子供を説得するには?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

先日、あるカフェでこんな場面を目にしました。

かごの中から、子供たちが順番に好きな石を選んでいたんです。

 

幼稚園くらいの女の子が、ある石を手にして立ち去ろうとしたとき、そのお兄ちゃんでしょうか。彼女より少し体の大きな男の子が、その石を女の子の手から奪おうとしました。

 

その時、そばにいた女性が、男の子の肩を後ろから「トントン」と叩き、「この平べったい石はどう?」と言いながら彼の手を石へと導きました。

 

すると男の子は一瞬、女の子の後姿を見つめると、今度は自分の手に触れている石の感触を確かめるように静止。その後、その石を手にして、去っていきました。

 

それは、とても興味深い光景でした。

 

まず思ったのは、子供は視点を切り替えるスピードが早いということ。

 

最初に欲しいと思った、男の子の石への執着は、暴力的に実行されようとしたわけですが、次の瞬間、手に触れた他の石へと、彼の意識は切り替わりました。そのスピードは本当に早かった。

 

でもその時、言葉を用いていたらスムーズには行かなかったかもしれません。

私達大人は言葉で説得しようとしますが、子供には感覚を用いたほうが効果的なのでしょう。

 

「人のを欲しがっちゃダメ」とか「他のにしなさい」など、言葉で説得したくなるけれど、子供には匂いや触覚、あるいはシンプルな音や動きを使った方が、視点を切り替えやすいんだと思います。

 

自分が伝えやすい方法ではなく、相手が受け入れやすい方法で伝える。

 

相手が子供であっても、コミュニケーションの基本は同じですね。

 

西任暁子でした。
******
今後の予定
******

★10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ubu-speech

ubu-speech

経営者やビジネスリーダの方にスピーチやプレゼンテーション、講演の指導を行う一流パブリック・スピーキングコンサルタント西任暁子によるU.B.U. Speech Consultingサイト。

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら