アーカイブ: 2015年12月

茨城県経営品質協議会様にて講演をおこないました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

昨日は、NPO法人 茨城県経営品質協議会様の例会で

講演をさせていただきました。

タイトルは

「コミュニケーションの本質「聴く・話す」を一緒に考えてみませんか

~私たちは相手の話をひらがなで聞いている。

伝えたいことが届いていますか~」

 

IMG_9231

 

 

私たちは、話すときに「うまく伝えること」にフォーカスしがちです。

でも、「うまく伝える」とはどのようなことでしょう?

自分が話したいことを、全て話せたとしても、

相手がその全てを受け取ることができていなかったら、

もっと言えば、

受け取る準備ができていなければ、

相手のためを思って話したつもりでも、伝わらないことがあるでしょう。

 

IMG_9230

 

大勢の前で話す時も、一対一で話す時も、

話を受け取ってもらえるよう、相手との関係性を築くことが第一。

 

その上で、

「わかりやすい」話し方の技術が活かされます。

それも、相手にとって「わかりやすい」ことが大切。

 

経営者の方は日々、伝えることに向き合っていらっしゃることと思います。

 

今回の講演が、現場のコミュニケーションの理想に近づく

第一歩になることを願っています。

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

 

★3分間スピーチ1Day集中トレーニングセミナー開催★

2016年1月31日(日) 東京

header_title_20120918_2

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

職場のお悩みを解決する一歩。~指示・お願いの法則~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

職場のコミュニケーションにおいて、こんなお悩みをお聞きすることがあります。

・部下にアドバイスをしたら、やる気を無くしてしまった。

・部下に指示やお願いをしにくい(特に年上の部下)。

 

 

一つ目は、より良く仕事ができるようになればと思ってアドバイスをしたのに、

相手が、うまく受け取れないというケース。

二つ目は、「うまく受け取ってもらえないかもしれない」という不安から

言いたいことが言えないケースです。

 

伝えたかどうかの違いはありますが、

どちらのケースも「相手が受け取れる伝え方」を身に付けることができれば

解決しそうですね。

 

アドバイスや指示は、そもそも上下関係をともない、

伝える側が強い立場になると私たちは思っています。

でも、できるだけ近い立場で伝えることができれば、

相手の受け止め方が変わると思いませんか?

そして、相手は反発心や圧迫感なく話を聞き入れることができるので、

悩んだりストレスに感じることなく、

アドバイスや指示をすぐに行動に移せることができるでしょう。

 

金融機関で働く方のための情報誌

『近代セールス』12月1日号の西任の連載

相手の真意がマルっと分かるコミュニケーション術のテーマは

<指示やお願いごとは相手が受け取りやすくなる表現で>

 

近代セールス12月1日号

 

 

記事の中では、お願いや指示が受け止められないときは

どんな言葉を使っているときなのか、

そして、どのように言葉を変えれば相手が受け取れるようになるのか

二つのポイントをご紹介しています。

 

ほんのちょっとの違いですが、

毎日のコミュニケーションが大きく変わるコミュニケーション術。

ぜひ、取り入れてみませんか。

 

『近代セールス』は書店やオンラインでお求めいただけます。

http://www.kindai-sales.co.jp/kindai/detail?item_no=11512

 

 

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

 

★3分間スピーチ1Day集中トレーニングセミナー開催★

2016年1月31日(日) 東京

header_title_20120918_2

*************************

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

冒険歌手をゲストにお迎え! 八重洲ブックセンター トークイベント

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

毎回大好評のトークイベント、e-hon presents  『西任暁子の「ひらがな」で話そう!』
2016年1月20日の夜に八重洲ブックセンター本店にて開催します!

ゲストは、2015年10月に書籍『冒険歌手』を刊行された峠恵子さん。

 

Print

なぜ、歌手である峠さんがニューギニア島の「探検」に?

 

はじめは登山用具の名称すらわからず、準備でぼうっとして隊長に激怒されたりしながらも

根性だけで一週間もかけて標高4000メートルの岸壁を登ってしまった―

そんな強い根性をもった峠さんにインタビューします!

 

イベントの詳細はこちら

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/8405/

 

峠恵子さんの本はこちら

e-hon   → http://bit.ly/1NQjyT4
amazon  → http://amzn.to/1IOIsuR

 

八重洲ブックセンターからのご案内です。

▼   ▼   ▼

書評サイトHONZで「これ以上ありえない冒険なんて、ありえない!」と大絶賛された

ノンフィクション『冒険歌手』のニューギニア探検のエピソードはもちろん、

本には載せられなかったここだけの話や、冒険の後日談まで、

歌う冒険家・峠恵子さんのトークをお楽しみ下さい。

 

トークショーの後には、サイン会も開催いたします。

※講演会終了後、サイン会を実施いたします。

(サインは著書へのサインとさせて頂きます。色紙・グッズ等へのサインはできません。)

 

■日時:2016年1月20日 (水) 19:00~(開場18:30)
■会場:本店 8F ギャラリー
■参加費:税込1,000円
■募集人員:60名(申し込み先着順)
※定員になり次第、締め切らせていただきます。
■申込方法:
八重洲ブックセンター本店1階カウンターにてお申し込みください。
参加整理券を差し上げます。
また、お電話によるお申し込みも承ります。
(電話番号:03-3281-8201)
※参加整理券1枚につき、お1人のご入場とさせていただきます。

参加ご希望のお客様は 『e+(イープラス)』 または 『チケットぴあ』
にて前売りチケットをご購入頂くことも可能です。

 

◆e+(イープラス)

http://goo.gl/33vr73 (パソコン・携帯)
ファミリーマート店頭のFamiポートでも24時間ご購入が可能です。

 

◆ぴあ

▼インターネットよりご購入いただきます場合 http://t.pia.jp/
[Pコード] 631-383
▼電話でご購入いただく場合
[受付電話] 0570-02-9999
[Pコード] 631-383
その他、全国のぴあ店舗、セブン-イレブン、サークルK・サンクスでお買い求めいただけます。

主催:八重洲ブックセンター
協賛:山と溪谷社・トーハン ほんをうえるプロジェクト

 

みなさまのお越しをお待ちしております!

 

お問い合わせは八重洲ブックセンター本店までお願いいたします。

03-3281-8201

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

 

★3分間スピーチ1Day集中トレーニングセミナー開催★

2016年1月31日(日) 東京

header_title_20120918_2

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015/12/4配信 問題を生み出しているもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

こんにちは。
西任暁子です。

師走ですね。

今月から、CCLというコミュニティを立ち上げました。

community for creative leadershipの略でCCL。

リーダーシップについて探求する集まりで、

わたし、西任と共に学びたいと言って下さる方々およそ50名でスタートします。

 

そのイベントの一つとして、先日読書会を行ないました。

 

アクティブホープ読書会

 

アクティヴ・ホープ』という本を全員で読んで、対話をしたんです。

その中で、メンバーの一人が、とてもいい問いを投げ掛けてくれました。

 

 

「問題を問題だと思うことが問題なのでは?」

 

発言した女性の名前はさやか。

さやかは、もともと外車ディーラーの人事に勤めていたのですが、

今は退職し、就職活動をする大学生に向けてセミナーなどをおこなっています。

彼女がその仕事を通じて感じているのは、

彼ら大学生が「自分はダメだ」と思っていること自体が問題ではないかということ。

その自己否定を手放し、自分を解放できれば、

問題は問題じゃなくなるのでは?とシェアしてくれたんです。

 

問題に思う

 

その発言をきっかけに、気付いたことがあります。

問題の「前提」が問題になっていることが多いんじゃないか?

就活生を例に書いてみますね。

 

たとえば彼らにとっての問題は、

・自分が大学でやってきたことをうまく説明できない
・効果的な自己アピールを考えられない
・短い時間でまとめて話せない
・準備したことは話せるが、アドリブが利かない

などでしょうか。

 

でも、これらの問題は表層にすぎず、

真の問題は、彼らが前提としている「自分には価値がない」という考えです。

 

話は飛びますが、飢餓の問題も同じです。

飢餓の問題を問題としている前提は、
「世界には、すべての人にとって十分な食料がない。」

このように「足りない」を前提としているから、

「もっともっと」「まだ足りない」「とにかく多ければ多いほどいい」という考えが生まれ、

人々は必要以上に食力を確保しようとし、その結果、

大量に廃棄される一方で、8億人が飢餓に苦しんでいます。

 

コミュニケーションの問題もそうです。

コミュニケーションの問題の根幹にあるのは怖れです。

その怖れはどこから来ているかというと、

「世界は信用できない」という前提だと思っています。

信用できないからこそ、疑うのです。

そして、他者を理解し、つながろうとすることよりも、

自分を守ろうとすることにエネルギーを使うのだと思うのです。

 

では、これらの前提はいったい誰が作りだしたものなのでしょうか?

私たちはこのような「持ち主不在の考え」に支配されて生きています。

「世界は〇〇だ」「私たちは〇〇でなければならない」など、

いったい誰が作ったのかわからない枠組みに、縛られて不自由だと感じているのです。

 

しかし、私たちはいつだって考え方を変えることができます。

ということは無意識とはいえ、

その枠組みを持ち続けることは、自分が選択していることになるのです。

 

もし、自分が、

・世界には十分にある(私は充分に持っている)
・世界は信用できる(私は世界を信じている)

という前提に立つことができれば、世界は変わるでしょう。

世界とは、自分が創り出している価値観そのものだからです。

 

何かを問題だと感じた時、その問題を問題にしている前提は何か?と問うてみる。

問題は、その前提が作りだしている表層の減少にすぎないのかもしれません

っていう読書会からの気付きのシェアでした。

 

 

『アクティヴ・ホープ』
amazon http://amzn.to/1N7eCDE
e-hon http://bit.ly/1O7eGTO

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら
http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

『「ひらがな」で話す技術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天        ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon   ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle      ⇒http://amzn.to/1caRhQo

『話すより10倍ラク!聞く会話術』

e-hon      ⇒http://bit.ly/1yFCwm6
楽天        ⇒http://bit.ly/1yaXZOK
amazon   ⇒http://amzn.to/1FVerwT
kindle      ⇒http://amzn.to/1I2KZW1

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

話がつまらない人はなぜ、つまらないか? PRESIDENT Onlineに掲載されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

話がつまらない人はなぜ、つまらないか?

というちょっとドキっとするテーマで、

PRESIDENT Onlineに西任の取材記事が掲載されました。

 

president_online

※記事のリンクはこの記事の最後にあります。

 

聞き手を巻き込んで話せる人と、

ただ、一方的にスピーチをする人の違いは何でしょう?

 

それは、スピーチに対する意識の差から始まるのではないでしょうか。

西任は、毎回セミナーでこうお伝えしています。

 

「スピーチは会話です」

 

スピーチは原稿を覚えて発表することではなく、

聞いてくださっている人との会話なのだと。

 

会話であれば、相手がわからない点があれば補足して説明をしますし、

相手が考えていれば次の言葉を待ったり、

目を合わせることがありますよね。

 

スピーチでも、相手が心の中に浮かべている言葉を想像しながら

話していくのです。

 

でも、どうやって想像するの?

スピーチは準備しないと不安。

 

など、疑問がわいてくることと思います。

 

 

そんなみなさんのために、

3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座を

年明け1月31日(日)に開催します!

 

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

1512634_552663351483713_885908430_n

 

 

<こんな内容でお届けします>

□最初の15秒で聴衆の心をつかみ、自分のワールドに引き込むマジックとは?
□話す前に○○と○○を決めておくだけで、人前でスピーチするのが10倍楽になる!
□緊張を逆利用して力に変える4つの方法とは?
□「あなたの話は面白いです!わかりやすいです!」と言われるポイントとは?
□ちょっと工夫を加えるだけで、効果倍増!聴衆が思わず前のめりになってあなたの話を聞き始める!□「聞かされている」から「聞きたいっ」に変える5つのテクニック。

 

実際には、参加者の方のスピーチをもとに

お一人お一人の伝えたいメッセージが活き活きと伝わるよう

スピーチの言葉の選び方、構成の仕方、届け方など

指導をしていきます。

 

「目からウロコ」とはこのことか!と

毎回大好評の1Dayスピーチセミナーの

参加者の方の声の一部をご紹介します。

 

<参加者の方の声>

 

■スピーチに対して、体系的に学んだ経験が初めてであったので、
大変参考になりました。

 

■話すという行為は日常おこなっていて、何か特別な行動でもない。
だからこそ、普段意識していないことがあまりにも多いということに
気付かされました。
スピーチをされた方が、西任さんのフィードバックを受けてすぐに変わって
いくのが、西任マジックでもあり、受講者各々の素質なんだなと感じました。
■自分の言葉一語一句、そして動作一つひとつが聞き手に影響を与えることの面白さと
緊張感を感じました。

 

■学びがいっぱいで、脳が飽和状態ですが、
一つひとつ実践で積み重ねたいと思います。
スピーチはせずに、オブザーブ受講をしましたが、
オブザーバーなりに気づきがありました。
例えば、実は聞いている人には、スピーチをしている本人が
思っているほどの緊張は伝わっていないということがありました。
自分の声にもっと集中することが大事だとわかりました。
■正直、1日でここまで変化が見れるとは思いませんでした。
スピーチの一つ一つに意味があり、学びの多い1日となりました。
感動しました。

 

感動の1Dayスピーチセミナーは

2016年1月31日(日)開催!

 

先日、西任のメルマガにてお知らせをいたしましたら

1日であっという間に、

スピーチ受講(実際にスピーチをして

西任から直接指導を受けることのできる受講スタイル)

は満席となりました。

 

現在は、見て学ぶオブザーブ受講のお申込みを承っております。

スピーチを当日はおこなわないので、リラックスして客観的に学べると好評です!

 

1Dayスピーチセミナーの詳細はこちらをご覧ください。

 

header_title_20120918_2

 

PRESIDENT Onlineの記事はこちら

http://linkis.com/newspicks.com/news/1NFHp

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら