アーカイブ: 2015年11月

2015/11/28配信 拍手がもつ暴力

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。西任暁子です。

私は、「拍手」がもつ力についてずっと疑問を持ってきました。

拍手とは、自分の内側に生まれた感動や称賛を表すために使う手段です。

しかし、拍手は違う目的に使うこともできると思いませんか。

昨日、舞台『Battlefield』を見に行きました。

cdc4a906168830032d2f7e7877c3f8f9_s

ピーター・ブルックという演劇界の巨匠が演出した世界の三大叙事詩『マハーバーラタ』の芝居です。

80分の舞台の終わりが近づくと、ジャンベという打楽器の演奏がはじまりました。役者たちは皆、舞台に座りこんでその演奏を見ています。数分の演奏が止まって生まれたしばしの沈黙。

音は鳴っていませんでしたが、ジャンベ奏者の体はまだ終わりを告げてはいませんでした。それは小休止なのか終了なのか?少なくとも私にはわからなかった。この後どうなるんだろうとワクワクしながら、沈黙を味わっていました。

その時です。観客の一人が大きな音で拍手を始めたのです。それはまるで、その沈黙に耐えられないと言っているかのような拍手でした。その後、シアターには「あ、終わりなんだ」という空気が流れ、皆同様に拍手を始めました。

私は、拍手できずに舞台をじっと見ていました。舞台上には、明らかに「戸惑い」が見られました。

”今のは「終わり」ではなかったんだ。”私はそう感じました。拍手が暴力的に舞台を終わらせてしまったのだ、と。

俳優達とジャンベ奏者は、集まって礼をし、いわゆる終わりの儀式へ進みました。でも、彼らの身体からは相変わらず「終わった」という気配は感じられませんでした。

それはアメリカのミュージカルをたくさん見ている私が、サービス精神に満ちたアメリカ人エンターテイナーの笑顔に慣れすぎているため、イギリス演劇の静かな終わり方に勝手な意味を付与しただけなのかもしれません。

でも、私にはどうしても、あの瞬間は、終わりではなかったと感じられて仕方がないのです。拍手が鳴らなかったあの続きを見てみたかった。
あの沈黙をどうやって終わりへ導くのか?それともまた次の音を鳴らすのか?

それは、決められていなかったのかもしれません。即興に任せられていたのかもしれません。そういう意味においては、観客とのコラボレーションによって、あの場で終わりの瞬間が決められたので、ある意味、演出の意図の通りだったと捉えることもできるでしょう。

それでも私は、拍手がもつ暴力性にひとりで憤っていました。

拍手だけではありません。

手段は目的を失うと無意味になるどころか、意図しなかった意味を発信します。

だからこそ、大切なのは、手段とは目的のためにあるのだ、と忘れないことだと思うのです。

追伸:

ピーター・ブルックの『Battlefield』は、明日日曜まで、新国立劇場で上演されています。
すべての瞬間に在る真実に、身体がずっと震えている、そんな舞台でした。
御年90歳のピーター・ブルックの舞台が見られるのは、いつが最後になるかわかりません。
お時間と興味のある方には、ぜひ足を運んでほしい舞台です。

http://www.parco-play.com/web/program/battlefield/

201510140001_ex

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015/11/27配信 満席になりました & 受け取りやすい褒め方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。西任暁子です。

昨日お知らせした1dayスピーチセミナーのスピーチ受講席が、先ほど満席になりました。

オブザーブ受講席のお申し込みは引き続け受付中です。

また、スピーチ受講席はキャンセル待ちを受け付けています。

ご検討中の方は、どうぞお早めにお申し込みください。

お申込みはこちら。
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

【受け取りやすい褒め方】

先日、雨の中、傘を持っていなかったので、友人の傘に入れてもらった時のことです。
カエル
頭のてっぺんよりも、ずいぶん上に傘を持っているなあと思った私は、「傘の位置、高すぎない?」と言いました。すると「そうかなあ?いつもこれくらいかも~」と言われました。その理由をたずねてみると、人とぶつからないようにしているとのこと。

「やさしいね」

そう言ったわたしの言葉を、相手が受け取ったようには見えなかった時に感じたことがあります

「やさしい心遣いだね」って言えたらよかったな。

「やさしいね」の主語は、声にしていませんが、「あなたは」です。

「あなたは、やさしい」と言われた人は、自分という人間が一面で切り取られ、決めつけられたような印象から、その言葉を受け取りにくくなります。

一方、「やさしい心遣いだね」の主語は、「その考え方は」や「その行為は」となります。
だから、言われた人は、自分という全存在ではなく、自分の言動に焦点が当たっていることを感じるため、受け取りやすくなると思うのです。

これは否定的なことを言う時も同じです。

「つまらない」「だめだな」などと言われるのと、自分という存在全体が、否定されたようで苦しくなるわけです。伝える側が、主語を相手の言動にすることで、相手の受け取り方は大きく変わってくるでしょう。

人は、決めつけられるのが好きじゃありません。

私たちは、自分のことさえよくわかっていないのに、相手のことをそんなによくわかっているのでしょうか?

相手のことを自分はわかっていないという前提に立つことができた時、言葉の乱暴さは軽減されるのかなと思います。

(日々努力中)

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015/11/26配信 年末年始の過ごし方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。
西任暁子です。

3冊目の出版が、来年春に決定し、原稿を書き始めました。年末年始は、ずっと東京で執筆の毎日になりそうです。

その執筆をちょうど終える1月末に、次回1dayスピーチセミナーの開催が決定しました!
1day_speech
毎回、全国から幅広い層の受講生が参加されるこのセミナー、今回もいろんな方に出会えますことを楽しみにしています。

前回の参加者は・・・。

外車ディーラーの人事の方、ベンチャーキャピタル経営者、IT会社社長、保険セールスの方からWEBデザイナーの方など。

こんな感想をいただきました。

■正直、ここまでの変化が1日でみられるなんて思っていませんでした。学びの多い1日となり感動しました。

■スピーチを体系的に学んだのは初めて、とても勉強になりました。

■西任さんの指導を直接受けることができて、本当に良かったです。普通に生活をしていては、自分の話し方についてフィードバックをもらえることはありません。褒めてくださるところは褒めてくださり、自信にもつながりました。

営業マン

開催日は、2016年1月31日(日)。
4時間分の動画セミナーもついてくるので、繰り返し学べるセミナーです。

詳細・お申込みはこちらからどうぞ。
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

西任暁子

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

福助株式会社様でコミュニケーションの講演をおこないました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

「新しい可能性を広げるコミュニケーションの極意!!」
このタイトルで、先日西任が福助株式会社様にて講演をおこないました。

タイトルから、会社が発展していくための力を生み出していきたい!
という意気込みを感じます。

 

福助株式会社講演1

 

 

2336975051._CB380637828_SX300_

商品の企画・開発から販売までには、

アイデアの発表から会議、交渉まで様々なコミュニケーションが必要となります。

いい商品を世の中に広めていくために、そして利益を上げるためには

まず、社内コミュニケーションを円滑にすることが大切。

どんなことに注目することから始めたらいいのか。

 

そんなご相談から、今回の講演の運びとなりました。

 

 

福助株式会社講演2

 

 

講演は、参加者の方とのディスカッションや、

簡単なワークを取り入れながら進めさせていただきました。

 

 

若手社員の方から、ベテランで役職のある方まで、

同じ知識と体験を共有されたことは、

今度は、社内でコミュニケーションを取りながら、さらに学びを深めていき、

会社に還元していく第一歩になったことと思います。

 

福助株式会社講演3

 

参加いただいた社員のみなさまから、

アンケートにて嬉しいコメントをたくさんいただきましたので

一部をご紹介します。

 

■コミュニケーションに関しての講演会ということで、もっと技術的な
話かと思っていましたが、もっと深くて根本的で心理的な話で
とても興味深く聞かせていただきました。

■仕事だけでなく、生活のあらゆる場面で役に立つ内容でした。
職種上、様々な方と様々なコミュニケーションを取るシーンがあるので
しっかり心に留めて実践していこうと思います。

■ディスカッション形式で最後まで聞きやすかったです。

■部内のミーティングに活かそうと思いました。

■今まで全く気にしていなかった会話・感情のニーズを知り、
人間的にレベルUPしたと思う。

■相手のことを受け入れてから自分の話をしようと思いました。
西任さんの話し方がとてもステキだったので参考にしたいと思います。

■もっと早く、若い時に聞いてみたかったです。
でも、始めることに遅いことはないので
少しでも学んだことを実践していきたいです。
営業全員の話を聞くこと、伝えたい想いをその場で伝えていくことを
実践しようと思いました。

 

 

忙しい業務の中で、コミュニケーションを見つめてみる時間を取ることは、

なかなか難しいですよね。

でも、一度コミュニケーションを見直すことで、業務の展開が

これまでよりもスムーズになれば、

より効率的に時間を使えることになるはずです。

 

 

ベテランの社員の方より、

「一生学び続ける必要があると感じた」とのコメントをいただき、

学び、学んだことに取り組む時間は、仕事の作業をすることと同じくらい大切だと感じました。

 

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

勤労感謝の日に開催する講演会のコンサルティングをおこないました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

来週11月23日(月)は勤労感謝の日ですね。

3連休になるので、お出かけされる方も多いのではないでしょうか。

先日は、勤労感謝の日に講演会を開催する橋中 今日子さん(介護者メンタルケア協会代表)の

スピーチコンサルティングをおこないました。

橋中今日子さん個人コンサルティング

90分という長い時間の講演会を、

聞き手が最後まで集中して聞けるにはどのように構成すれば良いか、

共感を得るには、どのような事例をご紹介したら良いのか、

聞き終わったら、「○○をやってみよう」と行動に移したくなるよう導けるか、

たくさんのコンテンツ(伝えられる内容)の中から

厳選して講演会でお伝えする内容が決まりました。

 

「介護の経験がないアコさん(西任の生徒さんはこう呼んでいます)が

自分だけで原稿を考えるよりも、分かりやすく伝わるようにしてくれた!!!

相談して良かった!!!」

と喜ばれていました。

この3年間、西任から学び続けてくださっている橋中さんですが、

学ばれる度に新しくスピーチのコツを発見されているようです。

 

講演のテーマは『介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント』

家族の介護をしていると、

「人に頼ってはいけない! 自分が頑張らなくては!」

と自分を追い詰めてしまったり、

介護と仕事の両立がうまくいかないことがあります。

 

気づかないうちにストレスはたまる一方。

でも、家族のためだからと誰にも相談せずに

一人で抱え込んでいる人が多いそうです。

 

そんな方に向けて、少しでも心が軽くなるヒントを

橋中さん自らの介護経験を通してお話されます。

 

——–

〜介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!〜

【介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント】講演会

【日程】11月23日(月・祝)
【開演】19:30〜21:00(開場18:45〜)
【会場】文京シビック小ホール
 http://bunkyocivichall.jp/access
【参加費】2000円

 

▼詳細はこちら

http://kyonchankaigo.com/tokyo/

 

12068577_707248022742076_1201356740600580488_o

 

ホワイトボードからはみ出そうなくらいの文字には、

橋中さんの体験と、これまでの話し方の学びが凝縮されていました。

 

講演会だけではなく、

セミナーだったら何をテーマにする?

出版だったら・・・? と

コンテンツがまとまってきたようです。

 

今、ご家族の介護をされている方も、

これから、介護をする可能性のある方も、

是非、橋中さんのメッセージを受け取っていただきたいと思います。

 

<橋中 今日子さんプロフィール>

理学療法士・リハビリの専門家として病院に勤務。
プライベートでは家族介護歴20年。
認知症の祖母と重度身体障害の母と知的障害の弟の3人を
シングル介護してきた経験を持つ。

介護疲れ、
燃えつきを体験したことをきっかけに、
心理学、カウンセリング、コーチングを学ぶ。
現在、心理カウンセラー、メンタルコーチとして、
家族介護者を心身両面からのサポート活動している。

 

——–

〜介護をしていることで、自分の人生をあきらめないで!〜

【介護に疲れたとき、心が軽くなるヒント】講演会

【日程】11月23日(月・祝)
【開演】19:30〜21:00(開場18:45〜)
【会場】文京シビック小ホール
 http://bunkyocivichall.jp/access
【参加費】2000円

▼詳細はこちら

http://kyonchankaigo.com/tokyo/

 

——–

 

橋中今日子さん講演会

 

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015/11/19配信 喉、鼻、肩凝り、頭痛にいいモノ見つけました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。西任暁子です。

最近、日々の気温差が大きいので、体調を崩している方が周りに多いのですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?

最近、とてもいいケアグッズに出合ったのでご紹介します。

http://amzn.to/1j8KkIb

乾燥して喉が腫れてしまった夜、マスクにこのオイルを垂らして眠ったら、
なんと朝には腫れがひいているではありませんか!

これまでは、shigetaというオーガニックアロマオイルを使っていたのですが、このイムネオール100は、実感できる効果がより大きかったうえに、同じ価格で量は3倍もあるのでかなりお得です。

使い方としては、

・マスクにつける。
・直接喉や胸元に塗る。
・うがい薬として、1~2滴。
・入浴剤として、数滴。

また肩凝りには、肩に直接、頭痛にはこめかみなどに直接つけるととても楽になります。

風邪予防としてもオススメです。

150125self_care-thumb-640x360-83492

久しぶりに感動的ないいモノに出合えたので、ご紹介でした。

みなさま、この秋もどうぞお元気でご活躍くださいませ。

追伸:昨日は福助(株)で講演でした。
あたたかなおもてなしの数々に、福助という会社と社員さんと商品の大ファンになりました!

2336975051._CB380637828_SX300_

特に、このブランドのタイツがとっても素敵です!
http://shop.fukuske.com/shop/ladies/item/list/category_id/69

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

目的を達成する話し方 ~保険営業のセミナーをおこないました~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

先日、トップ営業マンから圧倒的な支持のある染宮勝己さんの

「最強セミナー」で西任が講義をさせていただきました。

 

タイトルは

「目的を達成する話し方

~どれだけ話したかより、どれだけ受け取ってもらえたかが勝負~」

 

染宮最強セミナー1

 

 

「目的を達成する話し方」と聞くと、

戦略的な印象を持ったり、

特別なトーク術のことだろうか? と思われるでしょうか。

 

 

【毎日、目標を達成するために話している】

 

目的を達成するために話すのは、

特別なことではなく、誰でも毎日、何度もおこなっていることです。

 

朝に挨拶をするのは、

相手とのつながりを持つ、

良い人間関係を保つ、

気持ちよく1日を始める、

などの目的があるでしょう。

 

1日が始まれば、物を取ってもらったり、仕事の依頼をしたり、

契約を結ぶためにお願いを何度もするでしょう。

全て、相手に行動してもらう目的で話をしているわけです。

 

けれど、

こうしてほしいな。こうなってほしいな。と目的を持って話しても、

目的が達成されない時があります。

 

お願いを聞いてもらえない。契約が取れない。物が売れない。

その一つ一つの成功率を上げるのが

「目的を達成する話し方」

 

 

【話すよりも前に大切なこと】

 

「話し方」を改善したいと思う時、

私たちは「どれだけ話したいことを話せるか」ということに焦点をあてがちです。

確かに、言葉がスムーズに出てくることや

伝えたい重要なポイントを言い忘れないことも大切でしょう。

 

ところが、どんなにセリフを準備したとしても、

相手が受け止めることができなかったら、目的は達成されないでしょう。

だから、

話す前に一番大切で、一番時間をかけて学びたいことは

「話を聞いてもらえる関係づくり」なんです。

 

今回のセミナーでも、

・人がどうやって話を受け止めているのかを理解し

・どうやって話を聞いてもらう準備をするのか

に時間をかけてお伝えしていました。

 

 

関係づくりは当たり前!

そう思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

意識するまでもなく、信頼関係を築いているのだと思います。

では、信頼関係を築くのが上手な人は何をしているのでしょう?

 

一言で言えば、「相手を受け入れて」いるんです。

受け入れてもらえていると感じる人の話は、

素直に聞くことができますし、自分の話も聞いて欲しいと思いますよね。

 

DSC01006

 

 

 

【相手を受け入れるための最初のステップ】

 

相手を受け入れている状態というのは、どんなセリフを言うかではなく、

どれだけ寄り添うことができるかということ。

相手と同じ心を持つことはできませんが、

どんな価値を持っているのか、

どんなことに不安があるのか、

どんなことが嬉しいのか、理解しようと努めることはできます。

 

そうは言っても、自分の立場や価値観と全く異なる人を

理解するのはそう簡単ではないと思います。

・なんでこんなことを考えるんだろう?

・どうしてこんな態度を取るんだろう?

・もっと、○○してくれたらいいのに・・・。

 

そんな気持ちが沸き起こってくると、相手の心に寄り添うどころか

どんなテクニックを使ったとしても、心は離れていくばかり。

 

完全に相手を受け入れる。

それは、一筋縄ではいかないようです。

 

だからと言って、絶望的になる必要はないのだと思います。

セミナーでは、信頼関係を作るための具体的な行動をご紹介していました。

ヒントは「共通」。

 

共通点を見つけることはもちろん、相手の呼吸や言動に合わせていくこと、

つまり、共通点をその場で作ることで、

安心して話を受け止めてもらえる信頼関係が始まるのではないでしょうか。

 

今、西任は相手との関係づくりに大切なコミュニケーション

「NVC Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)」の合宿中です。

これからのセミナーでも、きっとNVCでの学びが盛り込まれていくことでしょう。

 

営業でのコミュニケーション、

社内のコミュニケーション、

家族のコミュニケーション、

など、あらゆる人間関係をより良い方向へ導く道が

明るく照らされていきますように。

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ごごたま出演の「ブックプレゼンター」がやってきた!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今日の東京の最高気温は15度。

つい最近まで半袖で過ごすことができていたのに、

コートが必要になる秋らしい気候になりました。

 

秋といえば、読書の秋。

ゆったりくつろぎながら、言葉を味わいながら

本を読める時間は贅沢ですよね。

 

先日、西任の生徒さんであるブックプレゼンターの

吉村博光さんが、U.B.U.の事務所をたずねてくださいました。

 

ごごたま吉村さん

 

「ブックプレゼンター」とは聞きなれない言葉かもしれません。

吉村さんは、西任のセミナーを受講されていた頃から

テレビ埼玉の生活情報番組「ごごたま」の「本に恋して」というコーナーに

「ブックプレゼンター」という名で出演し、

名前の通り、おススメの本や書店の魅力をプレゼンテーションされています。

 

本を読もうとは思うけれど、たくさんあり過ぎてどんな風に選んだらいいかわからない。

そんな時、本を選ぶプロにおススメしてもらうと、

読んでみよう! という気持ちになりますよね。

実際に、「番組を観て本が読みたくなった」と視聴者の方からたくさんの声が寄せられて、

コーナーが始まってから2年目には時間枠が2倍に拡大されたそうです。

 

 

出版社と書店の間をつなぐ本の流通会社「株式会社トーハン」に勤める吉村さんは、

社内公募で発足された「ほんをうえるプロジェクト」のメンバーとして、

テレビ出演のほか、書評サイトHONZのライターとしても活躍されています。

 

吉村さんが10月初旬に掲載された記事

凄みある現場の声 『「子供を殺してください」という親たち』

yahooニュースなどで取り上げられて、SNSでの「いいね!」が

何千件もつき話題になりました。

 

記事の公開から1ヶ月たった今も、HONZの人気記事で1位となっています。

HONZ記事ランキング

 

人気記事の1位となっている吉村さんの記事はこちら

凄みある現場の声 『「子供を殺してください」という親たち』

 

 

 

吉村さんのメッセージがなぜ、視聴者や読者に伝わるのか。

 

それは、一貫して観る人、読む人をイメージして伝えているからでしょう。

 

 

テレビ番組<ごごたま>の「本に恋して」コーナーの放送は夕方17時前。

その時間に、どんな方がテレビを観るのか、どんな状態で観ているのか

想像しながら本を選んでいるそうです。

相手のことが見えているから、

どんな切り口や言葉でおススメするかも、自ずと決まってくるのでしょう。

 

オンラインサイトの記事でも、もちろん読む人を想像されます。

どうしたら、最後まで記事を読みたくなるのか。

そして、本を読みたくなるのか。

さらには、オンラインの記事では「拡散」されるという要素があります。

どうしたら、人にもおススメしたくなる記事になるのかを考えて

フレーズを入れるように工夫されているのだそうです。

 

相手を想像することから始まり、

先まで読みたく(聞きたく)なること、そして広めたくなることを

考えて伝えるのは、スピーチでも全く同じですね。

 

改めて、伝える・伝わる話し方の「いろは」は大切だと感じました。

 

 

トーハン吉村さん

 

 

ちなみに、西任が『「ひらがな」で話す技術』出版にあたり、

八重洲ブックセンターで初めて開催していただいたイベント

「e-hon Presents 西任暁子の「ひらがな」で話そう」を

プロデュースしてくださったのも吉村さん。

 

おかげさまで、このイベントは2012年から3年間続き、

イベントを毎回楽しみにしているファンの方がいらっしゃるほど

人気のイベントになりました。

 

本は、出版社の方はもちろん、

こうして、広めてくださる方のおかげでたくさんの方に届き、

本を楽しみ、学び、感じ、考え、行動するという

豊かな時間をもたらしてくれるのですね。

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします!

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら