2013/3/21 配信【コミュニケーションの鍵】涙がこぼれた幽玄なお花見スポット

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年3月21日 コミュニケーションの鍵  No.10

■涙がこぼれた幽玄なお花見スポット

スピーチコンサルタント 西任暁子
http://www.u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎メールマガジン「コミュニケーションの鍵」は、

FMラジオのDJとして15年間でのべ5000人を超える著名人に
インタビューを行ってきた西任暁子が、

————————————————
「話が通じる!」「思いが伝わる!」
コミュニケーションの鍵をお届けします。
————————————————
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇筆者 西任暁子プロフィール http://www.u-b-u.jp/profile/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
1.近況   :ジンジャーエールの重さ
2.今日の鍵  :出会いは毎日作り出せる
3.Q&A :マイナスの空気の中で、どうやって話せばいいのか?
4.オススメ  :涙がこぼれた桜がある場所
5.お知らせ  :参加費無料のトークイベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.近況

【 ジンジャーエールの重さ 】

───────────────────────────────────
▼池袋のカフェで打ち合わせをしていた時のことです。

交通事故防止のセミナーをされているその方は、
目の前に置かれたジンジャーエールの瓶を見てこう言いました。
「この瓶もトラックで運ばれてきてるんですよね。

重かっただろうなあ。

レストランでもコンビニでも、
すべて商品を運んでくれているのは、
トラックのドライバーさんなんですよね。

最近、「明日までに届けます」っていう
通販のサービスがあるじゃないですか?
あの陰には、ドライバーさんの相当な苦労があるんです。

ある運転手さんなんて、
眠たい時は水をかぶって運転し、
時間通りに届けるんだって言ってました。

そこまでしなくてもって思ったんですが、
それがプロの仕事だって言われるんです。

実際、運ぶのが遅れてしまうと、
運転手さんの給料はかなり減らされますしね。」

▼その話を聞きながら私は、
何も考えずに飲み干して空になった、
ジンジャーエールの瓶を見つめていました。

この瓶も、ドライバーさんが運んできてくれたんだなぁと感謝しながら。

知るということは、自分が感じている世界の大きさが
広がることだなと思います。
子供のころよく、
農家の方が一所懸命作ってくださったお米を残したらだめだ、
って祖母に言われました。

でも、よく考えてみたら、作ってくれる方だけじゃありませんね。
それを運んでくれる人や、販売してくれる人など、
お米をいただけるまでには多くの方のお力をいただいているのです。

 

▼震災の時、都心部に住む私たちは、
物流が止まってしまうと、どれほど大きな打撃を受けるのかを、
思い知らされましたよね。

ミーティングの帰り道、
トラックを見かけると、心の中で「ありがとうございます」
と言っている自分がいました。

そして、急いでいない荷物は、
お届け日時の指定をしないようにしようと思いました。

▼感謝したいのは、トラックだけじゃないですね。
すべてのことに湧き上がる感謝の思いを届けてくださったことに、
深く感謝したミーティングでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今日の鍵

【 出会いは毎日作り出せる 】
───────────────────────────────────
▼この前の日曜日、友人と万年筆専門店へ足を運びました。

見るからに職人らしき風貌のその方は、
お店に足を踏み入れた私達に愛想笑いなんてありません。

警戒心と自分の仕事への誇りを感じさせる佇まいでした。

でも、その職人さんが数分後、
相好を崩して「ぱっ」と笑顔になったのです。

その瞬間、「あ、出会えた」と感じました。
ただ、その方の視線を追っていくと、
明らかに私ではなく友人に向けられていたので、
どうやら職人さんは、
友人が発した何かによって心を開いたようです。

▼その後、白金でお茶をしたかったのですが、
駐車場が見つからなかったので、
カフェの目の前にあったガソリンスタンドに
洗車を頼むことにしました。

対応してくれたのは、元ソフトボール部かな?
という雰囲気のそばかすがチャーミングな女性です。
「ハイオクはいくらですか?」とたずねると、
彼女は表情を少し硬くして
「178円ですが・・・」と答えてくれました。

表情が硬くなった理由は、
彼女自身が「高いな」と思っていたからかもしれません。
実際、近所のガソリンスタンドより20円も高かった!ので、
洗車だけをすることにしました。
私は、無精でめったに車を洗わないため、
数ある洗車メニューの中でどれを選べばいいのかわからず、
彼女にいろいろ相談していると、
ふっと笑みがこぼれて、声が変わりました。

あ、出会えた!
相談の結果、機械洗車をしてもらうことにし、
私たちは目の前のカフェでお茶を楽しみました。
▼お茶を終えて戻ってきたらびっくりしました。

ほぼ1年近く洗っていなかった、ものすごく汚れた車が、
まるで新車のようにきれいになっているではありませんか!!!

「最近の機械洗車ってこんなにきれいになるんですか?」

驚きを隠せずに言葉にすると彼女は、さりげなく言いました。

「いや、アンテナが引っかかりそうだったので、
手洗いしました」

もし私が質問しなければ、
彼女はおそらくそのことを私に伝えなかったでしょう。

私は何度も感謝を伝えてそのガソリンスタンドを後にしました。

▼私たちは毎日、いろんなところでいろんな人と出会っています。

でも、その出会いは、
「機械的な言葉のやり取り」で終わることがほとんどです。
サービスをする方たちの大半が、
最初は機械的なやりとりをしようとします。

オーダーを聞いて、お金のやり取りをし、
「ありがとうございました、またお越しください」と声をかける。
ルーティーンにのっとった、流れ作業的なコミュニケーションです。

その出会いは、お互いに記憶に残ることがないでしょう。
▼私はそんなとき、彼らがやろうとする
「きまった一定のパターン」を壊しにかかります。
クリーニング屋さんでは、
「この辺に郵便ポストはありますか?」
とたずねると、その瞬間店員さんは笑顔になって答えてくれました。

「店員として言うべき決められた言葉」ではなく、
その人自身が「ひとりの人間として語る言葉」を
発することができる瞬間だったからです。
ラーメン屋さんでは、
コートを脱いでハンガーにかけた時、

「お帰りの際はお忘れになりませんように」
と言われたので、

「いやいや、コートは忘れないでしょう!」
と笑って言うと、その店員さんは、
「あは。ですよね~」

そこへほかの店員さんも入ってきて、
「いや、それがね、たまにいるんですよ~」

と会話が始まりました。

みんなが笑顔でした。

▼心を閉じた機械的な言葉をやり取りするシーンは、
日常にたくさんあると思います。

でも相手を「ひとりの人」として見てお付き合いできると、
実は毎日が出会いにあふれていると思うんです。

そんな出会いにあふれた毎日は、
大きな幸せを運んできてくれます。

━━━「今日の鍵」━━━

■相手を役割ではなく、ひとりの人として見れば、
毎日は出会いにあふれる時間に変わる

────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.Q&A

【 マイナスの空気の中で、どうやって話せばいいのか? 】

───────────────────────────────────
▼大阪府にお住いの女性、匿名希望さんからご質問をいただきました。
>西任先生、いつも楽しくメルマガ読ませて頂いております。

ありがとうございます!
>最近悩んでいることがあり、ついつい質問のメールをしてしまいました。

ぜひ、「ついつい」質問してください(*^。^*)
>研修、講習会、自治会などでたまにあることだと思うのですが、
>マイナスの空気の中で話す時、
>どんな風に参加者の心を掴んで行けばいいでしょうか?
>明らかに、はなからこちらに不信感を抱いていたり、
>不満を持った人が集まっている、
>学びたい空気が無い中で勉強会を引っ張るなどの場合です。
>一度でその会が済む場合はまだ我慢できますが、
>何度も続く場合、すごくストレスになり、
>出来ていたはずのこともできなくなります。
>そういう場面で話す時の心構え、空気の作り方など、
>ぜひ先生の体験談もふまえながらお教えいただけたらありがたいです。
>今後もメルマガ楽しみにしております!!

▼う~ん。
まずは、文章がわかりやすいですね!すばらしい!
相手が話を聞きたいと思ってくださっていない時に話すのは、
つらいことですよね。

しかも、1度だけではなく何度も続くとなると、
そのストレスもとても大きなものになると思います。

具体的な解決方法をお話したいところではありますが、
その勉強会の内容や、
ご質問くださった方のお話の内容、
またどんなお立場でいらっしゃるかなどがわからないので、
すこし一般的な回答になってしまうことをお許し下さいね。
▼まず、相手が学びたいと思っていない時にどうするか?

学びたいと思ってもらうように話をすることです。

具体的には、これから学んでもらう内容の価値を説明するんです。
人は、自分が知らないことに価値を感じることはできません。
でも、それを学ぶことで自分の未来が変わるかも?!って思えた時、
はじめてそれを「ほしい」と思えるのです。
たとえば、私の場合は、
相手が、話し方にあまり興味がなさそうだな~と感じたら、
まず最初に話し方を学ぶ価値を伝えます。

話し方が変わることによって得られる未来の話をするんです。
職人さんであれば、

・作った素晴らしいものの魅力が話し方によってもっと多くの人に伝わります。
・せっかくいいモノを作ったら、多くの人に知ってほしいじゃないですか!
・先日、○○といういいモノに出会いました。
でも、私はずっとそれを知らなかった。
残念ながら、「知らない=存在しない」と同じことなんです。
コミュニケーションに悩む人であれば、人間関係が深く広くなるとか、

営業マンであれば、成績が上がるといわれると、

話し方に興味が湧いてくるかもしれません。
この時のポイントは、その時の「相手が求めている未来」を、
「絵が浮かぶように」伝えることです。
自分自身の体験談や、
これまでに結果を出された生徒さんの体験談を語るのもいいと思います。
人は、自分に関係のある話しか聞くことができません。

だから「この話は自分に関係があるぞ~」と思ってもらえるよう、
まず最初に、これから話すことの価値をお伝えするのです。

▼相手が自分に不信感をいだいていると感じた時は、
それを解消する話をします。

先日、とっても社会的地位の高い方々の前で、
お話しをさせていただくことがありました。

おそらく、

「こんな経験もない女の子に何が話せるんだ」

と思う方がいらっしゃるだろうなと感じたので、
その時はこういいました。
「社会的に広く大きくご活躍されていらっしゃる皆様方の前で、
わたくしのような若輩者が
こうして話をさせていただく機会をいただきましたことに、
まず心より感謝申し上げます。

確かに、わたしには、皆様方のように、多くの雇用を生み出し、
大きな決断をおこない、大きく社会を変革した経験はございません。

わたしは、これまでたったひとつのことしかやってきませんでした。
それは、話すということです。
どうすれば、もっと伝わるのか?
それだけを日々考えて生きてきたのです。

今日は、そんな話をして伝えることについて、
お話しさせていただきます」

▼話すときに大切なことは、想像力です。

相手が、何を求めているのか?何を感じているのか?
それが見えてくると、話すべきこともおのずから見えてきます。
相手が興味のない時は興味のない心に、
不信感を抱いているときは不信感に、
そうです、相手の心に寄り添える言葉を探してみてください。

▼「ついつい」でも「どうしても!」でもOK!
ご質問をお待ちしています!

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.オススメ

【 涙がこぼれた桜がある場所 】

───────────────────────────────────
▼今年は桜の開花が早いようですね。

今日は私が一番心を動かされたお花見スポットをご紹介します。

初めてそこへ行った時には、なぜだか涙が出ました。

土手に咲いた桜が、水面に向かってこぼれ落ちるように咲いています。
私は動けなくなりました。

そこに漂っているのは、
自分がこの世にいないのではないかと思えるような、
幽玄な空気なのです。
なぜ涙が出たのかはわかりません。
理由はわからないのに、大きく心揺さぶられる。
それが桜の魅力なのかもしれません。
今年も一度は行けたらいいな。。。
その場所とは、

地下鉄半蔵門線の九段下駅から歩いて10分くらいのところです。

2番出口を出たら靖国通りを九段坂上の交差点まで歩きます。
交差点を左へ(内堀通りを南へ)曲がり、
ひとつめの左へ曲がれる下り坂をおりていったところです。

坂道を下りてゆくところから、お花見は始まります!

*このオススメは、あくまでも西任個人の体験に基づくものであり、
サービス・商品をご利用になってのトラブル等について、
当方では一切責任を負いかねます。ご自身の責任でご判断下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お知らせ

【 3月29日(金)の夜、八重洲ブックセンターでトークイベント 】

───────────────────────────────────
■毎月1度おこなっている、八重洲ブックセンターでのトークショー。

今月は、3月29日(金)の夜19時から開催します。
ゲストは、『自由な働き方をつくる』の著者、常見陽平さん。

今まで自分がやってきたこと「自分史」を振り返ることで、
自分の持っている強み・価値観などの「資源」を確認し、
前に進んでいこう!が今回のテーマです。

お申し込みは、八重洲ブックセンター 電話 03-3281-8201まで。

イベント案内ページはこちら
⇒ http://www.yaesu-book.co.jp/events/index.html#nishito

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 西任暁子は、こんなところにいます。

▽ facebook ⇒ http://www.facebook.com/akiko.nishito

▽ twitter ⇒ https://twitter.com/nishitoakiko

▽ マンツーマン英会話 Gaba 英会話番組podcast
⇒ http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

⇒  
⇒  (店舗など)

▽ U.B.U. 株式会社
⇒ http://u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『コミュニケーションの鍵』 発行者:U.B.U. 株式会社/執筆:西任暁子
─────────────────────────────────
□本日の『コミュニケーションの鍵』はいかがでしたか?
ご質問ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009
□このメールは転載歓迎です。
ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、
必ず、URLを明記してください。
⇒ http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2013 U.B.U. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ubu-speech

ubu-speech

経営者やビジネスリーダの方にスピーチやプレゼンテーション、講演の指導を行う一流パブリック・スピーキングコンサルタント西任暁子によるU.B.U. Speech Consultingサイト。

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら