アーカイブ: 2015年10月

Googleの社内研修で一番人気の「マインドフルネス」を体験!~その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日の八重洲ブックセンターのトークイベント

『e-hon Presents 西任暁子の「ひらがな」で話そう! 』

では、一般社団法人 マインドフル リーダーシップ インスティテュート

代表理事の荻野淳也さんをゲストにお迎えして、「マインドフルネス」をテーマにお話を伺いました。

 

20151022八重洲ブックセンター_マインドフルネス4

 

Googleの社内研修で一番人気の「マインドフルネス」を体験!~その1~

の記事はこちら

 

【スピーチでもマインドフルネスな状態になる】

人の話を聞く時に集中できるのはもちろん、

自分が話をしている時にもマインドフルネスな状態になることが有効だそうです。

西任が講演をおこなっている時は、

もう一人の自分が、客観的に自分の話を聞き、

会場全体の様子を把握する集中力を持ちながら話しているという話をしていました。

 

 

準備してきた話をそのままするのではなく、

今、自分に、そして聞いている人に何が起こっているのかを

瞬時に察知して話を続けていくということです。

例えば、わからないなという顔をしている人がいれば、言葉を付け足して説明をする。

自分が話し始めた話から、発展して本筋から遠くなったら元に戻す。

それは、相当な集中力だと思います。

 

マインドフルネスな状態にあることで、

言葉を思い出そうとしたり、話しながら別のことを考えているのではなく、

その瞬間に必要な言葉で伝えることができるようになるんですね。

 

【電車の中や歩いている時でもできる瞑想法】

瞑想をしたいと思っても、なかなかできないと思う理由の一番は、

やはり忙しいから。

トークイベントの最中にも、荻野さんに瞑想法を解説してもらいながら

会場の全員の方にやってみてもらいました。

いろいろな瞑想法がある中で「呼吸に集中する」という瞑想法を実践してみました。

集中しようと思っても、なかなか難しいものですね。

いろんな言葉が頭の中に浮かんできます。

 

本来は、瞑想にかける時間は1回に30分はとった方が効果的だそうですが、

どうしても時間が取れない時には、5分でも1分でもいいから毎日取りくむと

いいそうですよ。

 

「マインドフルネス」をスピリチュアルな瞑想というイメージから、

「ビジネスに必要なスキル」として広めたいという想いで荻野さんは活動されています。

そして、出版されたのが

『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方』(日本能率協会マネジメントセンター )

 

電車の中や、歩いている時にもできる瞑想の方法が紹介されています。

ぜひ、お手にとってみてくださいね。

 

20151022八重洲ブックセンター_マインドフルネス

荻野さんと西任は、西任が荻野さんのセミナーに参加してからの友人であり、

西任のスピーチコンサルティングを受けていただいている

大切なお客様という関係でもあります。

そのためか、マインドフルネスのおかげか、満席の会場もリラックスした時間でした。

お越しくださったみなさん、ありがとうございました!

 

次回の八重洲ブックセンタートークイベントの開催が

決まりましたら、またこちらのブログや、

西任暁子無料ニュースレターでお知らせさせていただきます。

▼無料購読の登録はこちら▼

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Googleの社内研修で一番人気の「マインドフルネス」を体験!~その1~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スティーブジョブズが禅や仏教の教えを大切にしていたことが知られていたり、

米国のエグセクティブの間で瞑想ブームが広がっていることを

ご存知の方も多いのではないでしょうか。

Googleでは「マインドフルネス」という呼ばれ方で、瞑想が社内研修に取り入れられ、

常に数100人の受講待ちとなる人気の講座になっているそうです。

 

先日行われた八重洲ブックセンターのトークイベント

『e-hon Presents 西任暁子の「ひらがな」で話そう! 』

では、「マインドフルネス」をテーマにお話を伺いました。

20151022八重洲ブックセンター_マインドフルネス1

 

トークゲストは、一般社団法人 マインドフル リーダーシップ インスティテュート

代表理事の荻野淳也さん。

『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方』(日本能率協会マネジメントセンター )

 

【なぜ、マインドフルネスを始めたのか?】

 

ビジネスリーダーとして、時間を惜しむことなく働き続けていた

荻野さんが、友人の誘いをきっかけに出会ったのがヨガ。

そして、ヨガと切り離せない瞑想を体験されたそうです。

何をしていても仕事のことが気になってしまう毎日を過ごしていた

荻野さんが、瞑想をする時間を持つことで、

頭の中がスッキリするし、心が穏やかになっていくことを感じて

「これはいい!」と興味を持った…。

 

と、ここまでは想像できる話なのですが、

荻野さんがその次にひらめいたことが、ビジネスリーダーの荻野さんらしいところです。

 

「これで、もっと働ける!!!!」

 

もっと休みをとって、ゆったり流れる時間が必要だと感じられたのかと思いきや、

「もっと働ける!」とは驚きです。

 

瞑想をすることで、自分が気づいていないところで疲れていた心が

整ったり、集中力がつくと、まだまだ、活動できるというエネルギーが

沸いてくるものなのですね。

 

瞑想は、何もせずに座り続けるので時間がもったいないと思う方も

いらっしゃるかもしれません。

でも、瞑想の時間は何をしない時間なのではなく、

行動するためのエンジンを温める時間だということを、

荻野さんのお話から教えてもらいました。

 

 

20151022八重洲ブックセンター_マインドフルネス2

 

【ビジネスリーダーこそ瞑想を】

 

現在、荻野さんは企業のリーダーを中心に

最新の脳科学やリーダーシップ理論をベースにした

マインドフルネス研修やコンサルティングを展開されています。

部下を持つようになると、仕事は多いし、部下の話を聞く時間も必要。

とにかく忙しい中で、短い時間で的確に部下とのコミュニケーションをとる必要が出てきます。

 

ところが、あまりにも忙しくなると、部下から相談があったとしても、

「今、その話を聞いている暇はないんだけど・・・」

「自分たちで判断できるようになってほしい・・・」

「そういえば、あの件はどうなっているんだろう・・・」

 

と、部下の相談を聞いているようで、本当に耳を傾けて聞くことはできていないこともあるでしょう。

そんな時、マインドフルネスを日頃からおこなっていれば、

沸き起こる感情は一旦置いて、相手が何を伝えたいのか、何を問題と感じているのか、

本質を捉えることのできる集中力を持つことができるんだそうです。

 

集中力を持って話を聞くことができれば、

その分、判断や指示が早くできるということなのでしょう。

 

 

その2へ続く

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NVC(Nonviolent Communication)の合宿が始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)を学びに

現在、西任がアメリカ西海岸に出かけています。

NVCの海外合宿は3度目。

留守番をしているスタッフにとっては、大掛かりな海外出張という感じではなく、

時間をかけて、遠くまで「出かけたなぁ」という気軽な感覚です。

 

12143360_981086591929878_4274483751218900321_n

 

西任のfacebookページ

http://www.facebook.com/nishitoakiko/

をご覧頂いている方は、

「あれ? また行ってるの?」と思われたかもしれません。

 

どうやら、

NVCは、「ここからここまでがNVC」

というメソッドのようなものではなさそうです。

だから、学びは広く深く、終わりがないのでしょう。

 

NVCで大切にしていることは、一人一人の心の声に耳を傾けて、

それぞれの人が大切にしている価値(ニーズ)を満たすまで

話し合いを進めていくこと。

 

ある時は、心の声を聞くことができたけれど、

なかなか、心の声までたどり着くことができないこともあります。

 

大人になって(もしかしたら子供の頃から)

感情を出すことよりも、理性を優先させてコミュニケーションをとることが、

社会生活の中で大切だと学んできた私たちにとって、

「心の声に向き合う」ことは、非日常の果てしない旅のようです。

 

日常から離れて遠くまででかけたい。

忙しい毎日の中で、代わり映えのない風景を見ていると

そんなことを思うこともありますよね。

環境を変えられない時には、自分の心の中を旅する時間を

持ってみるのも良いのかもしれません。

 

 

12191924_981616161876921_2793848165387085410_n

 

この写真は、西任のお友達が住んでいるロサンゼルスの家から見た風景。

ここにいると、旅をしたいという気持ちが無くなってくると話していたそうです。

 

心の旅が日常の中で少しでもできたなら、

そして、心を日常で相手が受け取れるように表現できたなら、

日常そのものが、旅をしているような豊かな毎日に

近づくかもしれませんね。

 

 

1611014_981842238520980_1796181631422750701_n

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

上手に断れるようになるヒント ~近代セールス11月1日号~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

誰でも、頼まれごとをされたら期待に応えたいと思いますよね。

 

相手が困っていたら助けたいし、

がっかりされたくないという気持ちもあるかもしれません。

 

だから、今はちょっと期待に応えることが難しいと思っても断れない。

 

お願いする女性

 

 

ここで、ちょっと考えてみましょう。

もしもあなたが誰かに頼みごとをしたときに、相手が引き受けてくれたけれど、

辛そうにしていたり、我慢しているように見えたらどう感じるでしょうか。

 

力になろうとしてくれたことについてはありがたいと感じますが、

相手の行動を心から喜ぶことは難しいでしょう。

 

そう考えると、相手から頼みごとをされたら、

必ずしも相手が言うとおりに行動するだけが

答えではないと思えるのではないでしょうか。

 

そうは言っても、断ることには勇気がいりますよね。

そんな時、西任のコラムが参考になると思います。

 

金融機関で働く方向けの情報誌『近代セールス(11月1日号)』

「相手の真意がマルっと分かるコミュニケーション術」

というコーナーで、毎月西任のコラムが掲載されています。

 

近代セールス11月1日号

 

今回のタイトルは

「頼みごとへのNOはほかのことへのYES」

 

力になりたいけれど、引き受けられない。

そんな時に知っておきたい考え方や、

どうしたら、相手を傷つけることなく断ることができるのか、

具体的な例とともにポイントをご紹介しています。

 

『近代セールス』はオンラインでお求めいただけますよ。

『近代セールス(11月1日号)』

 

断れなくてストレスがたまってしまう。

断ったら気まずい空気が流れてしまった。

そんな経験のある方におススメです。

ぜひ、ご覧ください。

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015/10/21配信 明日の夜、トークイベント開催

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。
西任暁子です。

最近、瞑想をされる経営者やリーダーの方が増えていますね。

瞑想といっても、やり方はさまざまです。穏やかな気持ちになるもの、集中力を高めるもの、観察力を高めるものなど得られる効果もいろいろです。

難易度も瞑想法によって異なるので、最初にどんな瞑想法に出合うのかは結構、大切かもしれません。

明日の夜は、「マインドフルネス」という瞑想法についてトークイベントを行います。マインドフルネスは、「今ここ」にいられるようにする瞑想法です。集中力のほか、気付きを高める観察の瞑想とも言えるでしょう。

私はこれまで4種類くらいの瞑想を学びましたが、なかでもマインドフルネスはやりやすいので初心者の方にも入りやすいと思います。

トークゲストは、一般社団法人 マインドフル リーダーシップ インスティテュート 代表理事の荻野淳也さん。googleやfacebookなどでリーダーシップ研修として取り入れられているプログラムを日本で展開する荻野さんに、マインドフルネスの現状や、効果、やり方などについてお伺いします。

1022八重洲ブックセンター_マインド古ネス

ご都合の合う方、ぜひ遊びにいらしてください♪

<日時>
2015年10月22日 (木) 19:00~(開場18:30)

<会場>
八重洲ブックセンター本店 8F ギャラリー

<お問い合わせ>
03-3281-8201 八重洲ブックセンター

詳細:http://u-b-u.jp/blog/?p=1805

荻野さんの本:
e-hon → http://bit.ly/1GSkrCk
amazon → http://amzn.to/1LKpnP9

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
http://kai11.net/stepmail/kd.php?no=145327

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

 

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

HASUNA代表、白木夏子さんに英語のプレゼンテーションをコンサルさせていただきました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ジュエリーブランド HASUNAの代表を務められる白木夏子さん。

Forbes誌「未来を創る日本の女性10人」にも選出された、
ビジネスで社会を変革していく活動をされている美しい女性です。

 

白木夏子

白木夏子

 

先日、大阪で開催されたEO(Entrepreneur’s Organization)に
スピーカーとして参加されるということで、
英語のプレゼンテーションをコンサルティングさせていただきました。

 

EOは現在48か国11,000人の起業家によって構成されている組織で、
夏子さんがこれまでに参加されたダボス会議や他の国際会議と比べると
全員起業家という同じ立場だからかより一層心が近く感じられて
打ち解けられる人が多かった気がしたのだそうです。(ご本人のfacebook投稿より)

 

夏子さんは、ロンドン大学を卒業されているので英語は堪能でいらっしゃいますが
やはり大勢の前でプレゼンテーションとなると、緊張されるとのこと。

そこで1回目のコンサルは、日本語でわたし、西任と二人でおこないました。

 

夏子さんに準備して来てもらったスライドと全体の構成を
ディスカッションしながら、さらに伝わる構成に仕上げていきます。

スライドも、文字が多いものはできるだけ省き、映像や写真だけにするなど
枚数を絞っていきました。

 

常々お伝えしていることですが、
自分が話したい順番ではなく、聴衆が聞きたい順番に構成を作り変える
作業に、夏子さんは目からウロコだと驚かれていました。

 

できあがった新しい構成に基づいて、スライドと英語原稿を準備された夏子さん。

2回目のコンサルは、TVのコメンテーターなどで活躍する
John Daubさんも交えて3人でおこないました。

Johnさんは、英語表現をより洗練されたものに磨き上げてくれるだけではなく、
聴衆との関係を深めるオープニングの素晴らしいアイデアも提案してくれました。

 

「これはいいね!!!」
「うわぁ。これは会場とひとつになれそう!」

 

3人で盛り上がりながら、全体が仕上がっていきました。

 

全体をかっちり作りこむのではなく、あえてラフな個所も残しました。

夏子さんがご自身の体験について語られるときには、正しさよりも夏子さんという
人間そのものが伝わることが何よりも大切だからです。

 

スピーチやプレゼンで伝えているのは、情報だけではありません。
正しい情報なら、文章を読んだ方が確実に伝わります。

なぜわざわざ話を聞くのか?

それは、その人の存在そのものを聞いているからです。

 

EOでのプレゼンテーションはすばらしい時間になったようです。

さっそく夏子さんより、ご感想をいただきました!

 

——–

 

この度は、コンサルティングで指導いただいて本当にありがとうございました。

英語スピーチで本番で緊張せずに、最後まで話通せたのはこれが初めての経験です。

この経験によって、プレゼンテーションやスピーチで一番大事なのはハートだけれども、

それでは完成度は50%ぐらいで、それにちゃんとしたスキルが加わることによって

100%のものになるのだと実感しました。

 

終わったあともたくさんの方々から話しかけていただけて、

「君のスピーチが一番よかった!!」と言ってくださった方がちらほら・・・

西任さん、そしてジョンさんのおかげです!!

私が書いた原稿をほとんど直すことなく、微修正だけで伝わる方法を教えてくださったことが、

緊張せずに臨めた理由でもあり、目からウロコでした。

またこれからも、どうぞよろしくお願いいたしますー!

 

——–

 

オーディエンスに夏子さんの持っている情熱が伝わったことを感じて嬉しくなりました。

夏子さんこれからもますますご活躍くださいね。

(執筆:西任暁子)

HASUNA http://www.hasuna.co.jp/

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

介護に疲れた時、心が軽くなるヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人は、誰もがその人だけの経験、思い、感情がある。

それが言葉になって、人に届いた時に価値が広がる。

だから、話し方を学ぶことは自分の価値を広げることなのだと思います。

 

正に、話し方を学んで、自分にしか伝えられないメッセージを届け始め、

活躍している西任の生徒さんがいます。

 

12019808_838345642947923_4591292859760900996_n

 

【 自分が幸せになることを許してあげてほしい 】

 

自分が頑張れば、それでいい。

人に迷惑をかけてはいけない。

本当は助けを求めたいのに、一人で頑張ってしまう。

 

 

かつての自分が経験した苦しさを感じている人がいるならば

手を差し伸べたい。

その想いで活動をしている 橋中 今日子さん。

 

彼女は、理学療法士として病院で勤務しながら、

家族3人を20年もの間一人で介護してきました。

 

彼女が今、伝えているメッセージは、

どんなに介護が大変なことかということでも、

こんな風に介護をしたらいい、ということでもありません。

 

心理学、話し方、コミュニケーションを学んできた彼女が

これまでの自分の経験を踏まえて

誰もが幸せに生きていくための、

自分と周りの人との幸せな付き合い方を

伝えているのだと思います。

 

その橋中さんが、単独の講演会を開催することになりました。

 

<介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント>

 

 

12068577_707248022742076_1201356740600580488_o

 

今、介護をしているという方はもちろん、

家族や友人、職場での人間関係に悩む方、

漠然と未来への不安があるという方にもお聞きいただきたいと思います。

 

—- 講演会内容 —-

 

<介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント>

 

◆「今まで平気だったのに、だんだんしんどくなってきた」原因はこれ!

◆「だから苦しかったんだ!」がわかる思考整理の3つのヒント

◆「これを知ったら、気持ちが楽になった!」心が整理できる秘策!

◆「ちょっとしたことでイライラしちゃう!」ときの対策

◆介護疲れが激減したAさんの事例

 

 

▼ 講演会の詳細はこちら ▼

この案内を読むだけでも、橋中さんの想いが伝わってきます。

http://kyonchankaigo.com/tokyo/

 

一人でも多くの方が、橋中さんの話を聞いて

心が軽くなる体験をしていただけたらと願っています。

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

すれ違いが起こらないための「観察」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

人に何か言われた時に心がザワっとする。

反論したくなる。

相手と心がすれ違っていることを感じる。

そんな経験は誰にでもあると思います。

 

発言をしたその人が「そう感じた」のだとは理解できるけれど、

それを、さも「事実」であるかのように相手が話していると、

 

「そんなつもりじゃないのに」

「こんな面もあるのに」

「わかってもらえていない」

そんな思いが湧いてきますよね。

 

人はこれまでの経験や知識で作られたフィルターを通して見たことを話す、

つまり「主観」で話をしています。

 

そして、相手が認識している出来事と自分が認識している出来事に差があることに気づいた時、

「違う!」

と反発し合うエネルギーが生まれます。

 

反発している時には、例え相手がアドバイスとして話すことでも

受け入れることは難しいですよね。

 

例えば、子供の部屋が散らかっているのを見て、

母親が注意するとします。

 

「いつもあなたの部屋は散らかっているじゃない。早く片付けなさい!」

 

確かに、その時部屋は散らかっていたのでしょう。

しかも、散らかっているのは一度や二度ではないのでしょう。

 

でも、

子供本人にしてみれば、

朝は片付けたけれど、学校から帰ってきて荷物を開いたから散らかったのかもしれないし、

昨日は綺麗にしていて、今日は疲れて片付けられていないのは、

「いつも片付いていない」のではない。

と思っているかもしれません。

 

souji_kitanai_woman

 

母親が伝えたかったことは、苛立ちではなく、

「部屋をきれいに保ってほしい」

「きちんとした大人になってほしい」

という願いでしょう。

 

それなのに、「いつも散らかっている」という言葉から子供が受け取るのは、

「うるさく言われた」ということ。

 

母の願いを受け入れることのできる心のスペースは、

「違う!」

「わかってもらえない!」

そんな反発心によって小さくなってしまいます。

 

そして、お互いに嫌な気分になってしまう。

 

コミュニケーションの第一歩は、

自分の「主観」は一旦横に置いて、

「事実」を伝えること。

 

 

西任が今、コミュニケーションのセミナーで取り入れている

NVC(Non Violent Communication)非暴力コミュニケーションのメソッドでは、

「観察」からコミュニケーションがはじまります。

解釈を加えずに「事実」を観察して、あるがままを伝えるのです。

 

人は、物事を見て瞬時に判断を加えるので、

あるがままを見て言葉にすることはなかなか難しいものですよね。

よく観察をすれば、事実が何であるかわかりますが、

もしも、「これは事実なんだろうか? 主観が入っているのだろうか?」と

わからなくなってしまったら、この基準を思い出してみてください。

 

「事実は、誰に聞いても「YES」と答えられるもの」

 

相手にアドバイスや注意をする時には、

一度、YESで理解の一致を確認する。

 

「YES」がスタート地点になれば、

建設的なコミュニケーションになりますね!

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

八重洲ブックセンターでトークイベントを開催します

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

 

毎回大好評の『西任暁子の「ひらがな」で話そう!』を10月22日の夜に開催します!

ゲストは、西任の友人でもある荻野淳也さん。

「Google、インテル、ハーバードが実践する マインドフルネスとは?」

というテーマでお話を伺います。

 

 

 

1022八重洲ブックセンター_マインド古ネス

 

たくさんやりたいことがあり過ぎて、

ひとつのことに取り組んでいても、他のことが気になって集中できない。

毎日、忙しくてあれもこれもと行動していたら

なんだか心が落ち着かなくなってきた。

 

そんな時、きっと役立つヒントがあることでしょう!

 

イベントの詳細はこちら

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/7920/

荻野さんの本はこちら

e-hon   → http://bit.ly/1GSkrCk
amazon  → http://amzn.to/1LKpnP9

 

八重洲ブックセンターからのご案内です。

▼   ▼   ▼
”マインドフルネス”という言葉を聞いたことがありますか?

スティーブ・ジョブズが禅の実践家だったことは有名ですが、

マインドフルネス瞑想は、自分の身体や気持ちの状態に気づく力を育む

「こころのエクササイズ」として、Googleやインテル、Facebook等といった

世界の名だたる企業、ハーバードやスタンフォードといった世界のトップスクールが取り入れ、

その効果が世界で注目を集めています。

マインドフルネスとはどういうものなのか? どんな効果があるのか?

どうやったら実践できるのか?等といった素朴な疑問について、

マインドフルリーダーシップインスティテュートの代表理事の荻野淳也さんにうかがいます。

集中力と創造力を高めたい方、ストレスを減らしたい方、

瞑想×脳科学がもたらす新しい働き方を知りたい方は必見です!

ぜひこの機会にご参加ください。

 

※終了後、サイン会を実施いたします。
日時:2015年10月22日 (木) 19:00~(開場18:30)
会場:本店 8F ギャラリー
参加費:税込500円
募集人員:80名(申し込み先着順)※定員になり次第、締め切らせていただきます。

申込方法:
八重洲ブックセンター本店1階カウンターにてお申し込みください。参加整理券を差し上げます。
また、お電話によるお申し込みも承ります。
(電話番号:03-3281-8201)
主催:八重洲ブックセンター
協賛:日本能率協会マネジメントセンター/トーハン

 

 

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

本日10月7日の日経MJに西任が寄稿しています

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

日本経済新聞社が発行するマーケティング専門紙「日経MJ」の
~学ぶ磨く面~に西任の記事が掲載されています!
西任の著書「話すより10倍ラク! 聞く会話術」のポイントをお伝えしています♪

 

日経MJ_タイトル 日経MJ記事

 

営業をする時、本題に入る前の何気ない会話がうまく盛り上がらない。

パーティーなど、初対面の人が集まる場所で、

どうふるまったらいいかわからない・・・。

 

など、話すことに苦手意識を持っている方でも、

今日からやってみようと思うポイントをまとめています。

 

早速、西任の生徒さんが読んでくださったそうです。

 

聞く会話術で書かれているポイントにあるように、

「コミュニケーションは相手を好きになることから」

ということを頭ではわかっていても、

いざという時には、「何を話そう・・・」と考えることに精一杯。

そんな時、相手を好きになることを思い出してみようと

意識できたと喜んでいただけました。

 

駅の構内の売店などでお求めいただけますよ!

通勤途中にぜひお手にとってご覧ください。

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら