タグ: 感情

自分がやりたいことがわからない

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

先日お送りした「創造的に生きていく出発点」というメールについて、ご質問を頂きました。

—————–
今日のメール、まさに今私が直面していることです

自分は本当に何がしたいのだろう、自分て何だろう・・・とかんがえています

でも考えてもわからない。

自分が好きなこと、自分を満足させることって何だろうと小さなことから自分を満足させることを積み重ねていっています。食べたいパンを買う、好きな香水の香りをつけるなど。

西さんの何か見つける行動やヒントがありますでしょうか?
教えて頂けたら嬉しいです

—————–

ご質問ありがとうございます
昨日お送りしたメルマガにもつながるお話ですね。

先日のスピーチセミナーに、頭でお話しするのが得意な方がいました。
一方、心で伝えることは難しいようで、スピーチが端的な報告のように聞こえてきます

その方にお伝えしたアドバイスは、1日に5回、自分が感じている気持ちを受け入れること。

「私は今、嬉しいんだなあ」
「私は今、悔しいんだなあ」
「私は今、悲しいんだなあ」

こんなふうに、自分がその瞬間感じている気持ちを受け入れてみるんです
すると、感じる心が少しずつ目を覚まし、動き始めます

よかったらやってみてくださいね。

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NVC(Nonviolent Communication)の合宿が始まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)を学びに

現在、西任がアメリカ西海岸に出かけています。

NVCの海外合宿は3度目。

留守番をしているスタッフにとっては、大掛かりな海外出張という感じではなく、

時間をかけて、遠くまで「出かけたなぁ」という気軽な感覚です。

 

12143360_981086591929878_4274483751218900321_n

 

西任のfacebookページ

http://www.facebook.com/nishitoakiko/

をご覧頂いている方は、

「あれ? また行ってるの?」と思われたかもしれません。

 

どうやら、

NVCは、「ここからここまでがNVC」

というメソッドのようなものではなさそうです。

だから、学びは広く深く、終わりがないのでしょう。

 

NVCで大切にしていることは、一人一人の心の声に耳を傾けて、

それぞれの人が大切にしている価値(ニーズ)を満たすまで

話し合いを進めていくこと。

 

ある時は、心の声を聞くことができたけれど、

なかなか、心の声までたどり着くことができないこともあります。

 

大人になって(もしかしたら子供の頃から)

感情を出すことよりも、理性を優先させてコミュニケーションをとることが、

社会生活の中で大切だと学んできた私たちにとって、

「心の声に向き合う」ことは、非日常の果てしない旅のようです。

 

日常から離れて遠くまででかけたい。

忙しい毎日の中で、代わり映えのない風景を見ていると

そんなことを思うこともありますよね。

環境を変えられない時には、自分の心の中を旅する時間を

持ってみるのも良いのかもしれません。

 

 

12191924_981616161876921_2793848165387085410_n

 

この写真は、西任のお友達が住んでいるロサンゼルスの家から見た風景。

ここにいると、旅をしたいという気持ちが無くなってくると話していたそうです。

 

心の旅が日常の中で少しでもできたなら、

そして、心を日常で相手が受け取れるように表現できたなら、

日常そのものが、旅をしているような豊かな毎日に

近づくかもしれませんね。

 

 

1611014_981842238520980_1796181631422750701_n

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

自分の感情との付き合い方

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

前回は、相手の本心を理解する というテーマでお届けしました。

相手の欲求を理解することはわかったけれど、

自分が「嫌だ」と思った感情はどうしたらいいのか?

押し殺して我慢して過ごさないといけないのか?

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

コミュニケーションの悩み

 

結論から言うと、自分の感情を押し殺す必要はありません。

相手の感情を理解するために、自分の感情を犠牲にする必要はないんです。

そうは言っても、沸き起こった感情を出さないとモヤモヤするでしょう。

 

では、どこに出すか?

 

自分の中に出すことができます。

 

相手の欲求に寄り添ったように、自分の感情にも寄り添うことができるんです。

 

「西任さんってカンペキですよね」

と言われて、「なんだか嫌だな」と思ったら、

嫌だなを相手にぶつける前に、自分の感情と欲求にフォーカスしていくんです。

 

なぜ、嫌だと思ったんだろう?

例えば、

・自分はカンペキだと思っていない。本当の自分を見てもらえていないように感じる。

→理解してもらいたいという欲求がある。

・カンペキだと言われると、生まれつき何でもできる人だと言われたような気がする。

→自分は努力してできるようになったので、その努力を認めてほしい。

・カンペキだと言われたことで「あなたと私は違う」と一線を引かれた気がする。

→親しい関係を大切にしたいという欲求がある。

(※上記はあくまでもスタッフ阿嘉の想像です)

 

こんな風に、自分の心に向き合っていくと、

自分で、自分に共感していくことができます。

この時点で、モヤモヤした心は穏やかになっているでしょう。

 

関係性によっては、自分が気づいたことを相手に伝えることもできるかもしれません。

コミュニケーションのすれ違いは、「知らない」ことから起こります。

 

相手に自分の感情を知らせることも、関係を近づける第一歩。

ぶつけるのではなくて、お知らせする。

そんな風に思ってみたら、少し気が楽になりませんか?

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

相手の本心を理解する ~「あなたって○○」は相手のストーリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

相手にある言葉を言われて

「いい気分ではないな」

そう感じた経験はありませんか?

 

悩みを解決

 

別に、責められたり、批判されたり、暴言をはかれたりしているわけではないのに、

何かが心に引っかかった。

それは、言葉の裏側にある相手の感情や考えを感じて、

自分の心が動いた結果「なんだか嫌だな」という気分になったということなのでしょう。

 

現在、西任が学んでいるNVC(非暴力コミュニケーション)では、

人が元々もっている欲求にフォーカスします。

 

例えば、

会社で仕事をしている時に「ちょっと暑くない?」と上司が言った。

その言葉には「涼しく快適に過ごすことで、仕事の効率が下がらないようにしたい」

という思いがあるかもしれません。

もう一段階掘り下げると、「気遣い(みんなが心地よくいられるように配慮する)」

「快適であること(身体的に楽であること)」を大切にしているのだろう。

そんなことがわかってきます。

 

そうすると「ちょっと暑くない?」という少し乱暴にも聞こえる発言が、

上司の気遣いから生まれた言葉だと受け止めることができます。

 

 

 

先日、西任がこんなことを話していました。

 

「西任さんはカンペキですよね」と言われて、いい気分がしなかった。

けれども、相手の欲求を想像すると、

・自分ができないことを相手はできていて驚いた。

・自分ってダメなんじゃないかという不安な気持ちになった。

・自分はこのままで大丈夫という安心感を大事にしていたかった。

 

言葉は「あなたって○○」と相手を主語にしていたけれど、

その言葉が生まれた元は本人のストーリーだったということに気づいたそうです。

 

このように、相手が自分を見て、どんなことを感じ、それはなぜかを見つめると

言葉の裏にある欲求にたどり着くことができる。

相手や自分が発した言葉の元になる欲求は何なのか?

これは、コミュニケーションのすれ違いを避ける大きな役割を果たすでしょう。

 

ここで「では、自分が嫌だなと思った感情は押し殺さないといけないのか」

という疑問が湧いてきますね。

続きはまた次回!

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

なぜ、笑顔が大切なのか? ~近代セールス7月1日号~

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

初対面でも、安心して話せる人と、

声をかけるにも緊張する人っていませんか?

 

西任の連載コラム「相手の真意がマルっと分かるコミュニケーション術」が掲載されている

『近代セールス』 7月1日号では、

「笑顔」がコミュニケーションの始まりであることが書かれています。

 

笑顔は自然に出てくるもの。意識した笑顔は不自然になりそう。

笑顔が大切なことくらいわかっている。

そんな風に思われるかもしれません。

 

 

でも、笑顔のコミュニケーションができていると

自信を持って言えるでしょうか。

 

相手に届く笑顔ができているでしょうか。

 

 

西任暁子_微笑みのコピー

 

笑顔と言えば、最近こんなことがありました。

 

事務所の近くのコンビニエンスストアの店員さんで、

いつも誰が見ても「笑顔」の女性がいるんです。

忙しく仕事をしながら、ずっと笑顔!

こちらも思わず笑顔になります。

朝から元気をくれる彼女は、愛される人でしょう。

 

先日、そのコンビニに立ち寄ったときに、

不機嫌な声が聞こえてきました。

「何で笑ってるんだよッ!」

ふと見ると、笑顔が素敵なその店員さんに、

年配の男性が何度も詰め寄っていたのです。

 

とても悲しい気持ちになりました。

私にとっては、朝から元気をくれる笑顔を不快に感じる人がいたから。

一生懸命働いている人を責める人がいたから。

 

もしかしたら、怒っていた男性は朝から悲しい出来事があって、

笑顔を向けられた時、その悲しい気持ちを馬鹿にされたように感じたのかもしれないし、

他人が笑顔で接してくれたことがないから、戸惑っていたのかもしれません。

 

それでも、「相手の好意を受け取ったらいいのに!」

と、思ってしまいますが、

それをそのまま伝えたら、

人の好意を受け取れなかった男性を責めることになってしまいますね。

 

笑顔は大切。

でも、相手の状態を感じることも同じくらい大切。

そう感じました。

 

 

もし、その男性の表情があまりにも曇っていたり、

眉間のしわが深く刻まれて、目線が下がっていることに気づいていたら、

とびっきりの笑顔ではなく、

その曇った空気をすくい取るように、

わずかな微笑みで声をかけたかもしれません。

そうすれば、男性は自分とはあまりにも違う「笑顔」というエネルギーを

不快に感じることはなかったでしょう。

 

 

遠くから手を伸ばして「こっちにおいでよ~!」と叫ばれても、

人の心の扉は開かないことがある。

そんな時には、相手の隣にそっと座るだけ。

同じ空間で、同じ呼吸のペースで過ごしていると、

相手から心の扉を開いてくれる。

 

だから、西任がセミナーで一番始めに必ず行う、

「ペーシング(相手の話し方や状態、呼吸などのペースに合わせること)」が

どれだけ、円滑なコミュニケーションに大切なことなのか改めて感じました。

 

 

 

近代セールス0701

『近代セールス』7月1日号はオンラインでもご購入いただけます。

http://www.kindai-sales.co.jp/kindai/detail?item_no=11507

 

 

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2014/10/24 配信 番組が終わって週休6日になって思ったこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

◆◇◆◇無料ニュースレター登録受付中!こちらから◇◆◇◆

 

最近、私の中でブームになっていることがあります。

仕事を終えて帰る車の中で、1日を振り返り、起こった出来事を思い出しては

「やったー!」って言うんです。

すると、その日1日に起こったネガティブだと思われることでも、

起こってよかったなと思えてくるんです。

 

東京FMで毎朝2時間半DJとしてしゃべっていた番組が終わったのは、今から6年前のことです。

局からの告知は1か月前でした。番組をよくしたいという思いで一所懸命に取り組んでいたある日突然、

ひと月後に番組が終わることを告げられたのです。

私は局の偉い人に直接訴えました。もちろん自分の力不足によるところが大きかったのですが、

その他にも背後にある政治力の影響も感じ、ここで終わるのは理不尽だ!と

涙ながらに直訴したのです。でも終わるものは終わり。

私は、その1カ月後からおよそ1年間、週休6日の生活を続けました。

あの時の悔しさったらなかったですね。

激しくショックを受けて、もうどうにでもなれーって思ったことも事実です。

でも、あれから6年経って思うんです。あの時番組が終わってよかったなあって。

実はその頃の私は、毎日のように病院通いをしていました。

鍼灸院、マッサージ、カイロプラクティック、漢方治療院、皮膚科・・・。

ストレスをうまくコントロールできずに空回りし、身体はもう無理だと悲鳴を上げていました。

でも、ストレスに慣れすぎて、それがぎりぎりの状態だということに気付けずにいたのです。

 

あれから、ずいぶんと心身の状態はよくなりました。

そして、話し方を教えるという新しい仕事が、

それもとっても自分に向いていると思える仕事が見つかりました。

セミナーを開催し、本を出し、今は2冊目の本を執筆中です。

問題は外にない。それを問題だと思う心が、問題を作る。

そのことが今は深く理解できます。

起こる事実そのものにはいいも悪いもありません。出来事は無色透明なのです。

だから。

1日が終わった時に、今日起こった出来事を思い返しながら、

ひとつひとつ「やったー」って言うんです。

すると、全部いいことだなと思えてくるのです。

夕日1

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール
http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書 『聞く会話術』

e-hon ⇒http://bit.ly/1C0avXt
amazon ⇒http://amzn.to/1FVerwT

━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書 『「ひらがな」で話す技術』

e-hon ⇒http://bit.ly/1prCiJR
楽天 ⇒http://bit.ly/1iV2r06
amazon ⇒http://amzn.to/18aPcU5
kindle ⇒http://amzn.to/1caRhQo

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子はここにいます。

■このメールは転載歓迎です。下記のメールマガジンが出所である旨、URLを明記してどうぞご紹介ください。
https://a08.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=687&g=4&f=9

■note音声メルマガ
https://note.mu/nishitoakiko

■facebook
http://www.facebook.com/nishitoakiko

■twitter
http://twitter.com/nishitoakiko

■マンツーマン英会話Gaba 英会話番組podcast
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

■U.B.U. 株式会社
http://u-b-u.jp

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2014/6/12 配信【コミュニケーションの鍵】隠岐の島はひとつの島じゃなかった

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2014年6月12日 コミュニケーションの鍵  No.69

■ 隠岐の島はひとつの島じゃなかった

スピーチコンサルタント 西任暁子
http://www.u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎メールマガジン「コミュニケーションの鍵」は、

「歌手・ラジオDJ・MC・ナレーター・スピーチコンサルタント」の

西任暁子が日々追及している

————————————————
「話が通じる!」「思いが伝わる!」
コミュニケーションの気付きをお届けします。
————————————————

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇筆者 西任暁子プロフィール  → http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇著書 『「ひらがな」で話す技術』

e-hon → http://bit.ly/1prCiJR
楽天 → http://bit.ly/1iV2r06
amazon → http://amzn.to/18aPcU5
kindle → http://amzn.to/1caRhQo

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
1.近況   :隠岐の島はひとつの島じゃなかった
2.今日の鍵 :人の多い街中でイライラしない方法
3.Q&A :お休み
4.オススメ  :Gmailでコピペしても文字が紫にならない方法
5.お知らせ :募集前なのにお申込みが4件!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.近況

【 隠岐の島はひとつの島じゃなかった 】

───────────────────────────────────

▼初めて隠岐の島へ行ってきました!

島根県の北にある4つの島群です。

元リッツカールトンの日本支社長、高野登さん、
その高野さんのお師匠さんである大久保寛司さんが講演される!
ということで勉強させていただくために伺ったんです。

隠岐ろうそく
▼一緒に出掛けたおよそ10名の方々は、
とてもやさしくて、とてもあたたかい方ばかり。

素敵な人たちが集まる場には、
居心地のいいやさしさにあふれていました。

「雰囲気」を形成しているものって何でしょう?
雰囲気は見えないし、その理由は答えづらいですよね。

でも、今回の旅を終えた今、
それは人だと言い切ることができます。

雰囲気は、その場にいる人が作るのだと、
改めて体感した旅でした。
▼2泊3日で学ばせていただいたことはあまりにも多すぎて、
ここには書ききれませんが、少しずついろんなところで話していきます。

(セミナーでは、いっぱい時間があるから、
いろいろ話せると思います。生徒のみんな、楽しみにしててね!)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今日の鍵

【 人の多い街中でイライラしない方法 】

───────────────────────────────────

▼今日は、恵比寿、銀座、表参道に渋谷と、人が多い街へ行きました。

時折雨も降っていたので、傘がぶつかり合います。

駅の階段を登り切ったところで、
携帯電話に見入って立ち止まっている人がいます。

電車を降りてホームを歩いていると、
駆け込み乗車しようとしている人がぶつかってきます。

都会を歩いていると、どうしてもストレスが生まれてしまうもの。

でんしゃ
▼でも最近、そんな街中にいてもあまりイライラしなくなってきました。

あることを始めたからです。
それは、「1日5回ゆずること」
前から歩いてくる人とぶつかりそうなとき、道をゆずる。
階段の「上り」を歩いていたら降りてくる人がいたので、道をゆずる。
車を運転しているときも、曲がってくる車を入れてあげる。
1日5回ゆずるんです。
これを実践しはじめると、
ゆずるチャンスを探すようになります。

すると、これまでは「イライラ」を生み出していたぶつかりそうな瞬間が、
「あ、ゆずれる!」というラッキーチャンスに変わりました。
▼禅に「和顔愛語(わげんあいご) 先意承問(せんいじょうもん)」
という言葉があります。

和顔愛語とは、穏やかな表情で優しい言葉をかけなさい、という意味。

先意承問とは、相手の意思を先んじて読みとり、
その希望を満たしてあげること。
ぶつかるときは、お互いの欲求がぶつかりあっているもの。
先意承問できれば、誰もイライラしなくて済むことがわかりました。
━━━「今日の鍵」━━━

■ 欲求がぶつかったら、自分が満たしてあげるとストレスは生まれない

────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.Q&A

【 お休み 】

───────────────────────────────────

▼今週はお休みです。

こんな質問していいのかな?なんて躊躇せずに、
何でも聞いてくださいね\(^o^)/
▼ご質問はこちらからどうぞ!

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.オススメ

【 Gmailでコピペしても文字が紫にならない方法 】

───────────────────────────────────

▼同じ文面のメールを複数人に送るとき、
コピペしてから全体を書き直していくことってありますよね。

そんな時、コピペした部分だけが紫になって困っていた人いませんか?

解決方法を知って、感動したのでシェアします!
(そんなこと知ってるよーっていう方は、読み飛ばしてください)
▼ペーストするとき、「Ctrl+V」ではなく「Ctrl+Shift+V」にする。

すると、書式を引き継がずにコピペできます!

*Macの場合は「Cmd+Shift+V」
きゃー!簡単!

知らなかった人にとっては、感動ですよね。

ちょっとしたオススメでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お知らせ

【 募集前なのにお申込みが4件! 】

───────────────────────────────────

■お忙しい方のために、1日で学べるよう濃縮してお送りしている
1dayスピーチセミナーを8月3日に開催します。

詳細がまだ決まっていないのに、
もう4名の方にお申し込みをいただきました。

ありがたい・・・

今週末、募集を開始予定です。

興味のある方は、スケジュールを空けておいてください。

 

■弊社オフィスin目白で、第2・4水曜日の夜開催している
アレクサンダーテクニークのグループレッスン。

ぜひお気軽にお出かけください。
「いつも息苦しかった理由がわかりました!」
「いつもふくらはぎパンパンだった理由がわかりました!」
「どうして肩がこんなに凝るのか?身体の使い方だったんですね」

と、長年の疑問を癖や痛みが解消できた喜びの声が、
レッスンのたびに聞こえてきます。
私自身、肩凝り、坐骨神経痛、目の疲れなど、
様々な身体の痛みが楽になり、生活の質が向上しました。

興味のある方は、いつからでも始められます。

ぜひご参加ください。
⇒ http://u-b-u.jp/alexandertechnique.html
では。また来週お会いしましょう(*^。^*)
にしとあきこでした。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 西任暁子は、こんなところにいます。

▽ facebook ⇒ http://www.facebook.com/akiko.nishito

▽ twitter ⇒ https://twitter.com/nishitoakiko

▽ マンツーマン英会話 Gaba 英会話番組podcast
⇒ http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

⇒  
⇒  (店舗など)

▽ U.B.U. 株式会社
⇒ http://u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『コミュニケーションの鍵』 発行者:U.B.U. 株式会社/執筆:西任暁子
─────────────────────────────────
□本日の『コミュニケーションの鍵』はいかがでしたか?
ご質問ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009
□このメールは転載歓迎です。
ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、
必ず、URLを明記してください。
⇒ http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2013 U.B.U. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2013/7/4 配信【コミュニケーションの鍵】池波正太郎さんにも必要なのだから・・・

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2013年7月4日 コミュニケーションの鍵  No.25

■ 池波正太郎さんにも必要なのだから・・・

スピーチコンサルタント 西任暁子
http://www.u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
////////////////////■ お知らせ&お礼 ■////////////////////
『「ひらがな」で話す技術』Kindle版が、

AmazonのKindle総合ランキング5位!
人文・思想部門で1位になりました!
発売から1年を過ぎても、こうして読んでいただけて、
うれしいです。ありがとうございます。

紙の本は、¥ 1,470ですが、Kindle 価格は¥ 762とおよそ半額です!

ぜひ読んでみてください。
⇒ http://amzn.to/11qmvAe

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎メールマガジン「コミュニケーションの鍵」は、

FMラジオのDJとして15年間でのべ5000人を超える著名人に
インタビューを行ってきた西任暁子が、

————————————————
「話が通じる!」「思いが伝わる!」
コミュニケーションの鍵をお届けします。
————————————————
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◇筆者 西任暁子プロフィール http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■目次
1.近況 :池波正太郎さんにも必要なのだから・・・
2.今日の鍵 :褒める力
3.Q&A :お休み
4.オススメ  :ゴスペラーズ北山くんが教えてくれた呼吸の誤解

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1.近況

【  池波正太郎さんにも必要なのだから・・・  】

───────────────────────────────────

▼ こんにちは。

ではなく、もう「こんばんは」の時間ですね。

先週末から東京を離れていたため、
今、やっとパソコンに向かうことができました。

そして、何か役立てていただけることを書こうと思うのですが、
心の中がわさわさしていて、書きたいことが出てきません。

毎日、気付きにあふれている時間を過ごしているはずなのに、
こうしていざ、書こうとすると出てこない・・・

人は、なんて簡単に忘れてしまうのでしょうね。

▼ いや、もしかしたら忘れていないのかもしれません。
―― 何かを書いたり、描いたり、創ったりすることは、非日常。
だから、日常から離れる儀式が必要なのだ。
そう話してくださったのは、
先日、八重洲ブックセンターでのイベントにゲストで来てくださった、
画家の「ささめやゆき」さん。

締め切りが近づく中、絵を描かなきゃと思いながらも、
描きたくなくて、ついテレビを見たり、ぼーっとしてしまう。

わかっているのに、なかなかアトリエへ行けないそうです。

活躍されているアーティストの方にそう言われると、
力が抜けて少し楽になれますね。
戦後を代表する作家のひとりといわれる池波正太郎さんも、
日常から、非日常へいくために時間が必要だったそうです。

書かなきゃいけないのはわかっているのだけれど、
つい削らなくてもいい鉛筆を削ったりして
やり過ごしてしまっていたそうです。
また歌手のボニーピンクさんも、ゲストに来てくださった時、
こう言われていました。

「作曲のために1か月もらっても、
最初の1週間は掃除をしなければ、曲が書けない」
▼ 何かを生み出すためには、
日常を離れる時間が必要、

自分と向かい合うための準備の時間が
必要なのかもしれません。
なんて言っていたらこのニュースレターをお送りできないので、
手帳やメモ帳を見ながら、
この1週間の気付きを振り返ってみます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2.今日の鍵

【  褒める力  】
───────────────────────────────────
▼ 私は褒めるのが苦手です。

というか、あまり褒めることがありません。
最近その理由がわかりました。

自分を褒めていないからです。

▼ またまた例に出すのがKさんになってしまいますが、
セミナーでKさんは、とにかくよく生徒を褒めます。
たとえ、うまくスピーチができなかったとしても、

「よく、ここまで準備をしましたね。
いったい何時間かけたの?忙しいのにすごい頑張ったね!」

と、結果ではなく過程を褒めます。
もし宿題をやってきていなかったとしても、

「よく、正直に心を開いて言ってくれたね。
その心の在り方が素晴らしいと思う」

といった具体です。
6ヶ月間のセミナーが始まって3か月目に入りました。
そこで私の中にむくむくと疑問が湧いてきます。
どうしてそんなに褒められるのだろう?
そして、なぜ自分はKさんのように褒めないのだろう?

▼ 考えていてわかりました。

私は、「できて当たり前だ」と思っているので、
できていることに目がいかないのです。

ひとことで言うときびしいのです。

だから、自分自身をほめることが、めったにありません。
よって、人を褒めることもあまりないというわけです。
昔、歌の師匠に、
自分を大切にしなさいと言われたことがあります。
自分を大切にしない人が、人を大切にできるわけがないからと。
その時は、なんとなくわかったような気がしていましたが、
今、そのことが深くおなかに落ちてきました。

わたしたちは、自分自身にやっていることを、
周りの人にもやっているのです。
▼ あなたがもしコミュニケーションにおいて、
なにか改善したいと思っていることがあれば、
まずは自分自身に対して、やってみるのはいかがでしょう?
私も、最近がんばって(?!)自分を褒めるようにしています。
たとえば、人も自分自身のことも褒めない厳しさを持っていますが、
それは、強い向上心を持っているということです!
問題を発見して、具体的な解決策を伝えられるということは、
改善能力にすぐれているということです!
1日1善ならぬ、1日1褒!
ぜひやってみてください。

 

━━━「今日の鍵」━━━

■ コミュニケーションにおいて改めたいことは、まず自分にやってみよう
────────────

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.Q&A

【  お休み  】

───────────────────────────────────
▼ ご質問がなかったのでお休みです。
お気軽に送ってください。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4.オススメ

【  ゴスペラーズ北山くんが教えてくれた呼吸の誤解  】

───────────────────────────────────
▼ 大学の同級生でもあります
アカペラグループ・ゴスペラーズのメンバーのひとり、
北山くんが、facebookでシェアしてくれていたのがこのページ。

呼吸に関するいろんな誤解がこれでよーくわかります。

これ読むだけで、呼吸が変わると思いますよ。
呼吸は、あたりまえですが生命の根幹です。

みなさまに一読を強くオススメいたします。

http://basilkritzer.jp/archives/1470.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5.お知らせ

【  一生忘れられない自己紹介講座、開催決定!  】

───────────────────────────────────
■ 7月31日の夜、渋谷で自己紹介講座をおこないます。

多くの人が悩んでいることが、

「初対面の時、どうやって話をすればいいのか?」

だとわかったからです。
そこで、名刺交換をするときに、
実際自分たちがなにをやっているのか?
おこなっていることをすべて書き出してみました。

そしてびっくり。

ものすごくたくさんのことを
やっていることが分かったからです。

▼ 「パーティーで名刺交換をしても、あとが続かない」

「初対面の人と、次にまた会うような会話ができない」

という方。
「自己紹介をお願いします」と言われたときに、
何を話せばいいのかわからない方。

もっといい自己紹介があるはずだ!と思っている方。
7月31日(水)の夜にお会いしましょう!

なんと参加費は、懇親会費込で5000円です!
今まで一度もお話ししていない内容になります。
お申し込みはこちら。

⇒ http://peatix.com/event/15549/view

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼ 西任暁子は、こんなところにいます。

▽ facebook ⇒ http://www.facebook.com/akiko.nishito

▽ twitter ⇒ https://twitter.com/nishitoakiko

▽ マンツーマン英会話 Gaba 英会話番組podcast
⇒ http://itunes.apple.com/jp/podcast/id168407898

▽ U.B.U. 株式会社
⇒ http://u-b-u.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『コミュニケーションの鍵』 発行者:U.B.U. 株式会社/執筆:西任暁子
─────────────────────────────────
□本日の『コミュニケーションの鍵』はいかがでしたか?
ご質問ご意見、ご感想など、ぜひお聞かせください。

⇒ https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=177009
□このメールは転載歓迎です。
ただし、下記のメールマガジンが出所である旨、
必ず、URLを明記してください。
⇒ http://u-b-u.jp/blog/?p=712

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(c)2013 U.B.U. Co.,Ltd. All Rights Reserved.

西任暁子ニュースレター バックナンバー一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

コミュニケーションの土台を作る「感情日記」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

金融機関で働く方のための、ビジネス誌

「近代セールス」に、4月より西任の連載記事が掲載されています。

タイトルは「相手の真意がマルっと分かるコミュニケーション術」

 

近代セールス

 

「近代セールス」 5月1日号のテーマは

<感情日記をつけて気持ちに焦点を合わせる>

 

ビジネスに「感情」って必要なの?

そう思われる方も少なくないでしょう。

 

でも、自分の感情に注目することは、

職場の人間関係や、お客様とのコミュニケーションの第一歩。

自分の感情に焦点を当てることで、

相手の感情にもアンテナが立ってくるのです。

 

・商品やサービスを買うのに、こんなことが不安なのではないか。

・クレームの裏には、楽しみにしていた期待が裏切られた残念な気持ちがあるのではないか。

というお客様の感情に寄り添うことで、

セールストークや、クレーム対応で使う言葉が変わるでしょう。

 

また、

・新しい仕事を任されてやる気がある反面、プレッシャーに

押しつぶされそうな気持ちなのではないか。

・失敗の要因を指摘するよりも、挑戦したことを褒めた方が、

モチベーションが上がって、自ら改善に取り組むのではないか。

など、部下の感情に気づくことで、怒ったり、イライラした気持ちをぶつけるのではなく、

部下がついていきたくなるアドバイスができるようになるでしょう。

 

 

 

感情に注目することは、一対一のコミュニケーションだけではなく、

スピーチ、プレゼンテーションでも役立ちます。

人は、「説明」で心が動くことはないからです。

どんなに性能の良い商品の説明をされても、

「すごいんだろうな」ということしかわかりませんよね。

「欲しい」と思う気持ちは、感情が動かないと沸き起こりません。

 

「これを使ったら楽になって、毎日のストレスが軽減されるだろうな」

「楽しい気分になるだろうな」

「心地良い朝を迎えることができるだろうな」

 

そんなお客様の感情を想像して、話す言葉を選び、話す順番を決めることが

心をつかむプレゼンテーションの大原則。

近代セールス0501

 

さて、感情にフォーカスするための「感情日記」

どんな風に書けば良いのか気になる方は、

「近代セールス」 5月1日号をご覧ください。

タイトルは「相手の真意がマルっと分かるコミュニケーション術」です!

 

<近代セールスはオンラインでご購入いただけます>

近代セールスの定期購読はこちら

 
*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

日経新聞電子版に 取材記事が掲載されました

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

年度末、異動や転勤などで送別会が開かれる季節ですね。
お別れの挨拶はどんなことを話せばいいのか、
日経新聞の特集に記事を掲載いただきました。

 

~職場での別れのあいさつは、ある程度感情を交えていい~
▼記事はこちらからご覧いただけます▼
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO83547340T20C15A2EL1P01/

日経電子版

 

*************************

U.B.U.  Speech Consultingでは、

コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど伝え方に関する

研修・講演やコンサルティングサービスをご提供しています。

どうぞお気軽にお問合せ下さい。

U.B.U. 株式会社 HP

*************************

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら