カテゴリー: コミュニケーションのコツ

6タイプ別「損する話し方」克服ガイド ~PHP研究所『THE21』の記事をオンラインでご覧いただけます!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネスリーダーのための情報誌PHP研究所の『THE21』4月号にて掲載いただいた取材記事が、オンライン版にて公開されました。

 

 

コミュニケーションが上手くいかない場面があると、

相手の受け答えの責任にして不満を抱えたり、

自分は話下手だから仕方がないと諦めたりすることはないでしょうか。

あるいは、そんな人を周りに見かけませんか?

 

諦めや不満は、雪だるま式に大きくなるもの。

自分でコントロールできなくなる前に小さくしておきたいですね。

その第一歩は「自分の話し方を知ること」。

 

自分の話し方が相手にどのような影響を与えているのか知ることができれば、

対策に取り組むことができます。

 

今回のPHP THE21の取材では、6つのタイプについて

それぞれの原因と克服方法をお話ししています。

 

◆ 6タイプ別「損する話し方」克服ガイド <前編>

①「話を簡潔にまとめられない」人

②「理屈っぽくなってしまう」人

③「話し出すと止まらない」人

http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3825?

 

◆ 6タイプ別「損する話し方」克服ガイド <後編>

④「自己主張ができない」人

⑤「すぐに緊張してしまう」人

⑥「つい感情的になってしまう」人

http://shuchi.php.co.jp/the21/detail/3826?

 

新しい出会いが多い新年度のはじまり、

この記事がお役に立てましたら嬉しいです。

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年6月3日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議が劇的に変わる! リーダーシップ・ファシリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会議で活発に意見交換したいけれど、発言するのは限られた人たちだけ。

発言してくれることはありがたい。でも、いつも同じ人の意見が決定事項になっていることに疑問を感じる…。

あるいは、

意見はたくさん出るけれど、まとまらない。

誰かの意見を採用すれば、せっかく意見を出したのに採用されなかった人のやる気がなくなってしまうかもしれない。

 

だから、会議があると気を遣ってストレスになる。

「あぁ、またあの会議かぁ」と、始まる前から気が重くなってしまう。

そんな経験はないでしょうか。

 

リーダーとして組織やプロジェクトをまとめていく役割の方はもちろん、

所属するグループや一対一での話し合いにおいても、

相手と意見をすり合わせることが難しいと、感じたことのある方は少なくないと思います。

 

そこで、先日開催したのが

「リーダーシップ・ファシリテーション講座」

多数決に頼らず、全員が参加して協力しながら結論を導き出すためのファシリテーションを学びました。

 

 

2日間を通して、ファシリテーターに必要なスキルと具体的な意思決定の

ステップを学びましたが、ほぼ一貫してテーマとなったのが

「ファシリテーターとしての自分づくり」 でした。

それだけ、ファシリテーターのあり方がその場を左右するということなのでしょう。

 

・自分の意見を話す。

・沈黙が続くと焦る。

・自分が賛成できない意見に反応する。

・会議に積極的ではないように見える人がいると不安になる。

・結論を急ごうと、自分で話をまとめようとする。

 

これらの反応は、

「積極的にリーダーシップをとろうとするからこそ生まれる反応」

と言えるかもしれません。

ところが、この反応によって場の空気が重くなり、益々発言しにくい状況が起こったり、

参加者が「きっとこの場のリーダーがどうにかしてくれる」と、ファシリテーターに依存するようになり、全員の積極的な参加が望めなくなる可能性があります。

 

ファシリテーターのあり方が場をつくるのですね。

 

ファシリテーターは中立の立場でいることが大切だそうです。

つい、自分が良いと思う方向へ話を進めたくなりますが、

目的は、全員で意思決定をすること。

 

参加者に寄り添うコミュニケーションのスキルを身につけると、様々な考えを持つ参加者がいる会議であったとしても、

気を遣うのではなく、そのスキルを使って進行することで劇的に会議がスムーズになる。

そして、その結果、満足度は高くなる。

 

これができれば、効率的に意思決定できるだけではなく、

円滑なコミュニケーションによって信頼関係も深まるだろうと感じました。
・若手の部下に意見を出してほしい

・チームのメンバーから、業務改善に向けてのアイディアが積極的に出るようにしたい

・話しやすい場をつくりたい

・異なる意見をうまくまとめられるようになりたい

 

など、リーダーとしてのスキルを磨くべく参加されたみなさんの感想を一部ご紹介します。

 

自分がいかに省いて相手に言葉を伝えてしまっているのかがよく理解できた。
コミュニケーションにおいて「わざわざ」言葉を伝えるという事を意識していこうと決めた。
(いかに楽な会話しかしていないかとわかったので…)
ファシリテートってただ場の流れを作ればいいものだと思っていたが、こんなにも細部
(相手の表情、しぐさ、言葉、ふんいきetc)にまで注意を払って観察していなければいけない役割なのだという事を改めて感じさせてもらえた。

(K.H.様)

 

⇒「〇〇で良いですか?」と聞かれて「いいえ」とは言いにくいもの。
「はい」という答えが本当に「Yes」なのか、相手の表情や姿勢、声のトーンなど
微細なサインを観察していきます。それが、全員が納得のいく結論を導き出す方法の一つだと学びました。

 

すごくたくさんの「あー、こう言えばよかった!」と思うことがありました。
「言葉って、その人自身だから口に出すことって気をつけたほうがいいよ」
西任さんがおっしゃっていたことが、特に印象的というか、ドキッとさせられました。
(しゃべるの大好きなのに、そんなこと全然意識していませんでした。)
西任さんの本音に気づく力は、今の私から見たら魔法のようですが、
今回学んだことを一つ一つ実践して身につけていけたらと思います。

(M.I.様)

 

⇒人が相手を理解するのに頼ることができるのは、その人の言動。
だから、言葉はその人自身と言うことができる。
何気ない会話でも選ぶ言葉を大切にしたいと思いました。

 

 

2日間、ここまで頭を使うセミナーをはじめて受講しました。
ついていくことに精一杯でしたが、得られたヒントもありました。
明日からの生活に活用し、いかしていきます。
ファシリテーションって本当に奥が深く、難しいものなんだと知りました。
しかし、気づいて経験を積み重ねていけば、上手にできるようになるとも知ることができました。
今回の学びとの出会い、ご縁に感謝致します。ありがとうございます。

(S.H.様)

 

⇒短期間で集中して学びを日常に持ち帰っていただきたかったので、盛りだくさんの内容になりました。
一つ一つを理解して消化するのにもっと時間が欲しいと思われたかもしれません。
日々の中で、「あ! あの時学んだことはそういうことだったのか!」と気づかれることがたくさんあると良いなと思います。

 

密度の高い2日間の講義、ありがとうございました。
できるとこからまず観察を使っていきたいと思います。
今回の受講だけではまだまだ体得できないことばかりですので、
こうした機会があればまた是非とも参加したいと思います。

(M.Y.様)

 

⇒コミュニケーションの第一歩は「観察」ということを学びました。
自分の内外で何が起こっているのか観察して事実を共有する。
そうすると、価値観のぶつかり合いではなく、歩み寄ることができるのですね。

 

 

頭がショートするのではないかと思うくらい、フル回転の2日間でしたが、

その分、充実した時間と感じていただけたのではないかと思います。

 

早速ですが、次回の開催日が決まりました!

 

<リーダーシップ・ファシリテーション>

2017年8月19日(土)・20(日) <2日間 >
各10:30~18:30
会場 東京都内(新宿近郊予定)

詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチがすぐに上手になる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。
西任暁子です。

「人前で話す」「話す内容を準備する」どちらも大の苦手なので、トレーニングは自分には高度すぎるかな、と迷っていました。
と言われたのは、先日の1dayスピーチセミナーに参加された、K.M.さんのお言葉。

Kさんのように、スピーチはすごく難しいものだと考えている方は多くいらっしゃいます。

 

 

でも考えてみてください。

 

私たちは毎日話しているのです!

それも人前で。
もちろん普段は相手が1人から2,3人かもしれませんが、その人数が変わるだけのことですから、みなさんが思っているほど難しいものではないのです。
この「1対大勢で話すときにも、会話と同じ」という考えが腑に落ちると、皆さんのスピーチはがらりと変化します。

多くの方が、「スピーチってこういうもの!」という思い込みを持ち、自ら高尚なものにしてしまっているのです。そんないらない思い込みを手放し、新しい考えを体感できると、
あれ?できるじゃん?!
となります。

そこで冒頭のK.M.さんは、受講後にはこう感じてくださったそうです。
実際は、無意識や思考グセ、ことばえらびのクセを一瞬であこさんが直して下さいました。

他の先生にトレーニングをお願いしていたら、この1日分に何年も費やしてしまっていたのではないか?と思います。感激しました。
ありがたい感想を頂けて本当に光栄です。

「できる」という感覚を得てもらえたこと、また「人前で話すのって楽しい!」と思ってもらえることは、セミナーをお届けしていて何よりもうれしいことです。
ただ、人によって話し方の癖や課題は違うので、6名と少数限定で行っているスピーチセミナー。

お申込受付は始まったばかりですが、毎回1週間くらいで満席になってしまうので、検討してくださっている方はお早めにお申し込みください。
これからの人生、人前で話すのが苦手だなぁと思うよりも、楽しいなぁと思って話してもらえたらなと思っています。
それではまた!
西任暁子でした。

 

追伸:K.M.さん以外の参加者の方から頂いたご感想は、こちらに掲載しています。人を巻き込むスピーチについてのヒントも書いていますので併せてお読みください。

http://u-b-u.jp/blog/?p=3389
<3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座>

●日時
2017年6月3日(土) 10:00~18:00(終了予定)
開場 9:45

●場所
築地明石町オープンアカデミー

●授業内容
3分間スピーチの実践とフィードバック

 

詳細はこちらをご覧ください。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

イベントに登壇するのに、大切なものを忘れて困りました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

こんにちは。
西任暁子です。
先日のトークイベントでのことです。

私はふだん化粧をしないので、化粧品を持ち歩いていません。
だから、というのは全く理由にならないのですが、化粧品が必要な時にもよく忘れてしまうのです。

さすがにノーメイクでイベントに出るわけには行かないため、スタッフに借りようと思い、たずねました。

「ねえ、マスカラ持ってる?」

 

彼女は、化粧ポーチを別室に置いていたため、見に行ってくれました。

そして「ありました!」と手渡されたマスカラが…。

あれ?私のマスカラと全く同じです。

「それもしかして私の…?」
この瞬間、彼女の表情が一瞬ですが変化しました。

そして、

「これは私のです。西任さんがいいよって勧めてくれたから使ってるんですよ」
というわけで、無事に私はマスカラで目力をアップさせてイベントに登壇することができたわけですが、家に帰ってふと彼女のその時の表情が気になりました。

そこで、メールを送りました。
「それもしかして私の…」の後に、続けたかった言葉は、「私のを持ってきてくれたの?」であって、「私のをどうしてあなたが持っているの?」という疑いではないよ、と。
私の頭の中には、オフィスに化粧品を忘れてきちゃったなぁという思いがあったため、彼女が忘れていることに気づいて持ってきてくれたのかと一瞬思ったのです。

でも、私がそんなことを思っているなんて、もちろん彼女は知りません。だから、「もしかして私の…」という言葉の後は、いろんな想像で埋めることができるわけです。
気になった、その瞬間に言えればよかったのですが、それができずに後になって気になり始める。
みなさんにも、そういうことありませんか?

私にはよくあります。
先日も、知人の車の中で、折り畳み傘をたたむため、一瞬水を切ろうと傘を振ってしまいました。その時に、知人が反応したことを私は確かに察知したのです。

その瞬間に「あ、車の中ですみません」と言えればよかったのですが、その瞬間は何も言えずに過ぎてしまい、やはり後から思い出して謝罪のメールを送りました。しかもその車は、買ってまだ1か月も経っていない新車だったのです。
どうして、その瞬間に言えないのか?

私の感覚的分析ですが、感じる速度がゆっくりなので、現実の方が先に進んでしまうからだという気がします。
どう思われますか?

こんな話もありますね。

確か南アメリカのどこかの話だったかと思いますが、現地の人に道を案内してもらい、目的地を目指していたら、案内人が座り込んで動かなくなりました。

早く移動しすぎて、心がまだ追いついていないから、今日はここまでしか進めない、と案内人は言ったそうです。
もっと会話の速度や、さらにいえば生きる速度を緩めたいと思うのですが、これがなかなか難しくて、気が付くとスピードが速くなって、交感神経優位な時間が長くなってしまいます。
心の速さ。
頭の速さ。
体の速さ。

このバランスがもっと取れるといいなと思っています。
さて、お知らせです。

次回の1dayスピーチセミナーの日程が決まりました。

 

6月3日(土)です。

今回もスピーチ受講席は6名限定のため、早々に満席になることが予測されます。
興味をお持ちの方は、お早めにお申し込みください。

スピーチのテクニックはもちろんですが、その方の印象が良くなるよう、個別に具体的なアドバイスを差し上げています。

前回のセミナーの様子はブログの記事でご覧いただけます。

 

人を巻き込むスピーチとは?

スピーチセミナーの詳細はこちら

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

 

それではまた。

西任暁子でした。
━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

無料ニュースレターのご登録はこちら

◇著書

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。

https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ

https://note.mu/nishitoakiko

■facebook

http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter

http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast

http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社

http://u-b-u.jp

■ご質問、ご感想などお気軽にお寄せください。

https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=12&f=25

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

「ITmediaエグゼクティブ」~ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術~に西任が執筆した記事が掲載されました 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

経営者やリーダー層向けの情報サイト

ITmediaエグゼクティブに、

西任が寄稿いたしました「伝わる話し方のコツ」の記事が掲載されました。

 

ITメディアエグゼクティブ記事

 

タイトルは
「あなたは何タイプ? 話し下手5つのタイプ別克服法」

話し方に関するお悩みは人それぞれ。

「結局、何が言いたいのかわからない」と言われてしまう。
という方がいらっしゃれば、

話すことは苦手ではないけれど、相手に伝わっているのかわからない。
という方もいらっしゃると思います。

この記事では、具体的な5つの話し方タイプの説明と、
タイプ別にコミュニケーションに加えたい伝わるコツをお伝えしています。

もうすぐ新年度が始まり、新しい出会いも多い季節ですね。
コミュニケーションを円滑にして、信頼できる人間関係を築きたい!
そんな皆さんへの道しるべになれば幸いです。

掲載された記事はこちら

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1703/30/news028.html

さらに詳しく知りたいという方は、こちらの書籍をご参考にしてください!

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

ビジネスマンのための損をしない話し方~雑誌『THE21』の取材をお受けしました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、雑誌『THE21』の取材をお受けしました。

西任が監修した新刊『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ』(ナツメ社)を読んでくださったことがきっかけとのことでした。

伝わる話し方のコツ

 

「話し方」や「伝え方」は徹底的に指導されるという機会がないので、

どうしても自己流になります。

大人になれば、話し方は自分に染み付いているので、直したくても一苦労。

相手が理解を補ってくれて、どうにかやり取りは成立しているように思えますが、

「この人は話していると疲れる」

「仕事ができない」

「とっつきにくい」

など、損をする印象を与えてしまっていることもあるかもしれません。

 

そこで、今回の取材ではタイプ別に話し方で損をしているポイントと改善方法を

西任がお話しさせていただきました。

 

 

・話をうまくまとめられない

・面白く話せない

・人前で話すのは緊張する

・早口になってしまう

・言いたいことが言えない

・話に入るタイミングがわからない

・会話が続かない

 

など、話し方にまつわるお悩みにお答えしています。

 

THE21取材

3月10日発売の『THE21』(PHP研究所)4月号に掲載されますよ。

※西任が手にしているのは、2016年12月号。こちらの内容も気になりますね♪

お楽しみに!

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年3月4日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

英会話番組から学ぶコミュニケーションのコツ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

西任暁子がナビゲーションを務める『Gaba シチュエーション別英会話』

「iTunes Rewindオールタイム ベストビデオ Podcast」を3年連続受賞した人気の番組。

 

gaba375

 

毎週土曜日に更新されるこの番組は、1回が10分程度。

同僚との会話から、取引先との会議での発言など、

毎日のビジネスシーンでよくある会話を学ぶことができます。

 

英会話を学ぶことができるのはもちろんなのですが、

それだけではなく、話し方や伝え方、コミュニケーションを学びたい方にもおススメしたい!

 

そう、ラジオDJとしてインタビュー技術の探究をしてきた西任のナビゲーションはコミュニケーションのコツが盛りだくさんなのです。

Gabaの先生とは、英語の解説についての対話だけではなく、

先生の人柄が見えるようなちょっとした会話を引き出しています。

日常会話や、営業先での雑談のヒントにもなるのではないでしょうか。

 

西任のスピーチトレーニングを受けてくださった方が、『Gaba シチュエーション別英会話』を見て得た日常会話のヒントをご紹介くださった記事を書いてくださっていました!

ありがとうございます!

 

▼ぜひご覧になってみてください

『元製薬会社営業マンの心と体の悩み解消法ノート』

~社会人の基礎力!英会話と話し方を身につけよう!ナビゲーターは話し方の先生!~

 

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

女性のための『本音に気づく会話術』

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

本当は、毎日穏やかに過ごしていたいのに、
家事や仕事、育児に追われてつい怒ってしまう。
後で振り返ってみると、怒鳴るほどのことでもなかったのに。

そんなお母様のお悩みを耳にしたり、記事で読んだことのある方、
そして、実際に体験したことのある方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

西任の著書『本音に気づく会話術』(ポプラ社)でお伝えしている、
「自分の本音に気づき、相手の本音を受け取る」
その考え方が、きっと世の中の子育てや家族関係でお悩みの方の心を軽くするのではないか。

本の取次トーハンの「ほんをうえるプロジェクト」のご担当者様から、
ビジネス書として発売されている西任の書籍を、女性向けエッセイとして書店に置きましょう!
と、ありがたいお話をいただきました。

 

%e3%81%bb%e3%82%93%e3%82%92%e3%81%86%e3%81%88%e3%82%8b%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88

 

女性向けのメッセージを入れた新しい帯になり店頭に並んでいます。

写真は金沢のブックスふかざわさん。

 

%e3%83%96%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e3%81%b5%e3%81%8b%e3%81%96%e3%82%8f

 

自分の感情をコントロールできないと感じた時、私たちは自分を責めてしまいがち。

そんな時、自分の心が動いた源にある本音に気づくことができれば、

自分にも人にも優しい言葉を投げかけることができるのではないでしょうか。

 

そんな視点で『本音に気づく会話術』を読んでいただけたら嬉しいです。

 

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネスシーンの話し方のお悩みにお答え! ~SMBCビジネスセミナー~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、秋晴れの気持ち良い日に「SMBCビジネスセミナー」で西任が登壇しました。

わかりやすく伝わる話し方のコツをお伝えする講座なのですが、

今回は、できるだけ参加者の方が「今、知りたいこと」に触れることができるよう、

ご質問をお受けしながら進めていきました。

 

dsc00057

 

ビジネスシーンでは、家族や友人のように関係性ができていない人とのコミュニケーションに

悩まれる方が多いのではないでしょうか。

 

今回も、「始めてのお客様や、年齢の離れたお客様とは、距離を感じてしまい、どう話したらいいかわからなくなる」

というお悩みをお聞きしました。

 

自社のサービスや商品の知識がどれだけあったとしても、

人間関係ができていないと、相手に話を聞いてもらえるのか不安になりますよね。

そんなとき、相手も同じように、「この人の話を聞いていいんだろうか」と不安に感じています。

 

だから、コミュニケーションの第一歩は「信頼」してもらうこと。

では、何があれば信頼してもらえるのでしょう?

 

dsc00059

 

知識が多いこと?

話がわかりやすいこと?

説得力のある話し方をすること?

 

どれも大切な要素ではあります。

でも、どんなに知識があっても、話がわかりやすくても、説得力があっても、

話を聞いてもらえる状態を作ることができなければ、意味がありませんね。

 

話を聞いてもらうには、受け入れる準備をしてもらう必要があります。

 

 

 

よく、ビジネスでも「雑談力」が必要だと言われていますが、本題を聞いてもらったり、

次の商談につなげるため、つまり話を聞く準備をしてもらうためだということは、みなさん実感されていると思います。

 

とはいえ、雑談で何を話せばいいのかわからないという方も多いようです。

雑談は、信頼関係をつくる鍵とも言えると思います。

 

何が信頼を作るかというと、それは「共通項」。

出身地や学校、好きな食べ物、スポーツ、音楽、

どんなことでも、「同じ」が多いと安心しますよね。

安心できる相手のことを、人は信頼するでしょう。

 

dsc00067

 

これは、ビジネスだけではなくプライベートでも同じですね。

初対面の方と距離縮めたいと思ったら、「共通項を探す」。

ゲーム感覚でやってみると苦手な雑談も楽しめるかもしれません♪

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2016年11月5日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

雑誌『PRESIDENT』~あなたの口グセの弱点&処方箋に西任の取材記事が掲載されました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ビジネス誌『PRESIDENT』10.31号のテーマは、

 

トップ直伝! 男を動かす、女を動かす

「超」ウケる言い方入門

 

president1031%e8%a1%a8%e7%b4%99

 

信頼され、人を動かすことができる人と、そうではない人の差は「話し方」。

特に、忙しいトップビジネスマンは、短時間で初対面の人とでも部下とでも、

コミュニケーションをとる必要があります。

その、わずかな時間で、どれだけわかりやすく伝え、相手と繋がりを深めることができるかが、

相手の行動を促す鍵になるとは、よく言われますし、実感されている方も多いのではないでしょうか。

 

今回の『PRESIDENT』の話し方特集で西任がインタビューをお受けしたのは

「上から目線で冷たい」と受け止められてしまう話し方の解説と処方箋。

 

「上から目線」で話そうと、意識する方はほとんどいらっしゃらないでしょう。

しかし、特に部下や目下の人に対して、気づかないうちに上から目線になっていることがあるかもしれません。

 

自分では気づかない、上から目線と受け取られる話し方が出やすい場面と、

その時の受け答え方のコツをご紹介しています。

 

president1031%e6%9c%ac%e6%96%87

 

もちろん、上司が部下に対して話すときに限らず、誰でも、どんなシーンでも

お役立ていただけるコツですよ。

たった数分でも変わるコミュニケーションのコツ。

普段の会話の中で、話し合いで、ぜひ試してみていただきたいと思います!

 

雑誌『PRESIDENT』はこちらからお求めいただけます。

http://www.president.co.jp/pre/

 

 

プレジデント 新聞広告

追伸:新聞広告には、西任の顔が出ていて、本人と一緒にびっくりしました。

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2016年11月5日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら