詩人 大岡信さんの「言葉の力」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。
西任暁子です。

詩人の大岡信さんがお亡くなりになりました。
ご冥福をお祈りいたします。

大岡さんの書かれた「言葉の力」という文章は、教科書にも載っていたので記憶に残っている方も多いと思います。

 

「人間全体が、ささやかな言葉の一つ一つに反映してしまう」

 

このことは、話し方を教える中で日々感じることです。

 

先日も、ある方のコンサルティングをしている中で、

「お客さんがふと漏らした言葉」という表現が出てきました。

それが間違っているわけではありませんが、他の言い方で表すこともできます。

 

「お客さんが聞かせてくださった言葉」
「お客さんが打ち明けてくださったお気持ち」

自分がどう感じているのかは、毎日の言葉に反映されています。
つまり、

言葉とは自分そのものです。

だから、言葉をもっと大切にできたらと思っています。

 

大岡さんの書かれた「言葉の力」

近所で見つけた満開の桜

ちょうど桜が満開の今、読み返したい文章です。
http://listen-watch-listen.cocolog-nifty.com/mediation/files/kotoba.pdf

 

また大岡さんは、ちょうど一年前、85歳で『自選大岡信詩集』を出されています。病床の大岡さんに、奥様が1編ずつすべての詩を朗読された中から選ばれたそうです。

 

 

それではまた。
西任暁子でした。

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NHKやTBSで話題の「仕事と介護を両立させるコツ」~西任暁子の「ひらがな」で話そう~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

 

もしも、家族の介護が必要になったら...?

まず、誰に相談すればいい?

仕事はどうする?

介護に必要な資金はどれくらいかかる?

 

そんな不安はつきません。

不安ばかりなので、現実の未来だなんて思いたくない気持ちさえします。

 

でも、介護は突然やってくる。

 

だから、今、聞いておきたい話があります。

「がんばらない介護」

 

 

久しぶりに、八重洲ブックセンターで不定期に開催しているイベント

「西任暁子の「ひらがな」で話そう!」を開催することになりました。


http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11549/

 

書籍『がんばらない介護』(ダイヤモンド社)の著者

橋中今日子さんの発刊記念トークイベント。

橋中さんは、現在、介護に携わる家族の方、そしてご家族をサポートされている方に、

「がんばらない介護」

を伝える活動をされています。

「一人でがんばらない」

「自分の人生を生きる」

 

そのメッセージは、介護と仕事の両立に悩む方、介護離職に悩む企業や団体に注目され、

NHK,TBS、ダイヤモンドオンラインの記事はYahooニュースに取り上げられるなど話題になっています。

 

介護yahooニュース

 

なぜ、橋中さんの「がんばらない介護」が話題になっているのか。

それは、橋中さんご自身が理学療法士としてリハビリの専門家として仕事をしながら、

認知症の祖母、重度身体障害の母、知的障害の弟、の家族3人を21年間にわたって一人で「がんばって」介護されてきた経験があるから。

自分と同じように、介護疲れを誰にも相談できないで悩んでいる方の力になりたいと、

現在は独立し、「介護者メンタルケア協会」を立ち上げていらっしゃいます。

 

そして、これまで、ブログや講演活動で発信されてきた「がんばらない介護」の情報が、一冊の本になったのです。

がんばらない介護

2017/3/17 発売 『がんばらない介護』(ダイヤモンド社)

トークイベントでは、橋中さんのご経験や橋中さんに寄せられる介護のご相談の話まで、

たっぷりとお聞きできることと思います。

 

橋中さんは、西任の下でスピーチやコミュニケーションを学び続けてくださっている一人。

「私はアコさん(生徒さんは西任のことをこう呼んでいます)の追っかけだから!」と

滋賀県から毎月東京まで学びに足を運んで来てくれています。

 

学び始めた時には「いつか自分は人前で話す機会がある」と感じてはいたそうですが、

まさか、こうして西任と一緒にトークイベントに出演することになるとは想像されていなかったかもしれません。

 

橋中さんが、メディアに出演されるほどに注目されたその発信力を、

どのように高めていかれたのかも、話題になることでしょう!

 

イベントの詳細はこちら

http://www.yaesu-book.co.jp/events/talk/11549/

 

頑張らない介護_八重洲ブックセンター

お待ちしています!

(スタッフ 阿嘉)

 

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2017年3月1日配信 どうやらいろんなことがズレている

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。
西任暁子です。

3月になりましたね。
時間が過ぎていくのが早すぎて、感覚が追い付いていません。まだ1月後半くらいにいる感じです。みなさんはどうですか?
梅とメジロ

今年はもう少し優雅な流れで仕事をしたいと思っているのですが、なかなかうまくいっていません。

それは時間の内的な流れと外的な流れがズレているから。
私たちは、いろんなことにズレを感じますね。
理想現実
内側
外側
自分
他人
主観
客観
話すことの難しさって、まさにそのズレにあると思います。

自分が言いたいことと、言葉がズレる。
自分が伝えたい気持ちと、表情や声がズレる。
自分が言ったことと、相手が受け取ったことがズレる。

こういったズレに気づくこと。

きっとその観察があれば、話はずいぶん伝わりやすくなるでしょう。
ただ、ズレている自分が、そのズレている自分のズレに気づけるのか?そこが難しいところです。自分一人では、自分が入っている箱が見えません。

だから価値観が違う誰かと出会うことは、箱に気づける大きなチャンス。ときに摩擦も生まれますけどね。
私の役割は、スピーチやコミュニケーションにおいて、その箱をノックすることだと思っています。

 

今週末は1dayスピーチセミナーです。

話し方という視点での気づきを求めている方に、お会いできればと思っています。

話し方は、あくまでも切り口にすぎません。気づくのは、自分自身の本質です。
言葉は、内面を表すひとつの表現として、自分を見える化してくれます。

私は、それを糸口として、その方が求めている方向へガイドする役割を務めます。
HPでお伝えしていることと、実際にお伝えしていることにも随分とズレが生じていますが、一応詳細はこちらです。
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html
(近日、リニューアル予定です)

1day_top
それではまた。

西任暁子でした。

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

 

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2017/2/21配信 イベントを成功に導く司会者の仕事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

 

こんにちは。

西任暁子です。

先日、「働き方を考えるカンファレンス2017」で司会を務めました。

友人が立ち上げた一般社団法人at Will Work主催で行われた第1回目のカンファレンスの参加者は600名以上!

登壇者は54名と豪華なこのカンファレンスは、大成功に終わりました。

 

atwillwork1

 

さて、「司会」とはどんな仕事なのか?

司会とは、「空気の舞台をつくる仕事」だと私は思っています。

どんなイベントでも、最初に声を発するのは司会者です。その場に響く最初の音は、場の雰囲気をつくります。

だからライブイベントでは、開演までの時間にやっぱり音楽が鳴っていますね。
またオープニングアクトとして、別のミュージシャンが演奏するときもあります。そんなときは、「場をあたためる」なんて言われたりします。

 

プライベートにおいても、朝起きて最初に聞く音楽がその日一日の気分を大きく左右するそうです。

だから今回のカンファレンスにおいても、私が緊張感に満ちた硬い声で始めるのか、カジュアルな語り口調と柔らかい声で始めるのかによって、その日の場がセッティングされるのです。

このとき、無意識でいると場の空気にのみこまれたり、自分の状態がそのまま表れた声になります。そこで、目的を明確にするんです。
参加者はどんな人?
来ている目的は?
主催者の意図は?

イベントにはいろんな立場の人が関わっていますから、多角的に目的を考えます。
そして、自分のあり方を決める。
もちろん、イベントが始まれば、今度は空気の流れをつくっていくことになります。そこでは臨機応変に対応できる柔軟性や、機転を利かせて対処していくスピード感が求められます。ハプニングが起こらないイベントなんて、ありませんから笑。
そんなプロの司会者の方々もこれまでに参加されています1dayスピーチセミナー。

スピーチと言っても、広く「人前で話すこと」に必要な学びを得ていただけると自負しています。

スピーチ受講は、ありがたいことに今回も早々に満席となりましたが、オブザーブ受講にはまだゆとりがあります。自分はスピーチをしないで学べるからこそ、客観的に全体を見ながら受講できるのが魅力です。それからリーズナブルな価格も!
次回は3月4日(土)開催です。
詳細・お申込はこちらからお願いします。
##__[http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html]__##


それでは今日もいい1日をお過ごしください。

西任暁子でした。

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。

https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ

https://note.mu/nishitoakiko

■facebook

http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast

http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社

http://u-b-u.jp

■ご質問、ご感想などお気軽にお寄せください。

https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=12&f=25

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

マインドフルなファシリテーション

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

 

最近「マインドフル」という言葉がいろんなところで取り上げられていますね。

 

マインドフルなファシリテーション

 

マインドフルとは一言でいうと、「気づいている」ということです。自分の内側で、外側で「今」何が起こっているのかを観察し、それに気づけているということ。

 

たとえば腹を立てて、つい感情的に何かを言ってしまったというときは、「気づいていなかった」ということになります。腹を立てて何かを口走るまでの時間はものすごく短いのですが、その間にマインドフルでいれば多くのことに気づけるからです。

 

今、自分は何を見たのか?あるいは聞いたのか?(事実)

そこで身体にどんな反応が起こったのか?(感情)

その反応は、何のニーズが満たされなくて起こったのか?

そのニーズは今満たす必要があるのか?

NOだとしたら、今満たしたいニーズは何なのか?

そのために自分はどんな言動をとればいいのか?

発言or行動をする。

 

という流れになります。

 

マインドフルでなければ、気づくことが難しいので、気が付いたときにはすでに感情にのみこまれて何かを言ってしまった後だというわけです。

 

この「気づけている状態」のことを、私はこれまで「集中」と呼んでいました。

 

集中というと、まわりの情報をシャットダウンして内にこもり、エネルギーをため込むようなイメージがあるかもしれません。よくスポーツ漫画などで描かれる感じですね。周りが消えてしまう感覚です。

 

でもスピーチを教えていて思うのは、集中状態のときって、その逆で、まわりがよく見えて、すべてに気付けているんですよね。

 

オーディエンスの反応

自分の思考や感情

場の状態など、

 

自分が全体に広がるような感覚です。

範囲を狭めて集中することの真逆ですね。

 

この感覚は、日常のコミュニケーションにおいてはもちろんのこと、スピーチやファシリテーションの重要な要素になります。なぜなら、スピーチもファシリテーションも、常に自分とオーディエンス(場)の状態に気づきながら、言葉を選択することが求められるからです。

 

今月末おこなうファシリテーション講座では、そんな気づきと共に中立の立場でいることを学びます。そのほか、「場をつくる」「関係をつくる」といった3つのスキルをご紹介します。

 

facilitation_bannar

 

< リーダーシップ・ファシリテーション講座 >

●日時

2017年3月25日(土)・26(日) 10:00~18:00(終了予定)

開場 9:45

●場所

築地明石町オープンアカデミー

東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F

東京メトロ 日比谷線 築地駅より徒歩3分

東京駅八重洲口よりタクシーで7分
詳細、お申込みはこちらです。

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

ご質問がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

「ITmediaエグゼクティブ」~ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術~に西任が執筆した記事が掲載されました 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

経営者やリーダー層向けの情報サイト

ITmediaエグゼクティブに、

西任が寄稿いたしました「伝わる話し方のコツ」の記事が掲載されました。

 

ITメディアエグゼクティブ記事

 

タイトルは
「あなたは何タイプ? 話し下手5つのタイプ別克服法」

話し方に関するお悩みは人それぞれ。

「結局、何が言いたいのかわからない」と言われてしまう。
という方がいらっしゃれば、

話すことは苦手ではないけれど、相手に伝わっているのかわからない。
という方もいらっしゃると思います。

この記事では、具体的な5つの話し方タイプの説明と、
タイプ別にコミュニケーションに加えたい伝わるコツをお伝えしています。

もうすぐ新年度が始まり、新しい出会いも多い季節ですね。
コミュニケーションを円滑にして、信頼できる人間関係を築きたい!
そんな皆さんへの道しるべになれば幸いです。

掲載された記事はこちら

http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1703/30/news028.html

さらに詳しく知りたいという方は、こちらの書籍をご参考にしてください!

★新刊!★

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳) 』ナツメ社

雑誌PHP『THE21』―失敗しない話し方― に取材記事が掲載されます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

明日3月10日(金)発売の雑誌、『PHP THE21』に8ページにわたり西任の取材記事が掲載されています。

テーマは「話下手の弱点はここにある!『損する話し方』克服ガイド」

 

PHPTHE21_失敗しない話し方

 

・話をうまくまとめられずに長くなってしまう

・一対一の会話は苦手ではないが、人前に出ると緊張する

会話が続かずに盛り上がらない。

・つい感情的に話してしまうことがある。

・話が単調で、面白くないと言われる。

 

など、話し方のお悩みは人それぞれ。

そこで、タイプ別の話下手の原因と改善策をお伝えしています。

 

PHPTHE21_損する話し方克服ガイド

 

人前で話す機会でも、一対一での会話においても、

自分の話し方が相手にどのような印象を与えているのか、見つめるきっかけになるのではないでしょうか。

 

聞き手との良好な関係を築くために、話し方で損をしたくないものです!

 

自分の話が上手く伝わっていないようだ。

コミュニケーションにストレスを感じる。

 

そんなあなたに、手に取っていただけたら嬉しいです。

 

『THE21』 2017年4月号

オンラインではこちらでお求めいただけます。

 

https://www.php.co.jp/magazine/the21/
PHPTHE21_失敗しない話し方表紙

************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

 

3月25日(土)、26日(日)開催

リーダーシップ・ファシリテーション講座

お申込みはこちら

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

facilitation_bannar

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

働き方を考えるカンファレンス2017「働く、生きる、そして」にて西任が司会を務めました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2月15日(水)に虎ノ門ヒルズで開催されたイベント

『働き方を考えるカンファレンス2017「働く、生きる、そして」』にて、西任が司会を務めました。

第一回の記念すべきこのイベントの参加者は総勢600名を超えたそうです。

平日昼間の開催にもかかわらず、これだけたくさんの方が参加されたのは、

会社の大小問わず、働き方の多様性が注目されていることを示しているのだと思います。

 

atwillwork1

 

メイン会場、サブ会場、企業のブーススペース、それぞれでディスカッションがおこなわれましたが、どの会場も満席で熱気に溢れていました。

 

atwillwork3

一言で「働き方」と言っても切り口は様々です。

人事制度から、オフィスのあり方、副業や会社を超えた働き方など興味深いテーマが満載。

 

一人ひとりが働き方を選択できること、

そして、企業が個人の働き方をサポートすることが求められているのですね。

より生きやすい世の中を作ろうとする動きが見えてワクワクしました。

 

atwillwork4

 

ディスカッションの内容は、全て「グラフックレコーディング」という手法で記録されていました。

現場で話を聞きながら、リアルタイムで制作されているそのスピードにビックリ!

イベント中、完成されたパネルが順番に並べられて、直接聞くことができなかったディスカッションの内容も知ることができるようになっていました。

同じ内容でも、文章のみのメモを見るよりもイラストが入っているだけで、見ていて楽しい気分になりますね。

 

atwillwork5

 

クロージングセッションでは、経済産業省 大臣の世耕 弘成氏が登壇。

労働の悲惨な面だけを取り上げるのではなく、積極的に働きたいという人の声をもっと吸い上げていきたい。と、お話しされていました。

 

参加者の方からは、

「朝から晩まで休みなく参加して少し疲れたけれど、どのディスカッションも見逃したくなかったし、実際に話が面白くて引き込まれ、あっという間でした。」

「早速、社内でできることを持ち帰って見たいと思います!」

など、明るく、今後の働き方に期待する声を聞くことができました。

 

atwillwork2

 

弊社、U.B.U.株式会社も企業ブースに出展させていただきました。

斜め前のブースには、ビジネスチャットツールの「チャットワークさん」。

以前、西任のスピーチセミナーに参加してくださった常務取締役の山口さんは、

西任のアドバイス通りに練習して講演に臨まれたそうです。

「オープニングの3分トークで、会場はどっかんどっかん大盛況でしたーーー!!!」

と喜びのメールをいただき、こちらも嬉しくなりました。

 

たった3分で人を惹きつけることができる「スピーチ1Day集中トレーニングセミナー」

次回開催は、3月4日(土)です。

▼詳細はこちら▼

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

1day_top
************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

西任暁子『3分間スピーチ1Day集中トレーニング講座』
2017年3月4日(土)開催

詳細とお申込みはこちら↓

header_title_20120918_2

U.B.U. 株式会社 HP

************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

結婚式のスピーチに今すぐ活かせるワンポイントアドバイス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。
西任暁子です。

結婚式のスピーチって、頼まれると本番までずーっと考えてしまいますよね。何を話そう?って。

結婚式スピーチ

そんな悩める友人のスピーチ作りを手伝ってきました。

まず、新郎新婦とのエピソードを話してもらうと、聞き終わる頃には、私の頭の中に、だいたいスピーチの流れができていました。そこで、

「こんな感じで話してみるのはどうかな?」と友人のスマホに録音スタート。

オフタイムとはいえ、やるとなると本気でやってしまう私は、「じゃあ、オープニングを、ちょっとやってみようか?」とカフェの一角は、コンサルのようになったのでした。

友人「〇〇くん、〇〇さん、結婚おめでとう!ご両家の皆様、このたびはご結婚、誠におめでとうございます。わたくしは、新郎新婦とは大学時代の同級生で、現在は…」

私「あ!わたくしは、じゃなくて、わたくし、で止めたほうがいいなあ」

友人「?」

私「わたくしは、って言うと、自己主張が強い感じがするんだよね。でも、わたくし、で止めると主役は新郎新婦のまま、自分の紹介を添えている感じになるから」

と自分が言った瞬間に、思わず「へ〜」と私が言いそうになりました笑。

ものすごく細かいニュアンスなんですけど、みなさま、違いを感じていただけますでしょうか?

大切なのは、こんなふうに助詞の一音だったりするのです!!!

日常のコミュニケーションでも同じですよね。

「今日のは良かった!」というと、今まではだめだったように聞こえてしまいます。そこで「今日も良かった」「今日はさらに良かった」などちょっとした言い方で、相手の受け取り方は大きく変わります。

それがスピーチとなると、本当に助詞ひとつで場の雰囲気が大きく変わったりするものです。

そんな繊細で具体的なフィードバックが、6人のスピーカーに対して1日中おこなわれ続ける1dayスピーチセミナー。次回は3月4日土曜日です。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

1day_top

 

その日がまさに結婚式なので、受講できないというその友人には、美味しい焼き鳥と、ブルーベリーティラミスをごちそうになっての個人指導となりましたが、みなさまとは、セミナー会場でお会いできればと思います。

場所は築地なので、懇親会は場外市場の美味しいお店でやる予定です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

働き方を考えるカンファレンス2017

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

こんにちは。

西任暁子です。

先日、「働き方を考えるカンファレンス2017」で司会を務めました。

友人が立ち上げた一般社団法人at Will Work主催で行われた第1回目のカンファレンスの参加者は600名以上!

登壇者は54名と豪華なこのカンファレンスは、大成功に終わりました。

 

atwillwork1

 

さて、「司会」とはどんな仕事なのか?

司会とは、「空気の舞台をつくる仕事」だと私は思っています。

どんなイベントでも、最初に声を発するのは司会者です。その場に響く最初の音は、場の雰囲気をつくります。

だからライブイベントでは、開演までの時間にやっぱり音楽が鳴っていますね。

またオープニングアクトとして、別のミュージシャンが演奏するときもあります。そんなときは、「場をあたためる」なんて言われたりします。

 

プライベートにおいても、朝起きて最初に聞く音楽がその日一日の気分を大きく左右するそうです。

だから今回のカンファレンスにおいても、私が緊張感に満ちた硬い声で始めるのか、カジュアルな語り口調と柔らかい声で始めるのかによって、その日の場がセッティングされるのです。

このとき、無意識でいると場の空気にのみこまれたり、自分の状態がそのまま表れた声になります。そこで、目的を明確にするんです。

参加者はどんな人?

来ている目的は?

主催者の意図は?

イベントにはいろんな立場の人が関わっていますから、多角的に目的を考えます。

そして、自分のあり方を決める。

もちろん、イベントが始まれば、今度は空気の流れをつくっていくことになります。そこでは臨機応変に対応できる柔軟性や、機転を利かせて対処していくスピード感が求められます。ハプニングが起こらないイベントなんて、ありませんから笑。

そんなプロの司会者の方々もこれまでに参加されています1dayスピーチセミナー。

スピーチと言っても、広く「人前で話すこと」に必要な学びを得ていただけると自負しています。

スピーチ受講は、ありがたいことに今回も早々に満席となりましたが、オブザーブ受講にはまだゆとりがあります。自分はスピーチをしないで学べるからこそ、客観的に全体を見ながら受講できるのが魅力です。それからリーズナブルな価格も!

次回は3月4日(土)開催です。

詳細・お申込はこちらからお願いします。

http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

それでは今日もいい1日をお過ごしください。

西任暁子でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら