カテゴリー: スピーチ・プレゼンテーション

上から目線の話し方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

先日、ある取材を受けました。
その原稿が上がってきたので、昨日は細かい部分の確認をしました。

その中でひとつ、ヒントにしていただけそうなことがあったので書いてみましょう。

私が、直しを入れたのはこんな文章でした。

「原稿を覚えたとしても、それが自分の言葉になってない人、”てにおは”まで覚えた人は、だいたい上を見ます」

これは、原稿は覚えたほうがいいですか?という質問に対する回答の一部です。

原稿って、もし覚えたとしても自分の言葉にできていなければ、結局は頭の中にある原稿を読むことになるので、自分の脳、つまり上を見ることになるという話をしたんです。

 

もしあなたが、この原稿を確認する立場にあるとしたら、あなたはこの一文をどのように扱うでしょうか?

「原稿を覚えたとしても、それが自分の言葉になってない人、”てにおは”まで覚えた人は、だいたい上を見ます」

ここには、気になってしまう言葉がひとつあります。
それは「人」という言葉です。

Aの人や、Bの人は、こういう行動をとります、と言っているこの「人」という言葉。

ここに分離があります。
どのような分離でしょう?

それは、「自分は違う」という分離です。

Aの人や、Bの人ってこうだよね、と言うとき、それは暗に「私は違う」と伝えているわけです。

だから少し上から見る感じが、この一文からは伝わってくるんですね。

ライターさんが私の意図を汲んでこのように書いてくださったわけですが、私自身がその言葉そのものを口にしていた可能性は大いにあります

もっと慎重でなければならない。

こうして取材でお話ししたことが文字になって上がってくるとき、いつも身が引き締まる思いがするのです。

さて、この一文はどのように直せば、上からの目線にならないのか?
その答えは、明日のメルマガでお伝えしましょう。

よかったらみなさんも考えてみてくださいね。
その方が楽しいと思いますから。

西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★スピーチのヒント、満載の濃密な1日セミナーです。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議だけでなく、日常会話の進め方が変わります。

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチを準備するポイント:原稿の書き方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

気を付けていたのに、風邪をひいてしまいました。
やっぱり気温差は身体に負担が大きいのでしょうね。

みなさまはお元気でしょうか?

さて、昨日の記事で、英語のスピーチも、日本語のスピーチも、「自分の言葉で語ることが大切」というお話をさせて頂きました。

今日は、何語であれ原稿を書くときのポイントをひとつお伝えしましょう。

それは、話してから書くこと。

みなさん、どうでしょう?
原稿を書くとなると、パソコンに向かって文章を書くように書いていませんか?

でもそれでは、どうしても書き言葉になってしまいます

だから原稿は、「書く」というよりも、「話した内容を書きとる」やり方が、おススメです
そうすれば話し言葉になりますから。

ちょっとしたことですが、やってみると雲泥の差!
よかったら実践されてみてくださいね。

それでは。

今日も読んでくださってありがとうございます

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★スピーチのヒント、満載の濃密な1日セミナーです

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議だけでなく、日常会話の進め方が変わります

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

英語と日本語のスピーチ、大切な共通点は?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

海外に赴任されているYさんから、ご質問をいただきました。

「現在、英語でスピーチする際は、先ずは日本語で考えて英語に翻訳しておりますが、注意するべき点があればご教示ください」

英語のスピーチをする機会がある方は、少ないかもしれませんね。
ただ、アドバイスの本質は同じになりますので、よかったらこの後も、お読みください。

さて、少し前の話になりますが、「TEDx(テッド)」というスピーチイベントに登壇したことがあります。

 


(リンクは本文最後にあります)

その時は、最初から英語で原稿を書き、ネイティヴの方々にチェックしてもらいながら、自分の言葉を探していきました。

言葉って、その人そのものをあらわすものだから、文法的に正しかったとしても、その言い方はしたくないっていう表現もあるんですよね。

スピーチセミナーでは、よくシャドウイングをやっています。

受講生の方が言いたいことを、私がその場でくみ取って、かわりにスピーチをし、その方に真似をしてもらうんです。

でもその時、みなさん、一字一句私の言った言葉を繰り返されるわけではありません。
やっぱり、「自分の言葉」っていうものがあるからです。

コンサルティングで、その方の伝えたいことを原稿にさせて頂く際も、「私だったらこういう言い方をしますが、ご自身の言い方に変えてくださいね」とお伝えします。

オーダーメイドで洋服は作ったけれど、それを着ながら自分のものにしていってもらう(実際にしゃべってみて、自分の言葉にしてもらう)という感じでしょうか。

というわけで、日本語で話そうが、英語で話そうが、何よりも大切なのは「自分の言葉で語る」ということ。

正しいか、上手かよりも、自分の言葉で語れているかの方が、ずっとずっと大切です。
なぜなら、それが一番伝わる方法だから。

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★2週間後です。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

追伸:Tedxの映像です。
もうずいぶん前で、自分で見ると残念な点が目立ってしまいますが、これがその時のベストだったのだから仕方ありませんね笑。もしよかったらご覧ください。

https://youtu.be/gmR7EzDJBkM

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

学びつづけられる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

ある方から、ご相談のメールをいただきました。

その方は、スピーチの内容がどうこうという以前に、人前で話そうとすると極度の緊張を感じて、声が震えてくるそうです

それは今に始まったことではない。幼い頃から、周りが自分に注目していると思うだけで、頭が真っ白になって、自分でも何を話しているかわからなくなるという経験を繰り返してきたそうです

そんなレベルで、セミナーを受講していいのか?

そんなご相談でした。

苦しいことですね。
いただいたメールを読んでいるだけで、胸が痛みました。

多くの方が、セミナーに来るのにすごく緊張したと言われます

たとえそれが、本番ではない学びの場であったとしても、人前で話さなければならない、しかもそれに対してフィードバックされるのだと思うと、どうしてわざわざそんなことをしなければならないんだろう、って感じる気持ち、理解できると思っています

だから可能な限り、場が安全であるよう、以前にも増して心を配るようになりました。

そして「オブザーブ席」というのがありますそれはスピーチをしなくてもいい席です

これは、生徒さんからのリクエストで生まれました。

当時は、受講生全員がスピーチをおこなう講座でした。そのことを、セミナーの直前に知ったある方が、キャンセルしたいと言われたんですキャンセル料金は全額払うからと。

私はそれだけの不安を抱えている方にこそ、学んでほしかった。だから、スピーチはしなくていい、むしろ半額お返しするから、それを交通費にして来てくださいってお伝えしたんです

最初は躊躇されていたその方は、名古屋から来てくださいました。

そして終わった後に言われました。

「来てよかったです見るだけでこんなに学べるとは思わなかった。私のような人はきっと他にもいると思うから、スピーチをしなくてもいい受講も作ってください」って。

それが、見て学ぶオブザーブ受講です

不安だな、って感じる方は、緊張しなくてもいいオブザーブで、学んでいただけたらなと思っています

学ぶときのポイント。
それは、ほんの少しだけ今の自分の先へ踏み出してみること。

あんまり大きく踏み出すと、ケガをしてしまい、「やっぱり自分には無理だ」という思いを強めることになってしまいます

本当はそうじゃないのに。

だから、なんでもやりすぎないことです

少しずついきましょう(#^^#)

次回のスピーチセミナーは、10月29日(日)です
年内は、これが最後となります

詳しくは、こちらをご覧ください。
HPの文章を、すべて新たに書き換えています

http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

いい1週間になりますように。

今日も読んでくださってありがとうございます
西暁子でした。

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人前で話すことが苦手な方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

突然、「ちょっとしゃべってください」と言われて困った!
そんな経験はないでしょうか。

そして、困りながらも話してみると…

本当は、自分の中に伝えたいことがあるはずなのに、
言葉にしてみると、どうもしっくりこない。
相手の反応もわからない。

「きっと、うまく伝わっていないだろう」

そう思うと、どんどん人前で話すことが苦痛になることもあります。

でも、私たちは言葉があることで深く理解し合える。

一生、話していくのだから、
話すことが苦痛なまま人生を終わらせたくないものです。

朝礼
会議での発言
部署異動での挨拶
結婚式のスピーチ

など、話しのプロではなくても、人前で話す機会はあります。

滅多にない短い時間だからこそ、
その時間を大切にしたい。

西任はよくセミナーの中でこう話しています。
「言葉を大切にするということは、自分を大切にすること」

話すことは、自分を表現すること。
話し方、言葉、すべてが自分そのものなのです。

だから、話し方を磨くのは、本来の自分を伝えるためなのではないでしょうか。

U.B.U.のスピーチセミナーは、
ご参加いただくお一人お一人の魅力が伝わる話し方を、
「教える」
のではなく、
「引き出す」
お手伝いをするのが役割です。

ぜひ、必要としてくださる方に体験していただきたいと思います。

(スタッフ 阿嘉)

▼ 10月29日(日)開催 伝わる話し方を1日で身につける 
3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座 in 東京 の詳細はこちら ▼

▼ セミナーの様子をちょこっとだけ公開! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2時間で早口が治った理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日は、あるお医者さんの個別コンサルティングでした。

個別コンサルティングとは、その名の通り個別におこなうものですから、様々なご依頼があります。「部下とのコミュニケーションを改善したい」「プレゼンで結果を出したい」「講演の中身を組み立ててほしい」などなど。

今回のご依頼は、「講演や研修の依頼が増えてきた中で、もう一段レベルアップしたい」という内容でした。

2時間ほどお話をさせて頂いた中で、最も印象に残っているのは、その方が最後に言われた言葉です。

「早口を直したいと思っていたけれど、もうすでに早く話せなくなっています」

私は、2時間の中で一度も早口について話しませんでした。その方が少し前のめり気味に話されることに気づいてはいましたが、それは結果として起こっていることであって、問題の本質ではないと思ったからです。

2時間の内容はとても濃いもので、その方は何度も涙を流されました。それは、悲しいとか悔しいといった理由ではなく、その方の中に、多くの気づきが生まれたからです。

「自分は考えていると思っていたけれど、本当は考えていなかったんだ」

「その問題は乗り越えたと思っていたけれど、こんなにも根深かったんだ」

「私がこれまで話してきたことは、表面的な理解に過ぎなかったんだ」

その気づきの多くは、どちらかというと見たくない事実だったと思います。
でもその方は、逃げずに向かっていかれました。

その結果、「早口になる」という現象は、自然になくなったのです。
もっと正確に言うと、もはや早口では話せなくなってしまったのです。

どういうことなのか?

たとえば、「自分は間違ったことを言う可能性がある」という考えが本当に腑に落ちた時、人はこれまで以上に慎重に話すようになる、ということはお分かりいただけると思います。そうせざるを得なくなるからです。

今回、その方には、そういった気づきがたくさん起こったため、結果として早口で話せなくなったというわけです。

「変わる」といっても、いろんな「変わる」があります。
表面が変わることもあれば、根っこから変わることもある。

どちらがいいというわけではなく、表面的な変化が必要なタイミングもあれば、後者の変容が促されるタイミングもあるでしょう。

ただ昨日のコンサルティングは、本質的な気付きが多くの問題を解決してしまうことを改めて教えてくれた時間になりました。

さて、このような個別のコンサルティングとまではいかないまでも、人数を6名に限定し、丸1日という時間をかけることで、おひとりおひとりに向き合う形をとっているのが、1dayスピーチセミナーです。

次回は、10月29日(日)に開催します。年内はこれが最後です。
残席が少なくなってきておりますので、興味のある方は下記のリンクをご覧くださいね。

★1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

西任暁子でした。

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

伝わる言葉のつくり方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日、ある社団法人を運営されている方のコンサルティングを行いました。

その社団法人では、ある資格試験を実施されていて、これまでに受験した人の数は、3万人以上。

今後、さらに多くの方に受けてもらうために、プレゼンテーションする機会を与えられた、ということなのですが、その時間が5分。

これまでは15分でおこなってきたプレゼンを、3分の1に縮めることになりました。

お話を伺った後、まったく違う流れで5分間の中身を組み立て直したのですが、実際に話してもらうと、どうしてもこれまでと同じ流れに戻ってしまいます。

一度出来上がったものを壊すのは、勇気がいるんですよね。
その型で成功してきた場合には、なおさらです。

最終的には、5分間のプレゼン原稿を作成し、私がデモンストレーションしたのを録音して、コンサルは終了しました。

その2時間のコンサルの中でお伝えした、たくさんのアドバイスの中から、今日は一つご紹介しましょう。

 

それは、言葉を強くする方法です。

その方は、プレゼンの中でこう言われました。

「AとBとは、切っても切れない関係なんです」

この「切っても切れない関係」とは、関係性が強いことをあらわす言葉ですね。
でもプラスなのか?マイナスなのかがわかりません。

そこで、こう言い換えてみるとどうでしょう。

 

「Aは、Bの役に立つことができます」

「Aは、Bの問題を解決することできます」

「Aは、Bの円満な解決を導くことができます」

AがBにとって必要なんだ、とはっきりわかりますね。

 

また「~だと思っています」という言葉。

これは「~だと願っています」という言い方に変えました。

これもやはり、「思う」だけではプラスかマイナスかが、わかりにくいからです。

ニュートラルな言葉は、言葉の力としては弱いと言えるでしょう。

もちろん、その弱さを活かして使いたい場面もありますが、自分が言いたいことをその言葉がちゃんと表現してくれているのか?もっと的確な言葉はないのか?という問いを持ってみてほしいのです。

 

ニュートラルな言葉が出て来たら、プラスかマイナスに寄せることができないか?と考えてみるのは、そんな言葉探しのきっかけになりそうです。

 

Let’s try!

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

声が通らないのです

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

愛知県にお住いの男性、「話ベタな営業マン」さんからご質問をいただきました。

って、ラジオみたいになってきてますね笑。

 

====================
会社の朝礼などで自分が話すと『声の伝わりが悪い、声が小さい』と指摘されます。

姿勢とか声を張るとかは意識しているのですが、基本的に声の通りが悪いのか、あまり改善しません。

居酒屋などで店員を呼び止めるの時もなかなか気付いてくれない経験も多く伝わりにくい声質なんだと思います。

声が響くようになるコツみたいな物があればメルマガ通じてアドバイスいただけると嬉しいです。
====================

 

声が通らない、と悩んでいる方は多いと思います。

解決策はですね、筋トレです笑。

そこ?って言われそうですが、そうなんです。

 

先日も、ある会社でプレゼン研修をおこなったところ、声が通らないのでプレゼンに説得力がないと悩んでいる方がいらっしゃいました。

そこで、インナーマッスルを鍛えるトレーニングをおススメしました。

そして1か月後にお会いした時には、プレゼン時にフラフラしていた姿勢は安定し、声も以前より伸びやかに通りやすくなっていらしたのです。

というわけで、ピラティス、ヨガ、太極拳、バレエなど、身体のコアを鍛えるエクササイズ、本当にオススメです。

声が出るようになるだけでなく、健康にもいいですし。

私自身、ピラティス、ヨガ、ジャイロトニック、バレエなのエクササイズを始めたところ、ずいぶん声が変わってきました。

とはいえ、すぐに何とかなる方法はないのか?と思われるかもしれません。

 

話す前に、思いっきり背伸びをしてみる。
これ、かなり効果的です。

一番後ろの人に向かって話す。
これも、効果あります。

さらに。唇をすこしだけ突き出すように話してみる。
これも、すぐに声が前に出る方法です。

よかったらやってみてください。

ちなみに、トレーニングと言っても、アウターを鍛えてしまうと、逆に声は出にくくなるのでご注意くださいね。

今日はストレッチへ行ってこようと思います。
ステキな日曜日を!

西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人前で話す不安は、気づくだけで消える

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

ようござます

西暁子です。

8月も最後の週末ですね。

本当あっとう間時間が過ぎてます

この1週間、個人コンサルティングのご依頼が、2件ありました。

そのうち1件、初めてお会する経営者の女性。
ある地方自治体から、働き方て、1時間の講演を依頼されたけれど、不安があるとうことでらっしゃました。

その方、話すのが苦手なので、人前で話す機会できるだけ避けてきたそうです。
コンテンツ(話す内容)も、デリバリー(話し方)も、両方とも不安だと言われます

そこでまず、講演のじめの部分を話してもらました。

 

すると、とってもお上手なんです。

わかりやす
テンポも
目線も自然。
立ち方も美し
日本語も美し

ただ感じたことを、そのままお伝えしました。

すると、その方涙ぐみ「嬉しです」と言われました。
それほど不安が大きかったのだと思ます

 

どうして話すのが苦手だと思われたのか?

その理由を尋ねてみましたが、トラウマのような失敗体験とのこと。

ただ、人前で目立たな方が少し控えめなくらった美意識をお持ちでした。

人の前立つと、目立ってしまう。たたかれる。

そうった価値観が、無意識のうち染みつると、人の前立つだけで不安膨らみます

 

でも思うんです。
その価値観って、真実でしょうか?

、そううことあるかもしれな。でも、それつでも、でも起こる「真実」と言えません。

つまり幻想なんです。

そのこと気づたとき、人前で話す不安解消されてます

人前で話せるのって、私素晴らしことだと思ってます

自分が学んできたことや、経験してきたことを、たくさんの人と分かち合えるからです。

 

その女性が、帰り際われた言葉が嬉しくて、頭の中をリフレンしてます

「嫌だと思ってた講演が、楽しみなってきました」

週末をお過ごしくださ

西暁子でした。

 

■発売中の女性誌『LEE』、「気まずくならな返し方」6ページ掲載中です。
https://www.facebook.com/UBU.speech/posts/1421284071288299

■今後の予定

9月9日(土) 10時から12時

苦手な人・嫌な人ともうまく付き合うための 『本音気づく会話術』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/0nVDeV9LTl

9月9日(土) 14時から16時

相手の言ことが理解できな人のための 『本音気づく会話術 ~聞き方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/ujYxjABFgR

9月9日(土) 17時から19時

思ってることを言っても気まずくならな 『本音気づく会話術 ~話し方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/wLGMoxa3iM

10月29日(日)

1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

11月18日(土)19日(日)

ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

すぐにわかりやすく話せる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

今日も、話をわかりやすくするコツをお届けします。
■コミュニケーションの鍵 『1文を短くする』

これ、文章ならみなさん当たり前のようにやっていることなんですが、話すときには意識できなくて、つい長くなってしまって、話がわかりにくくなってるんですが、そのことに自分で気が付けないので、なかなか「。」のない文になってしまって、、、

とこのように、1文が長いとわかりにくいですね。

だから、文は短くすればいい!

解決策はシンプルです。

すぐにできます。

もし難しいとしたら、その理由はただ一つ。

自分が、長い文で話していることに気が付けていないから。
気づくためには、録音してみるのが一番早いと思います。

是非やってみてください!

 

 

■お知らせ

リーダーシップ・ファシリテーション講座

2017年8月19日(土)・20(日)
各10:00~18:00

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら