本音で答えやすくなる、質問の言い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こん

西暁子です。

昨日て、相手を責めな方をご紹介しましょう。

私達理由を尋ねたとき、「なぜ」「どうして」「なんで」と質問します

でも、この疑問詞相手を責めるニュアンスが含まれてるんですよね。

「どうして遅れたの?」と言われると、責められてるよう感じませんか?

すると不安なったり、委縮して、思ってることが言づらくなります

 

、理由を聞きたときどう言えばのか?

 

「~、どんな理由があるのか、聞かせてくれませんか?」

先ほどの「どうして遅れたの?」であれば、「遅れたのどんな理由があったのか、聞かせてくれる?」

ここ「よかったら」を付け加えると、さらトーン柔らかくなります

ちょっとした言方で、人間関係って大きく変わります

今日、試してみませんか?

 

結果報告してただけると嬉しです!
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=M556670&c=4677&d=9289

それで今日も良1日をお過ごし下さ

西暁子でした。

 

 

■コミュニケーション・スキルを磨てみませんか?

9月9日(土) 10時から12時

苦手な人・嫌な人ともうまく付き合うための 『本音気づく会話術』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/0nVDeV9LTl

9月9日(土) 14時から16時

相手の言ことが理解できな人のための 『本音気づく会話術 ~聞き方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/ujYxjABFgR

9月9日(土) 17時から19時

思ってることを言っても気まずくならな 『本音気づく会話術 ~話し方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/wLGMoxa3iM

10月29日(日)

1dayスピーチセミナー
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

何が言いたいのかわからない人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

相手の話がよくわからない時に、イラっとしたとします。

あなただったら、何て言いますか?

「何が言いたいんですか?」

もしこんなふうにストレートに言うと、相手の分かりにくさを責めているように受け取られるかもしれません。

そこで、こんな風に返してみるのはどうでしょう?

「今お伝えいただいたお話は、~だと理解したのですが、合っていますか?」

わからないなりに、自分が受け取った内容が合っているのかを確認する言い方です。

これなら、「私の理解が合っているか?」と尋ねているので、もし理解がずれていたとしても相手のせいにはなりません。

 

私達は、否定された、責められたと感じると自分を守ろうとして感情的になりがちです。

もし相手に責めるつもりはなかったとしても、言い方によって、そう受け取ってしまうのです。

だから、相手の非を責めない言い方ができるといいですね。

それではまた明日。

 

■今後の予定■

9月9日(土) 10時から12時

苦手な人・嫌いな人ともうまく付き合うための 『本音に気づく会話術』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/0nVDeV9LTl

9月9日(土) 14時から16時

相手の言いたいことが理解できない人のための 『本音に気づく会話術 ~聞き方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/ujYxjABFgR

9月9日(土) 17時から19時

思っていることを言っても気まずくならない 『本音に気づく会話術 ~話し方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/wLGMoxa3iM

10月29日(日)

1dayスピーチセミナー
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

相手から馬鹿にされているように感じる時

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

先日、ある人に対して、ずっと思っていたことを伝えました。

「あなたと話していると、馬鹿にされているように感じる」と。

 

なかなか、思い切ったことをするなぁ、と思われるかもしれませんね。

でも、ずーっと気になっていたことなんです。

しかも彼女は、私を馬鹿にするような内容の話をするわけじゃありません。

でも、なぜだか彼女と話していると、いつも馬鹿にされていると感じるんです。

そこで思い切って伝えて、対話してみました。

そうしてわかったことが2つあります。

 

1.彼女は自分を守ろうとしていた
2.彼女は私に完璧を求めていた

 

まず1について。

そもそも彼女に馬鹿にされていると感じるのは、私がやや感情をあらわにして愚痴ったり、批判したりする時です。

「そんなに、ぎゃーぎゃー言っても仕方がないじゃん。落ち着きなよ。大人でしょ?!」

そんな風に言われている気がしてしまいます。

その理由が、対話の中で明らかになってきました。

彼女が子供の頃、両親が感情的に批判的な話をしだすと、子供だった彼女は、その感情の渦に巻き込まれたくないと感じた。

そして両親のことを客観的に、諫めるような思いで見るようになった。

それは、自分の居場所を作って、自分を守る方法だった。

 

続いて2。

彼女は、誰かに何かを教えるという仕事を聖職とみており、その人には完璧であってほしいと思っている。

だから、コミュニケーションを教えている私(西任)には、教えていることを日常でもちゃんと実践する人であってほしくて、

「わかってるはずでしょ?!」という気持ちを抱いていた。

この2つのことを、彼女と話しながら共有できたことで、私はすごくすっきりした気持ちになりました。

なぜなら、自分を守りたかった彼女の気持ち、教育者へのあこがれは、自分にも理解できるからです。

彼女には私を馬鹿にしようという意図なんてないということは、最初からわかっていたのですが、でも馬鹿にされていると感じてしまうのは事実で、その理由がわからないからずっとモヤモヤしていたわけです。

 

 

このエピソードからお伝えしたいことは2つあります。

1.人は、相手が話している言葉以上に、相手が思っていることの方を感じ取る。

その例として、「申し訳ございません」と謝られているのに、「本当に悪いとは思っていないな」と感じたりしますね。

何を言うかよりも、どういう心の状態で言うかというあり方の方が伝わってしまうわけです。

 

2.対話できればわかりあえる。

私達は思っていることをそのまま言葉にできるわけじゃありません

というよりも、思っていることと言葉は、多くの場合ずれている、と言ってもいいくらいです。

ということは、どういうつもりでその言葉を言ったのか?を確認し合えたら、ほとんどの誤解は解けると私は思っています。

また今回のように、自分を守ろうとして身に付けた思考を無意識にやっているだけなのに、結果的に相手を傷つけてしまうなんていうこともよくあります。

それも、話をして相手の意図を理解できると、やっぱり誤解は解けると思うのです。

こんな風に、お互いの本音にもっと気づけたらいいのになあと思って1年前に書いたのが、『本音に気づく会話術』です。

 

よかったら読んでみてください。

西任暁子でした。

 

 

■今後の予定■

9月9日(土) 10時から12時

苦手な人・嫌いな人ともうまく付き合うための 『本音に気づく会話術』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/0nVDeV9LTl

9月9日(土) 14時から16時

相手の言いたいことが理解できない人のための 『本音に気づく会話術 ~聞き方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/ujYxjABFgR

9月9日(土) 17時から19時

思っていることを言っても気まずくならない 『本音に気づく会話術 ~話し方編~』
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/wLGMoxa3iM

10月29日(日)

1dayスピーチセミナー
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

どうして質疑応答の時間がいちばん盛り上がるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

おととい金曜の午後、埼玉で講演をおこないました。

MDRTという、生命保険の業界で活躍している方が集まる団体からのご依頼です。

 


終わってみて感じた疑問がひとつあります。

どんな講演でも、質疑応答の時間が一番良くなるなのはなぜだろう?
本当に、例外なくそうなのです。

その理由を考えてみると、いくつか浮かんできました。
・直接質問してもらえることによって、「伝えたい」という思いが強くなるから。

・伝えたくて、熱が入るから。

・その瞬間、質問者との間に強い関係が築かれるから。
どれも間違ってはいないと思うのですが、頭で考えだした答え、という感じがきてしっくりきません。

帰り途にぼんやり考え続けていると、最終的にある答えにたどり着きました。

「一人に話しているからだ!」
今回の講演会場には、100名以上の方がいらっしゃいました。

そうすると、私はその全員に話そうとします。

具体的には、全員に目線を配り、全員に共通する内容を、全員がわかるように話そうとするわけです。

でも、質問をされたときは、「質問をしてくれたその方に伝えたい」と思うんですよね。

もちろん言葉も内容も、他の人が聞いてもわかるように話すのですが、私の心が見ているのは、質問してくれたその人ひとりなのです。
そこで思い出したのは、一青窈さんの「ええい~あ~君からもらい泣き~」という大ヒット曲です。

ラジオでインタビューをした時、彼女は「ある友人のために書いた曲」だと教えてくれました。歌詞にあるように、テレビにかじりつき、引きこもっている友達になんとか思いを伝えたくて書いたそうです。

このように「ひとりのために」書かれた音楽が大ヒットした例って、他にもたくさんあると思います。(と言いながら、忘れてしまった、、、音楽に詳しい方、教えてください~!)
あ、ひとつ思い出しました!

確か、藤井フミヤさんがコンサートをするときは、誰か一人を選んで、その人をずっと見て歌うと聞いたことがあります。(って曲の話ではないですね)
一人に伝える。
次の講演でやってみようと思います。

それではいい日曜日をお過ごしくださいね。
私はファシリテーション講座、2日目へ行ってきまーす!

西任暁子でした。
追伸:次回のファシリテーション講座の日程をご質問いただきました!

次回は、11月18,19の土日です。詳細はこちらから。

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

 

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

「うるさい」と言われてしまう人へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

先日、あるコンサルタントの方から、インタビューを受けました。

会員向けに配信していらっしゃるpodcastの収録です。
そこで質問されたのは、

「うるさい、ってよく言われるんですけどどうすればいいんでしょう?」

食事の時など、気が付くと声が大きくなっていて、注意されるそうです。
これは、私も経験があります。

電車の中で、友達と話していたとき、

「あっこさぁ、今、私たちが話していること、この車両の人みんなに聞こえてると思うよ」

と言われたのです。
気が付くと、声が大きくなってしまう理由はただひとつ。

話に夢中になって周りが見えなくなるからです。
基本的に話していると、頭や心は「今とは違うどこか」へ飛んでいきますよね。

夏休みの旅行について話していれば、旅行中のことを思い出し、過去のある時点にタイムスリップしますし、未来について話していれば、その幻想の中に自分が入り込んでしまいます。

そうすると、今、現実に自分がいる場所が見えなくなってしまうのです。

 

 

 

本を読んでいたら、乗り過ごした、なんていうのも同じ現象ですね。
こういう方へのアドバイスは二つ。

1.感情に埋没しすぎないこと

こういう周りが見えなくなるタイプの人って、感情が好きな傾向があります。
感情に入り込むのって、気持ちよさがあるから。

だから、感情がぐわっと込み上げていた時に、その波に乗って加速する方向ではなく、それに気づいているもう一人の自分を持つように意識してみる。

これは、世阿弥が語った離見の見と同じだと思っています。

(離見の見については、Youtubeで語っています。)

 

 

海外の人に、離見の見について知ってほしくて、英語で話していますが字幕があります。)
2.「自分」という感覚を広げてみる

周りが見えなくなる時の「自分」ってすごく小さくなっています。

自分の世界に入り込む、という表現がありますが、そういう時って、視野が狭くなっている感じ、ですよね。

「自分」というのは、この皮膚に包まれた肉体だと思うと、小さな自分になりますが、自分のまわりの空間も含めて自分だ、という意識を持ってみる。

ちょっと今、やってみませんか?
意識するだけだから、すぐできます。
どうでしょう?

自分が広がる感じがしませんか?

まるで背中にもセンサーがついて、後ろで起きていることも感じられるような、そんな感覚がするかもしれません。
自分を広げてみると、実際、まわりで起きているいろんなことに気づきやすくなります。接客業の方にもぜひ試してみてほしいですね。

これまで以上に、お客様の様子に気づけるようになると思いますよ。
それではまた!

西任暁子でした。
■今後の予定■

苦手な人・嫌いな人ともうまく付き合うための 本音に気づく会話術
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/0nVDeV9LTl

相手の言いたいことが理解できない人のための 本音に気づく会話術~聞き方編
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/ujYxjABFgR

思っていることを言っても気まずくならない 本音に気づく会話術 ~話し方編~
https://anypay.jp/shops/SK72J8YGYG/wLGMoxa3iM

1dayスピーチセミナー
http://u-b-u.jp/seminar/speech1day.html

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

会社員がうまく話せない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

先日、知人と話をしていて思い出したことがあります。

それは、会社員がうまく話せないのは、そもそも上手く話そうと思っていないから、という話です。
あれは、半年前くらいの1dayスピーチセミナーでのことでした。

その男性は、長年勤めた会社を辞めて独立し、人前で話す機会が増えてきたので参加したということでした。

自分の話し方次第で、売り上げが変わってくるからです。
午前中の講義が終わると、その方はこう言われました。

「そもそも、上手く話そうと思ったことがないから、下手なんだ・・・」
会社員にとって、とにかく大切だったのは目立たないようにすること。

上手く話せば、「上手いんだから、お前がやれ」と毎回やらされることになる。

かといって下手に話せば、評価が下がる。

だから目指していたのは、当たり障りのないスピーチ。

周りの人と同じように話して、いい意味でも悪い意味でも目立たないようにやってきたのだから、上手に話せないも当たり前だと、その方は言われたのです。

 

そのことを思い出したのが、つい先日のこと。

ヨーロッパの銀行を退職し、独立した知人がこう言ったのです。

会社員時代は、自分の考えを言ってはいけなかった。だから、自分が話すことは、リサーチャーが調べたことであり、会社の考えだから、発言に責任を持つ必要がなかった。

でも、独立すると自分の考えを発信しなければならないし、責任だって持たなきゃいけない。

そうなると、どう話せばいいのかわからなくなってしまった・・・。
こんなふうに、環境によって「いい」とされる話し方は違いますから、転職したり、部署が変わったときに、話し方を学ぼうとする人が多いのかもしれません。

さて、あなたが身を置かれているのは、どんな環境でしょう?

そしてその影響は?

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

多数決じゃない決め方があるなんて

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

今週末は、ファシリテーション講座をやります。

もう明後日なので、今から参加しようという方は、ほとんどいないかもしれませんが、ちょっと書いてみますね。
私たちは、日々いろんな場所で「話し合い」をします。

でも、

・時間がかかりすぎる
・同じ人ばかりが発言する
・最初から結論は決まっている
・話があちこち広がりすぎて、収拾がつかない

といったことが多くて、うんざりしますよね。

 

 

もっと短時間で、効率のいいやり方は、ないのかな?

と思っていた時に、アメリカまったく新しいファシリテーション(進行)のやり方に出会いました。
・多数決で決めない
・全員の意見が反映される
・それでいて、効率も大切にする
・決まったことに、全員が納得できる
まず、多数決じゃないやり方があるなんて、びっくりでした。

確かに、多数決って効率的だけど、少数派の人がそっぽを向いてしまいがちです。

だからといって、みんなが納得できるような話し合いが存在するなんて、思ってもいませんでした。

そして、そのスキルは、ファシリテーションを超えて、リーダーに求められることばかり。
真意を聞く
場を作る
質問する
仲介する
提案する
中立
モーチベート
感情コントロール
言語表現
だから、リーダーの方が総合的なコミュニケーションスキルを身に付けるために、学んでほしいと思っています。

 

 

8月19日(土)・20日(日)開催

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

すぐにわかりやすく話せる方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

今日も、話をわかりやすくするコツをお届けします。
■コミュニケーションの鍵 『1文を短くする』

これ、文章ならみなさん当たり前のようにやっていることなんですが、話すときには意識できなくて、つい長くなってしまって、話がわかりにくくなってるんですが、そのことに自分で気が付けないので、なかなか「。」のない文になってしまって、、、

とこのように、1文が長いとわかりにくいですね。

だから、文は短くすればいい!

解決策はシンプルです。

すぐにできます。

もし難しいとしたら、その理由はただ一つ。

自分が、長い文で話していることに気が付けていないから。
気づくためには、録音してみるのが一番早いと思います。

是非やってみてください!

 

 

■お知らせ

リーダーシップ・ファシリテーション講座

2017年8月19日(土)・20(日)
各10:00~18:00

http://u-b-u.jp/seminar/facilitation

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

接続詞にこだわるだけで、話はわかりやすくなる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。

西任暁子です。

お盆休みが続いている方も多いと思いますが、私はここ数日、東京の事務所でのんびり過ごしています。

なんとなく世の中がお休みだと、会社にいても気分がのんびりするので、以前から調べてみようと思っていた「改正個人情報保護法」について検索してみました。

あるセミナー運営会社さんから、今回の改正を受けて、受講生の名前を書いた名札は用意しないことになったと伝えられたからです。

今回の改正では、5,000人分以下の個人情報を取り扱う小規模な事業者も、改正法が適用されるということなので、個人事業主であっても適用になるそうです。

簡単にまとめられたパンフレットがあったので読んでみましたが、

http://www.meti.go.jp/policy/it_policy/privacy/downloadfiles/01kaiseikojinjohopamphlet.pdf

セミナーの受付に、名前を書いた名札を用意したらダメなのかどうか?結局よくわかりませんでした。

もしご存知の方がいらしたら教えていただけると嬉しいです。

 

さて、昨日書いたように経済評論家の勝間和代さんから「メルマガをもっと書きましょう」とアドバイスしてもらいました。

そこで、スピーチやコミュニケーションのコツを書いていこうと思っています。
■コミュニケーションの鍵 『接続詞にこだわるだけで、レベルアップ』

接続詞って、たくさんありますよね。

そして
だから
そこで
でも
ところが

では、話の中でもっとも使われる接続詞って何だと思いますか?

正解は、「でぇ」です。

例を見てみましょう。
先日、ある会社の研修があって、広島へ行ったんですね。

でぇ、お昼に出てきたお弁当が、お好み焼き!

広島なので、焼きそばもついてるから小麦粉三昧です。

でぇ、おいしかったんですけど、全部は食べきれなくて、少し残してしまいました。

こんな風に、文と文をつなぐときに「でぇ」と言っていることって多いと思いませんか?

私も気を付けているのですが、つい言ってしまいます。

便利だからです。どんな話も、つながって聞こえるから。

この「でぇ」は、接続詞が省略されているわけですが、省略せずに言ってみると、話はうんとわかりやすくなります。

 

先日、ある会社の研修があって、広島へ行ったんですね。

そして、お昼に出てきたお弁当が、お好み焼き!ご覧になったことありますか?お好み焼き弁当!

広島なので、焼きそばも下についてるから小麦粉三昧です。

それはそれとして、おいしかったんですけど、全部は食べきれなくて、少し残してしまいました。
つながりが明確になりますよね。これは聞く人にわかりやすいのは勿論のこと、話す人も頭がすっきりします。

さらに、丁寧に聞こえる、という効果もありますよね。
というわけで、接続詞を省略せずに話してみてください。

わかりやすさが、一気にランクアップするはずです。

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
不定期ではありますが、話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

 

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

残暑お見舞い申し上げます

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子
ニュースレターの登録はこちら

 

こんにちは。
西任暁子です。

勝間和代さんと前田鎌利さんが参加してくださった1dayスピーチセミナーが終了しました。

何が嬉しかったかって、勝間さんがものすごくいろんなフィードバックをして下さったことです。

セミナー会場の机は島型にした方がいいとか、休憩時間はもっと取った方がいいとか、プロフィール写真は変えたほうがいいとか、それはもういろんなアドバイスをいただきました。

あなたは、初対面の人に対して、率直に感じたアドバイスをお伝えするタイプですか?

嫌われるのが嫌なので、きっと多くの人が思ったことがあっても胸の内にとどめておくと思うんですよね。(私もそのひとりです)

でも勝間さんは、多くの人が言いにくいと感じるだろうな、っていうことも、そのまま教えてくれました。

それが、本当にうれしくて、ありがたくて、セミナーが終わった後には忘れないように、全部メモしました。

その20を超えたアドバイスのひとつが、「メルマガは、もっと書きましょう」

というわけで、これから毎日書こうと思います。

本当に書けるかなぁと正直心配ですが、こうして宣言したら書かなくちゃいけなくなるので、宣言してみました。

少なくとも1年は続けます。

うわあ。言ってしまった、、、。

というわけで、改めて今後ともよろしくお願いいたします。

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら