カテゴリー: コミュニケーションのコツ

上から目線じゃない話し方(解答編)

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

前回の記事「上から目線じゃない話し方」の続きです。

 

「原稿を覚えたとしても、それが自分の言葉になってない人、”てにおは”まで覚えた人は、だいたい上を見ます

この一文が、上から見ている感じがするので、書き換えてみるとどうなるだろう?という話でしたね。

私は、こんなふうに直してみました。

「原稿を覚えたとしても、それが自分の言葉になってないまま、”てにおは”まで覚えた場合は、だいたい上を見ます

そういうことをする「人」がいる、という書き方ではなく、そういうことをする「場合」と表現したわけです

「人」と言ってしまうと、まるでその人のことがすべてわかっているかのように、「そういう人だ」と決めつけている感じがします

でも「場合」という言葉には、どんな人でもそういうことをする可能性があるし、しない選択もできるのだという可能性が含まれるからです

言葉が人をあらわすというのはこういうことなんです
だから、「なるほど~。人を使わずに、場合って言えばいいのね」とテクニカルに言い方だけを理解しても、それはあまり意味がありません。

言葉は自分自身をあらわしているからこそ、自分が書いたり話したりした言葉から学べることがたくさんあります。

西暁子でした。

******
今後の予定
******

★スピーチのヒント、満載の濃密な1日セミナーです

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議だけでなく、日常会話の進め方が変わります

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人前で話すことが苦手な方へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

突然、「ちょっとしゃべってください」と言われて困った!
そんな経験はないでしょうか。

そして、困りながらも話してみると…

本当は、自分の中に伝えたいことがあるはずなのに、
言葉にしてみると、どうもしっくりこない。
相手の反応もわからない。

「きっと、うまく伝わっていないだろう」

そう思うと、どんどん人前で話すことが苦痛になることもあります。

でも、私たちは言葉があることで深く理解し合える。

一生、話していくのだから、
話すことが苦痛なまま人生を終わらせたくないものです。

朝礼
会議での発言
部署異動での挨拶
結婚式のスピーチ

など、話しのプロではなくても、人前で話す機会はあります。

滅多にない短い時間だからこそ、
その時間を大切にしたい。

西任はよくセミナーの中でこう話しています。
「言葉を大切にするということは、自分を大切にすること」

話すことは、自分を表現すること。
話し方、言葉、すべてが自分そのものなのです。

だから、話し方を磨くのは、本来の自分を伝えるためなのではないでしょうか。

U.B.U.のスピーチセミナーは、
ご参加いただくお一人お一人の魅力が伝わる話し方を、
「教える」
のではなく、
「引き出す」
お手伝いをするのが役割です。

ぜひ、必要としてくださる方に体験していただきたいと思います。

(スタッフ 阿嘉)

▼ 10月29日(日)開催 伝わる話し方を1日で身につける 
3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座 in 東京 の詳細はこちら ▼

▼ セミナーの様子をちょこっとだけ公開! 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

冷静に話せない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

埼玉県にお住いの、ぱんださんからご質問をいただきました。

 

—————
私はおしゃべりな方です。でも、話下手です。

普段の会話でも、会社の会議などでも、思ったまま言葉を口に出してしまいますが、説明が下手で、さらには失言も多く、いつも言った後に後悔しています。

先生の本にも、相手の話を聞くことが大切と書いてあります。

頭ではわかっているのですが、感情がこもると余計に気持ちを止められず、冷静に話せません。

どうすれば冷静に一歩踏みとどまって話せるのでしょうか?
—————

 

ご質問、ありがとうございます。

感情のコントロールは、コミュニケーションにおける大きな課題のひとつですね。

私自身、ずいぶん長い間取り組んできましたし、今でも日々湧いてくる感情に向き合っています。

 

ここで問題になるのは、感情そのものではありません。

ぱんださんのご質問にあるように、感情がこもって気持ちを止められなくなること、つまり感情にのっとられてしまい、理性が働かなくなってしまうことなのです。

感情とは、感じる気持ちのことですから、それがなくなってしまったら人間ではなくなってしまいます。だから、感じないように抑え込むのではなく、観察し、感じていることに気づいていくのです。

 

感情のコントロールは、ここから始まります。

観察して、気づくこと。

気づくだけで、少し落ち着きを取り戻せるようになっていきます。

 

Happy Friday.
西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★残席少なくなってきています

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議で上司に「意味が分からない」と言われる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

今日は、沖縄県にお住いの、さっちさんからのご質問について考えてみますね。

 

—————-
会議で話していると、私の上司がイライラし、無愛想な表情で「意味がわからない」と皆の前で言って、私に恥をかかせます。

せっかく西任さんの講義で、話すのが少しずつできるようになったと思ったのですが、この上司の前では上がってしまい、話し下手になっています。

そのせいで、また「意味がわからない」とイライラされて話せなくなるという悪循環です。

こういう場合の克服法もあればアドバイスいただけないでしょうか
—————-

 

またイライラされるかもしれない、恥ずかしい思いをするかもしれないと感じると、余計に能力を発揮できなくなってしまうものですよね。

だからと言って、上司を変えることもできない。

 

では、どうすればいいのか?

やはり、自分が変わるしかないんですね。

もちろん正解はありませんが、勇気を出して、その上司の方に、さっちさんが感じていらっしゃることを伝えてみるのはどうでしょうか?

たとえばこんな具合です。

 

「意味が分からないと仰る言葉を耳にすると、申し訳ない気持ちと同時に恥ずかしさでいっぱいになって、ますます緊張が高まり、余計にご迷惑をおかけすることになってしまいます。

なんとか意味をご理解いただけるように話してみたいと思いますので、3分間、話を聞いていただけないでしょうか?」

 

このように、言いにくい・・・でも本当に思っていることを相手に伝えたい・・・と思うときのポイントは、OFNRです。

 

O:observation 観察(した事実)
F:feeling 感情
N:needs ニーズ(自分が大切にしたいこと)
R:request リクエスト(お願い)

 

拙著『本音に気づく会話術』も参考にしていただければ幸いです。

西任暁子でした。

追伸: 皆さまからは、ご質問だけでなく、こういったメッセージもお寄せいただき、本当に感謝しています。

 

東京都 tmさん
毎朝、通勤時に拝読しております。仕事前に勉強出来て気持ち良く出勤しております。ありがとうございます。

 

tmさん他、メッセージをお寄せくださった皆様、すべて拝読させていただいております。ありがとうございます。

 

 

ご質問、ご感想などお気軽にお寄せくださいね。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=12&f=25

 

******
今後の予定
******

★残席少なくなってきています

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

思いやりのある言い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

友人との会話中のことです

私が、ある突拍子もないことを言ったので、彼女はびっくりしました。

 

その後の、彼女のセリフです

「思いがけなかったから」

 

私はこの言葉を聞いて、あたたかく、柔らかい気持ちで満たされました。

なぜなら彼女は、こんなふうに言うこともできたからです

 

「突拍子もないことを言うから」

こう言われたら、突拍子もないことを言って、悪かったなぁ、、、という気持ちになります

 

あるいは、「脈絡がないんだもん」

これも同様に、脈絡がないことを言って彼女を驚かせてしまい、悪かったなぁ、、、という気持ちになります

 

でも、「思いがけなかったから」という言葉は、「予想外だったんだな」と感じるにとどまります誰も責めていないからです

 

言葉には、その人が現われます

言葉は、私達の存在そのものなのです

 

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★言葉ひとつで、伝わり方はガラリと変わります

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

出合えたことに感謝したい1冊

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

3連休も最後の1日になりましたね。

ご家族で過ごされている方も多いと思いますので、今日も子供のトピックで参りましょうか。

と言いますのも、ご紹介したい本があるのです

 

『発達障害の子とハッピーに暮らすヒント~4人のわが子が教えてくれたこと』

 

著者の堀内祐子さんのお子さんは、4人!
その4人全員が、アスペルガー、ADHD、LDといった発達障害を持っているそうです

いったい、どのような子育てをしていらしたのでしょうか?

 

たとえば発達障害の子は、予定が変わることをとても嫌がります

お部屋に飾ってある絵を変えたら、長男の子は「前の絵に戻せ」と3週間ほど言い続けたそうです

また帰り道に、ある場所へ寄ろうと思いついても、叫び出したり、絶対に嫌だと言う。

ではどうするのか?

堀内さんは、急に変更せず、事前に説明をすればいいのだとわかり、自分の行動を変えていかれました。

 

また発達障害の子は、長時間の話や複雑な説明を聞くのが苦手。
でもなぜか、子供たちはお父さんの話なら聞けたそうです

そこで堀内さんは、旦那様の話し方を真似するようになります

低い声で、端的に、ポイントは1つに絞って話す。

すると子供たちは、堀内さんの話も聞けるようになったそうです

 

こういった様々な問題と、それを乗り越えていった方法が、この本には書かれています

もちろん、発達障害を持っていない子供には起こらない問題ばかりかもしれません。

でもこの本が素晴らしいのは、相手がどんな人であれ、コミュニケーションをする際にとても大切な真髄が、具体的に描かれていることなのです

 

私が講演でよく申し上げることがあります

コミュニケーションにおいて、様々な技術はあるけれど、大切なことは3つ。尊重、共感、承認だと。

でも抽象度が高くて、イメージしづらいですよね。

それがこの本には、具体的な日常として描かれていますそれもふんだんに。

 

堀内さんは、ご自身の苦しみも隠すことなく語りながら、愛にあふれた家族のコミュニケーションを本にしてくださいました

ライターの柴田美恵子さんの見守るような文体とともに。

 

この本は、家族であれ会社であれ、コミュニケーションの壁にぶつかっている人に、具体的な解決の糸口を与えてくれるでしょう。

出合えたことに心から感謝したい1冊です

 

『発達障害の子とハッピーに暮らすヒント~4人のわが子が教えてくれたこと』
堀内祐子+柴田美恵子 著

e-hon:http://bit.ly/2xX0IXT
amazon:http://amzn.to/2z1i8An

 

それでは、連休最終日が充実した1日になりますように。

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

感情は込めない方がいい

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日のメルマガでご紹介した質問の中にあった「感情のこもった言葉」について書いてみましょう。

コミュニケーションであれ、スピーチであれ、「感情」がなければ伝わってこない、ということはわかります

では、感情とは「込める」ものなのでしょうか?

言葉に感情を込めようとすると、響きに歪みが生じます

そして感情そのものよりも、感情を込めようとした意図の方が、伝わってくるのです
平たく言うと、「わざとらしい感じ」がしてしまう、というわけです

ではどうすれば、感情を伝えられるのか?

感じていれば、勝手に伝わるというのが結論です

感情とは、「込めるもの」ではありません。
自分が心で感じていれば、感情は自然に声や表情に「表われるもの」なのです

もちろん、お芝居や踊りなどの表現で感情を伝えるとなれば、また違った技術が必要になります

スピーチにおいても、効果的な技術はあります

ただ日常会話においては、自分の心に感じることを許せば、自然に感じたことは相手に伝わっていくでしょう。

今朝は、どんなことを感じていらっしゃいますか?

良い週末をお過ごしください。

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

子供から本音を引き出す質問

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

昨日、facebookを見ていたら、友人が菅原匠真さんという方のtweetに言及していました。

—————
教員の方の言葉で忘れられないものっていくつかあるのだけれど、「『大丈夫?』って尋ねて『大丈夫』って答える子は、大丈夫じゃありません。何もないなら、『えっ?なにが?』という返事になります」っていうのは、聞いてて泣いた。今でも思い出すと泣きそうになる。

菅原匠真 (@sugawara_shoma) 2017年6月12日
—————

これって、子供じゃない私たち大人でも、経験していることではないでしょうか?

「大丈夫?」と尋ねられた時、大丈夫じゃないけれど、笑顔を作って「うん」としか言えなかった経験です

以前書いたかもしれませんが、これに類する質問が「わかった?」です

「わかった?」と尋ねられると、「わからない」とは言いづらい。だから「はい」と言ってしまいがちです

コミュニケーション上手とは、人間のこういう心の機微がわかるということ。

そういう気持ちがわかるからこそ、相手が本音を言いやすい尋ね方を、工夫できるのです

ちなみに友人の投稿には、こんな尋ね方が提示されていました。

—————
「ちょっとダメそう?」って聞くのがいい。
そして、子どもが「うん、ちょっと…」と答えても、それが「ちょっと」だけではないことは覚えておくといいと、ある人から教えを受けたのを思い出した。
—————

良い日曜日をお過ごしくださいね。

西暁子でした。

 

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

テレビを見ているのに話しかけられたら

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

今日は東京都にお住いの47歳の男性、Yさんからのメールをご紹介しましょう。

————————

さて、子供ネタでひとつ感じたことがありまして、メールさせていただくことにしました。

私は、教育的なことは何もしないようにしてますが、子供の話はちゃんと聞こうと思っています。

でも最近、こんなことがありました。推理モノのドラマの大団円のときに、子供が切々と学校での出来事を話し始めたのです。

そのとき、子供の話に適当に相槌を打ちながら、ドラマに見入っている自分に気づいたのです。

子供は今聞いて欲しいわけですし、ドラマのほうも今見なければ価値がありません。

大団円を見逃すことは、これまで観てきた時間を無にするに等しく、録画して観てもなんだかなーって感じだと思います。

いま思うと、私は、ドラマなんか捨てて、子供の話を聞くべきだったと反省しています。

だって、それが私の生き方なんですから。生きることは選ぶこと、選ぶことは捨てること。気持ちよく生きたいですね!

————————

Yさん、メールありがとうございます。

子供にとって、話を聞いてもらえることは、とても大切なことだと私も思います。
とはいえ、自分自身がそれ以外のことに時間を使いたいときもありますよね。

 

その瞬間に、自分が大切にしたいことを選べるといいのですが、後からわかることも多いものです。

さて、コミュニケーションに正解はありませんが、メールを拝読して思ったのは、「子供の話に適当に相槌を打ちながら、ドラマに見入っている自分に気づいた」時に、そのことを子供に伝えてみるとどうだったかな?ということです。

「今、〇〇ちゃんが話してくれているのに、お父さん、テレビに夢中になっていたね。ごめんね。」

あるいはその後に、「今、〇〇ちゃんの話も聞きたいし、テレビも見たい気持ちもあって、、どうすればいいんだろうってパパ、考えてるんだけど、〇〇ちゃんは何かいいアイデアある?」

とお子さんにアイデアを求めてみるのもいいかもしれません。

でもそんな対話をしていたら、テレビを見逃してしまいますね(^-^;

その場合は、テレビが終わった後、「ドラマなんか捨てて、子供の話を聞くべきだったと反省」していらっしゃるその気持ちを伝えてみるのもいいと思います。

その瞬間には言えなかったことも、後から伝えてみると、相手の心の中で固まっていたわだかまりがほどけてゆくかもしれません。

自分の気持ちは相手に見えないし、相手の心の中もまた見えませんから。

良い週末を!

西任暁子でした。

******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

子供を説得するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

先日、あるカフェでこんな場面を目にしました。

かごの中から、子供たちが順番に好きな石を選んでいたんです。

 

幼稚園くらいの女の子が、ある石を手にして立ち去ろうとしたとき、そのお兄ちゃんでしょうか。彼女より少し体の大きな男の子が、その石を女の子の手から奪おうとしました。

 

その時、そばにいた女性が、男の子の肩を後ろから「トントン」と叩き、「この平べったい石はどう?」と言いながら彼の手を石へと導きました。

 

すると男の子は一瞬、女の子の後姿を見つめると、今度は自分の手に触れている石の感触を確かめるように静止。その後、その石を手にして、去っていきました。

 

それは、とても興味深い光景でした。

 

まず思ったのは、子供は視点を切り替えるスピードが早いということ。

 

最初に欲しいと思った、男の子の石への執着は、暴力的に実行されようとしたわけですが、次の瞬間、手に触れた他の石へと、彼の意識は切り替わりました。そのスピードは本当に早かった。

 

でもその時、言葉を用いていたらスムーズには行かなかったかもしれません。

私達大人は言葉で説得しようとしますが、子供には感覚を用いたほうが効果的なのでしょう。

 

「人のを欲しがっちゃダメ」とか「他のにしなさい」など、言葉で説得したくなるけれど、子供には匂いや触覚、あるいはシンプルな音や動きを使った方が、視点を切り替えやすいんだと思います。

 

自分が伝えやすい方法ではなく、相手が受け入れやすい方法で伝える。

 

相手が子供であっても、コミュニケーションの基本は同じですね。

 

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら