タグ: 社内コミュニケーション

見えてしまう心

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

もし部下が遅刻してきたら、おそらく理由を尋ねると思います
あなたなら、どう尋ねるでしょう?

その尋ね方には、部下をどう見ているのか、その心が表れるようです

「どうして遅刻したんだ?」「何があったんだ?」と問う言葉には、相手の能力を疑い、責める気持ちが。
「何かあったのか?」と問う言葉には、相手を信頼し、心配している気持ちが。

思っている以上に、心は隠せないものですね。

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

社内の雰囲気を悪くする、キツい言い方の人

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

今日は土曜日ですね。いかがお過ごしですか?

私は、朝から夕方まで、英会話番組の撮影です

Youtubeで配信していますので、よかったらご覧くださいね。
https://www.youtube.com/channel/UCovz5pliHSYW0TIVQ4TMmrw

さて今日は、26日木曜日にお送りしたメルマガ「人生最大の出逢い」についてN.K.さんからお送り頂いたメッセージをご紹介しましょう。

「自分のことも、相手のことも、イメージで見てしまっている」ことが、おわかりいただける、とても具体的な内容です

************

社内に、キツい言い方をする人がいて、いつも雰囲気が悪くなってしまいます
社員の中には、彼に近づかない人もいます

私も先日、グサッとくることを言われました。

その日は気持ちがモヤモヤして我慢できず、ケンカになってもいいと思い、帰宅後に勇気を出して電話したんです

「どうして、あんなにキツい言い方をするんですか?もっと前向きに、どうすれば良くなるかという視点で話してください。言われた方は傷ついて萎縮してしまいます。」

すると相手からは意外な返事が。

「そう言って私に電話を下さって嬉しいです真剣に聴いて下さってありがとうございます。自分でも、嫌味な言い方になっちゃうなと思うんです会社をより良くしたい気持ちは皆と同じなんですが、ついアツくなって、嫌味ったらしくなっちゃうんです。」

私は拍子抜けしました。

その後、冷静に会社をどうしたいのか話合い、共通の意見も出てきて、分かり合えてきました。

相手の口調は一向に変わりませんが、私の中で彼は、’辛口コメンテーター’なんだ。くらいに捉えられるようになりました。

これ以来、真剣に相手と向き合う大切さ、自分の本心を話す大切さを知り、コミュニケーションが面白くなってきました。

今回のケースでは、’辛口コメンテーター’という相手のイメージをまた作っちゃってますが(笑)

************

イメージは、私たちを安心させてくれますね。
「こういう人だ」とラベルを貼ると、全体をつかめたように思えるからです

「わからない」って、とても不安な感覚なんです

でもね。

本当は心を開いて、イメージじゃないお互いに出逢いたい、って願っているんじゃないでしょうか?

必要なのは、少しの勇気。

なのかもしれません。

西暁子でした。

追伸:私から発信するだけでなく、こうしてみなさんと双方向のやりとりができる場に育ってきていることを、とても嬉しく思っています

N.K.さん以外にも、応援のメッセージをお送りくださった皆様。心の中で応援してくださっている皆様。いつもありがとうございます

 

******
今後の予定
******

★いよいよ明日です!急に予定が空いて、参加できることになったという方も大歓迎ですよ。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★会議の質を高める、コミュニケーションを一緒に学んでみませんか?

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

【ご質問】言い訳発言にもやっとします

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

スピーチコンサルタント西任暁子

ニュースレターの登録はこちら

 

今朝は、東京都にお住いのUchujinさんからのご質問です。

**********
他人の「○○だから」といった言い訳発言に対して、もやっとすることがあります。

特に自分の信用している人が言い訳だとか、他人のせいにしているような発言をするとがっかりしてしまったり。。。

高飛車な考えを持っている自分にもちょっとがっかりしますし、でも、原因の言い訳が周りで少しでもなくなると、職場や家庭の雰囲気が良くなるとも思ったり。。。

なるべく、原因に焦点を当てるのではなく、解決策や未来に焦点を当てる発言をやんわり切替し、視点を変えて欲しいなと働きかけてみるのですが、西任さんだったらどのように考えるのかお聞きしてみたく思い、感想を書かせて頂きました。
**********

ご質問ありがとうございます。

私達は、言い訳をしますよね。結論だけ伝えればいいとわかっている時でも、「自分は悪くない」「自分なりに考えてやったんだ」とわかってほしくて、言い訳を述べることがあります。

このように、自分が言い訳をするときの心理を見つめてみると、なぜ言い訳をするのか?が見えてくるようです。

言い訳をしてしまうときって、本当はUchujinさんが仰るように、解決策や未来に目を向けたほうがいい、と頭ではわかっていると思うんですよね。でもそれができない。

怖れがあるから。

この怖れを解消しない限りは、どんなに正しい方法を伝えたとしても、それを実行することは難しいでしょう。

相手に怖れを乗り越えてほしいと思ったら、まずは自分の怖れを理解する必要があるようです。なぜなら、それができたとき、相手は怖れる必要がなくなるから。

自分の怖れに向き合う勇気を、なんとか持っていたいと思います。

西任暁子でした。

<今週末のスピーチセミナーのこと>
★まだいろいろ考えているところなのではっきりしないのですが、これまでのような形でスピーチセミナーを行うのは、この回が最後になるかもしれません。

まだどのような形がいいのかは模索中ですが、「いつか」と思っている方がいらしたら、この機会にご参加ください。

⇒10月29日(日)  1dayスピーチセミナー
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D7&a=687&c=1&d=6f50

★今回で3回目の開催となります。

⇒11月18(土)19(日) ファシリテーション講座
http://a08.hm-f.jp/cc.php?t=D23&a=687&c=1&d=6f50

 

 

 

☆この記事は、西任 暁子の無料メールレター バックナンバーよりお届けしました。
話し方にとどまらないバラエティに富んだコンテンツをお届けしています。
よかったらご購読ください。

◆◇◆◇購読登録はこちら◇◆◇◆

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇バックナンバーはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━

◇西任暁子プロフィール

http://u-b-u.jp/profile

━━━━━━━━━━━━━━━━

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ABOUT

U.B.U.株式会社(U.B.U. スピーチコンサルティング)によるブログ。

伝わるスピーチ・話し方とは?毎日のコミュニケーションに役立つヒントをお届けしています。

U.B.U.  Speech Consultingでは、
コミュニケーションやスピーチ・プレゼンなど
伝え方に関する研修・講演やコンサルティングサービスを
ご提供しています。
どうぞお気軽にお問合せ下さい。
U.B.U. 株式会社 HP

西任暁子Profile
西任暁子ニュースレターバックナンバーはこちら