをお願いしていたら、この1日分に何年も費やしてしまっていたのではないか?と思います。感激しました。

(K.M.様)

⇒受講生の皆さんは、西任のことをみなさん「あこさん」と呼んでくださいます。西任はよく「1dayスピーチは友達作りのためにやってるのよ~」なんて言っていますが、実際にセミナーの後にお友達としてお付き合いしてくださっている方がたくさんいらっしゃるようです。

クセを指摘するだけではなく、その改善方法まで即座に伝えられるのは、スタッフの立場から横で見ていて、手前みそではございますが、いつもすごいなあと思っています。

 

1DayアンケートM.N.様

今回参加して、想像以上の学びの多さ、深さに感動しています。

最初は自分のスピーチのことで頭がいっぱいでしたが、自分以外の方のスピーチ、そしてそれに対する先生からのフィードバックを聞くことが大変勉強になりました!!

コツや技術を学ぶことが中心だと思っていましたが、大切なのは「思い」という事があらためてわかり、

今は早く人前でしゃべりたいという気分です。ありがとうございました (^-^)

(M.N.様)

⇒「スピーチって、本当はとっても楽しいこと」という西任にとって、「早く人前でしゃべりたい」というご感想はとっても嬉しかったみたいです!

 

1DayアンケートN.M.様

深いところで自分を知る(自分と向き合う)良い機会でした!貴重な時間でした!!

ありがとうございます。

(N.M.様)

⇒話し方を学ぶと、自分の理解が深まりますよね。スピーチを学びに来たのに、自分が本当にやりたいことが分かったという方も多くいらっしゃいます。

 

1DayアンケートS.I様

3分間で伝える難しさを今まで以上に実感しましたが、

自分に足りないものを見つけられた気がします。

感情を伝えたり、物語を伝えられるよう意識していきます。

(S.I.様)

⇒長く話す方がラク。時間が短いほど伝えるのは難しいそうです。
そして人が飽きずに聞いていられるのが3分という時間なんですね。

物語は、聞き手の記憶に残るだけではなく、
抽象的な概念をわかりやすく理解してもらうためにとても効果的な表現だ

と西任がよく言っています。

 

1DayアンケートY.M.様

本日はありがとうございました。これまで学生時代よりずっと悩んでいた「スピーチ」でしたが、どうしていったら自分の望みがかなえられるのか道スジをつかむことができました。

より多くの人に自分の想いを伝えたい。この気持ちが今日以降加速していくように思います。

3/21に講演があるので、今日オブザーブで学んだことをどんどんためしてみて「気持ち」「心」で会話をしようと思います!

参加して新たな一歩を踏み出せました。ありがとうございました。

(Y.M.様)

⇒このあと3/21の講演が大成功に終わったというメールをいただきました。おめでとうございます!!!

 

1DayアンケートM.K.様

なかなか自身を客観視する機会がないので、勉強になりました。

「心が先、言葉は後」がとても印象に残りました。

また、他の方のスピーチも聞けたので、自身に取り入れようと思ったり、(失礼ながら)反面教師にさせていただこうなど、色々考えながら受講できました。

あっという間の一日でした。ありがとうございます。

(M.K.様)

⇒自分の姿は見えませんが、人のスピーチは見ていると学べることが本当にたくさんありますよね。お互いに学び合えるのが、このセミナーの特徴の一つだと思っています。

 

1DayアンケートK.H.様

スピーチをする上でのポイントが多く学べてよかった。

また、今まで自分がしてきたスピーチの問題点についても気付きがあった。

実践的な内容だったので、是非今後に活用していきたい。

また、職場の仲間にも勧めたい。

(H.K.様)

⇒「何かを変えたければ気づくことが最初のステップだ」と講座の中で話がありました。

 

ご参加くださったみなさん。ありがとうございました!

丸一日のセミナーでお疲れのはずなのに、みなさんとても丁寧にアンケートを書いてくださったこと、本当にうれしかったです!

 

SONY DSC

 

次回のセミナーは6月3日(土)に開催することになりました!

次回もスピーチをする人は6名限定!
早々に満席となることが予想されますので、ご興味をお持ちくださった方は、お早めにお申し込みください。

詳細はこちらです。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネスマンのための損をしない話し方~雑誌『THE21』の取材をお受けしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、雑誌『THE21』の取材をお受けしました。

西任が監修した新刊『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ』(ナツメ社)を読んでくださったことがきっかけとのことでした。

伝わる話し方のコツ

 

「話し方」や「伝え方」は徹底的に指導されるという機会がないので、

どうしても自己流になります。

大人になれば、話し方は自分に染み付いているので、直したくても一苦労。

相手が理解を補ってくれて、どうにかやり取りは成立しているように思えますが、

「この人は話していると疲れる」

「仕事ができない」

「とっつきにくい」

など、損をする印象を与えてしまっていることもあるかもしれません。

 

そこで、今回の取材ではタイプ別に話し方で損をしているポイントと改善方法を

西任がお話しさせていただきました。

 

 

・話をうまくまとめられない

・面白く話せない

・人前で話すのは緊張する

・早口になってしまう

・言いたいことが言えない

・話に入るタイミングがわからない

・会話が続かない

 

など、話し方にまつわるお悩みにお答えしています。

 

THE21取材

3月10日発売の『THE21』(PHP研究所)4月号に掲載されますよ。

※西任が手にしているのは、2016年12月号。こちらの内容も気になりますね♪

お楽しみに!

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年3月4日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

【お年玉価格で受講いただけます!】スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ徹底分析! 配信開始しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2017年の新しい年。いかがお過ごしでしょうか。

U.B.U.では、今年はこれまでよりも皆様と一緒に学べる機会を増やしていきたいと、企画をしています。

 

早速、この年明けに新しい動画セミナーを発表しました!

 

jobs_cover_hp

 

スティーブ・ジョブズと言えば、素晴らしいプレゼンの演出が有名ですが、

伝説のスピーチと言われているのは、スタンフォード大学の卒業式でのスピーチです。

その素晴らしさは原稿にあります。

 

「スティーブ・ジョブズのスピーチ力は素晴らしいと思うけれど、

あんな派手なステージを自分が真似しようとは思えない」

そう思われる方でも、このスピーチに含まれる「伝わるポイント」は

スピーチ、プレゼンはもちろん、日常会話にも取り入れていただけると思います。

 

スピーチライティングから話し方まで、

伝える技術を徹底的に探究している西任が分析する

「名スピーチの極意」。

 

・伝えたい気持ちはあるけれど、どう話したら伝わるのかわからない。

・自分が話している時に、聞き手が飽きているのではないかと不安になる。

・言いたいことは決まっているけれど、どう話をつなげたらいいのかわからない。

・話を盛り上げるのが苦手。

 

など、話し方のお悩み解決に是非お役立てください。

 

▼「スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ徹底分析!」詳細はこちら▼

 

http://u-b-u.jp/jobs_speech/

 

 

学ぶは「まねぶ(学ぶ)」が語源だと言われているそうです。

名スピーチで使われている、人の心を掴む話し方のポイントは、

今すぐ、真似できるテクニックばかり。

 

抱負を掲げたり、新しいことにチャレンジしたくなるこの季節。

ぜひ、「話し上手」も今年の目標の一つにしてみませんか?

 

ぜひ、多くの方にご覧いただきたく、この度<お年玉価格>をご用意いたしました。

 

5,400円(税込)のところ、

1月15日(日)までにお申込みいただいた方へは

3,240円(税込)にてご提供させていただきます!

※現在は通常価格5,400円でご提供いたしております。(2017.1.31追記)

 

この機会に、是非ご覧ください。

▼「スティーブ・ジョブズ伝説のスピーチ徹底分析!」詳細はこちら▼

http://u-b-u.jp/jobs_speech/

 

video1

1時間半の動画と、スピーチ原稿と解説のレジュメつきです。

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年3月4日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネスシーンの話し方のお悩みにお答え! ~SMBCビジネスセミナー~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、秋晴れの気持ち良い日に「SMBCビジネスセミナー」で西任が登壇しました。

わかりやすく伝わる話し方のコツをお伝えする講座なのですが、

今回は、できるだけ参加者の方が「今、知りたいこと」に触れることができるよう、

ご質問をお受けしながら進めていきました。

 

dsc00057

 

ビジネスシーンでは、家族や友人のように関係性ができていない人とのコミュニケーションに

悩まれる方が多いのではないでしょうか。

 

今回も、「始めてのお客様や、年齢の離れたお客様とは、距離を感じてしまい、どう話したらいいかわからなくなる」

というお悩みをお聞きしました。

 

自社のサービスや商品の知識がどれだけあったとしても、

人間関係ができていないと、相手に話を聞いてもらえるのか不安になりますよね。

そんなとき、相手も同じように、「この人の話を聞いていいんだろうか」と不安に感じています。

 

だから、コミュニケーションの第一歩は「信頼」してもらうこと。

では、何があれば信頼してもらえるのでしょう?

 

dsc00059

 

知識が多いこと?

話がわかりやすいこと?

説得力のある話し方をすること?

 

どれも大切な要素ではあります。

でも、どんなに知識があっても、話がわかりやすくても、説得力があっても、

話を聞いてもらえる状態を作ることができなければ、意味がありませんね。

 

話を聞いてもらうには、受け入れる準備をしてもらう必要があります。

 

 

 

よく、ビジネスでも「雑談力」が必要だと言われていますが、本題を聞いてもらったり、

次の商談につなげるため、つまり話を聞く準備をしてもらうためだということは、みなさん実感されていると思います。

 

とはいえ、雑談で何を話せばいいのかわからないという方も多いようです。

雑談は、信頼関係をつくる鍵とも言えると思います。

 

何が信頼を作るかというと、それは「共通項」。

出身地や学校、好きな食べ物、スポーツ、音楽、

どんなことでも、「同じ」が多いと安心しますよね。

安心できる相手のことを、人は信頼するでしょう。

 

dsc00067

 

これは、ビジネスだけではなくプライベートでも同じですね。

初対面の方と距離縮めたいと思ったら、「共通項を探す」。

ゲーム感覚でやってみると苦手な雑談も楽しめるかもしれません♪

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2016年11月5日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

3分間スピーチ1Day集中トレーニングセミナーを開催しました ~無意識からの脱却~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

8月終わりに、西任暁子「3分間スピーチ1Day集中トレーニングセミナー」を開催しました。

経営者、保険の営業、コンサル業、製薬会社のMR、司法書士、布団屋さんなど、いつもながらご参加いただいたみなさんの業種や立場は様々。

 

自分の想いを表現できるようになりたい。

経営者として説得力のある話し方を身につけたい。

話すことそのものは苦手ではないけれど、もっと伝わる話し方を身につけたい。

など、目指す目標も人それぞれでした。

 

西任暁子1Dayスピーチセミナー

 

 

スピーチをしてくださった6名は、普段から人前で話すことに慣れていらっしゃる方ばかり。

さすが、堂々とお話になられていました。

さらにスピーチをステップアップさせるには、ひとつ壁を超える必要があります。

それは、「自分の話し方をどれだけ意識できるか」

 

DSC_0295リサイズ済

 

自分の話し方のパターンや癖は、人前で話せば話すほど気づきにくくなることがあります。

 

誰からも指摘をされなければ「それで良し」として同じパターンを無意識に繰り返してしまうようです。

例えば、

・目線が下がり気味になる/同じところばかり見ている

・ステージの真ん中に立たない

・マイクを外してしまう

・語尾に向かって声が小さくなる

・一文が長くなる(聞き手が追いついていけない)

・社名や自分の名前など、よく知っている言葉が早口になる

 

など、文字で見ると「それは、気をつけるのが当たり前だ」と思えますよね。

しかしながら、実際に人前で話し始めてみると、意外とできていないことがあるんです。

気をつけるポイントは些細なことですが、その些細なことからでも聞き手は情報を得ています。

「人前に立ったら全てがメッセージ」

 

だから、無意識の言動に気づいて意識的に話をする。

それだけで伝わり方が変わっていくのを、毎回のセミナーで体感しています。

 

スピーチセミナーでは、スピーチをする機会が2回あります。

1回目は事前に準備されたスピーチをお話しいただきます。

2回目は、西任からのアドバイスをもとに同じスピーチ原稿をブラッシュアップして話す場合も、

全くことなるスピーチをおこなう場合もあります。

2回目のスピーチでは、1回目に意識できなかった話し方のポイントが改善されて、

驚くほど伝わり方が変わっていきました。

 

参加者の方のアンケートでは、毎回このようなコメントをいただきます。

 

1Dayアンケート_A.M様

「参加者のスピーチがアドバイスにより格段にパワーアップしていて、お話を聞くことが楽しかったです。同じ人なのに、短時間で印象がガラッと変わったのでおどろきでした」(A.M様)

 

スピーチセミナーでどのような話し方のアドバイスを西任がおこなうかは、参加される方の求めていらっしゃる目標に応じて変わります。

そのアドバイスの一部を、改めて別の記事にてご紹介しますね!

<専門分野の話はゴールが大切!>

http://u-b-u.jp/blog/?p=2904

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

スピーチセミナーの詳細はこちら

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

毎回成功するスピーチのルール~3分間スピーチセミナーを開催しました~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

先日、西任暁子の「3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座」を開催しました。

 

・話すときに緊張するのを克服したい。

・短時間でも印象に残るように話したい。

・アドリブでもうまく話せるようになりたい。

・話すことは苦手ではないけれど、もっと伝わる話し方を身につけたい。

 

など、お一人お一人からセミナーで得たいことをお聞きするところから始まり、スピーチの実践とフィードバックを1日かけておこないました。

 

参加者のみなさんの目的をお聞きして、西任が今回のセミナーで目標としたテーマは

「毎回成功するスピーチのルールを見つけること」

 

人前で話すことには慣れているけれど、毎回必ずうまく話せているわけではない。

と感じていらっしゃる方が多かったからです。

 

伝わるスピーチ、心に残るスピーチのルールは山ほどあります。

その中で、一つずつ今の自分に合ったルールを身につけていくと、「たまたま、その時の雰囲気が良かったから」ではなく、毎回成功するスピーチに近づいていきます。

 

料理をするときに、材料の分量、作る手順や火加減を決めたり、アスリートが常に勝利できるようにトレーニングを積むのと同じですね。

 

3分という短い時間のスピーチの中にも、ブラッシュアップできるポイントはたくさんあります。

 

・人の心をつかむスピーチの始め方
・続編が聞きたくなる話し方のヒント
・心に残るキーワードの使い方
・反論されない意見の伝え方
・スピーチの構成の作り方
・映像が浮かぶ話し方
・話すスピードの使い方
・立ち方/目線/ボディーランゲージの使い方
・・・・など

 

 

アドバイスを受けたスピーカーのみなさんは、アドバイスをふまえて、もう一度、スピーチにチャレンジします。

 

伝え方のポイントがわかると、よりイキイキとその人らしい話し方になるものですね。

聞き手のみなさんの心が、スピーチに集中して、ワクワクしながら聞いているように感じました。

 

しっかりと原稿を作成してその通りにスピーチをされた方への西任からのアドバイスは「原稿を一旦横に置くこと」

原稿に沿って話すと、「間違えないこと」に集中してしまい、聞き手を引き込む話し方からは遠ざかることがあります。

 

準備をしたら、一旦手放してみる。

その場で発表するのではなく、相手に「伝える」ことにフォーカスする。

 

それだけで、メッセージとともに、その人の魅力が伝わってきます。

実際に、聞き手の受講生のみなさんが、大きく頷いたり、笑いが起きたりと、会場の一体感を感じるスピーチになりました。

 

 

IMG_0261

 

 

参加者のみなさんは、ランチを一緒にしたり、グループ毎にスピーチの練習をしたりする中で、交流を深めていらっしゃいました。

セミナー終了後の懇親会では、仕事の方向性について相談をする場面も。

 

そんな参加者のみなさんの感想を一部ご紹介します。

 

 

0515アンケート1

■スピーチ/プレゼンには明確な型が存在することを実感しました。
これまでは何となく我流で行ってきましたが、型を意識することで より満足できるスピーチ/プレゼンが行える気がします。

■スピーチの目的は「自分<相手(聴衆)のため」という意識が重要だと感じました。

(H.T様)

 

0515アンケート2

■素晴らしい研修でした。
講義がなくてすべて実演からのフィードバックで(※)とても中身の濃い研修でした。
また参加させて頂き、伝わる話、心が動く話を学び続けたいです。
本当に感動しました。
ありがとうございました。

(M.A様)

※オンライン講座でスピーチの作り方の講義を事前に学習していただき、セミナー当日には、スピーチの実践とアドバイスに時間を十分使えるようにしています。

 

0515アンケート3

■西任さんのPerformance力をずっと間近で見られるだけでお得だと思いました。

(K.H.様)

 

 

0515アンケート4

■西任さんの場づくりに圧倒され、引き込まれ、あっという間の1日でした。
明るく朗らかな講義に、的確なフィードバックで、スピーカーの方々が2回目から見違えるようなスピーチをされているのがすばらしかったです。
オブザーブ受講の私にもたくさんの学びがありました。
この学びを活かして社内メンバーに伝えたいと思います。
本日はありがとうございました!!

(E.Y.様)

 

0515アンケート7

■プレゼンの発表内容が、2回目に皆さん圧倒的に改善されたことを目にしました。
話すことの技術を見える化し、言語化することはビジネスをする上できわめて必須な技術だと思います。
役立てていこうと思います。
ありがとうございました。

(匿名希望様)

 

 

0515アンケート5

■(受講が)2回目だったが、1回目とは全く違う雰囲気で、得るものも違いました。
スピーチの内容、オーディエンスによってスピーチの構成が全く違うものになると身をもって体験することができました。
西任さんのスピーチセミナーは、スピーチの内容についてもそうだが、コミュニケーションのあり方というもっと大きな枠組みのことが理解できると思いました。

(K.I.様)

 

ご参加いただきましたみなさん

ありがとうございました!

 

 

 

次回の「3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座は

8月28日(日)開催です。

実際にスピーチをおこなう「スピーチ受講」は限定6名のため残席わずか!

ご希望の方はお早目にどうぞ!

 

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

 

 

 

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら