<<TOPページへ

講座概要

 
  経営者・リーダー・セミナー講師など、プロも学ぶ話し方講座! お問合せ お問合せ

西任暁子スピーチセミナー

1Dayスピーチセミナー申込

西任暁子スピーチセミナー

>>講師プロフィールはこちら
>>申込みフォームはこちら


伝わらないのは、もったいないこと。


講座はこんな方にオススメです!

部下に思いを伝えたいリーダーの方
これからリーダーになっていく方

セミナー講師など、教える仕事をしている方

コミュニティーを持っている方
多くの人に勇気と情熱を与える能力を身につけたい!と願うコーチの方
各種メディアの取材やインタビューを受ける予定や可能性のある方
人前でしゃべることが必要になってくると思われる方
しゃべりが単調で「話が面白くない」と言われたことがある方
いつも人前でしゃべるときに緊張してしまう!苦手!という方
右脳傾向が強すぎて話の論理展開がめちゃくちゃになってしまう人
左脳傾向が強すぎて、話が単調でつまらなくなってしまう人
いいことを話しているにも関わらず、いまいち相手を感動させる沸点まで到達する迫力がないという人
  ・・・など。


一部上場企業のCEO、経営者、作家、コンサルタント、セミナー講師など
業界トップリーダーが学ぶスピーチトレーニング講座

>>申込みフォームはこちら

名スピーカーも学んでいる ビジネスリーダーの方へ

リンカーン大統領キング牧師ケネディ大統領をはじめ
最近では、
オバマ大統領、アップル創始者のスティーブ・ジョブズなど、
多くの支持者をつかんできた世界のリーダー達。


彼らに共通するものは、いったい何でしょうか?

それは、 洗練された言葉を選び 感情豊かに表現し
聞き手を『とりこ』にしてしまう

『高いスピーチスキル』


高いスピーチスキルを持つ人の元には、
必ず、多くの人が集まります

もっと話が聞きたいからです。

そうして集まった『熱いファンや支持者』によって
強く結びついたコミュニティが形成されていきます。



例えば、2009年、全世界を熱狂の渦に巻き込んだ
オバマ大統領選挙戦での名スピーチは、あなたの記憶にも残っていることでしょう。

彼は、最初、黒人だという理由で選挙戦は不利だと言われていました。

しかし、彼の卓越したスピーチ能力が、聴衆を感動と興奮で震わせ、
勝利を勝ち取った『歴史的逆転劇』は、世界を熱くしました。


ここ日本でも、いったいどれだけメディアで取り上げられ、
そして本が出版されたことでしょう。

また、アップル創始者 スティーブ・ジョブズ
米国スタンフォード大学卒業式での名演説iPhone発表、iPad発表時の基調講演は、
世界中で話題となり、製品だけではなく
スティーブ・ジョブズのファンをたくさん生み出しました。


強烈なリーダーとしての存在感や引力と、アップル社の大躍進には、
彼の『言葉の能力』が莫大な影響をもたらしているということは、
誰も否定できない事実でしょう。

では、もし、彼らにスピーチのスキルがなかったとしたら、
果たして、結果は同じだったでしょうか?

オバマ候補が原稿を棒読みして、感情の伝わらないスピーチをしていたら・・・?
スティーブ・ジョブズが、歯切れの悪い、リズムのないスピーチをしていたら・・・・?
果たして、人々は、そこへ集まったでしょうか?

歴史まで変わっていたかもしれません。

人類発祥以来、 いつの時も『リーダーの言葉』が、
人々の心をとらえ、
世の中を動かし、
世界と歴史を作ってきたのです。

 



「でも・・・、彼らのスピーチがすごいのは、才能があったからでしょ?」

と疑問を持つ方もいるでしょう。

しかし、彼らにも「下手な時」が必ずありました。
誰だって生まれつき上手に話せるわけではないのです。
アメリカでは、幼稚園から話し方を学びます。
また高校や大学でPublic Speaking(パブリックスピーキング)のクラスを取ったり、
卒業後はビジネス・スピーチスクールに通って話し方を身につけていきます。


専門の『スピーチトレーナー』の元で
トレーニングをして、
後天的にスキルを身につけていったのです。


実際、スティーブ・ジョブズは、基調講演やプレゼンの前に、
何ヶ月も前から準備を始め、本番前には毎日何時間も練習していたそうです。

名スピーカーとしても名高いスティーブ・ジョブズでさえ、
入念な準備と練習をかかさなかったのです。


ですから、あなたもあきらめないでください。

「自分は、しゃべりが下手だから・・・」
「自分は、話し方の才能がないから・・・」

なげく前に、上手になれる「トレーニング法」を知って
やればいいだけなのです。


正しい トレーニングをして、コツをつかめば、
誰でも、聴衆を熱くさせるスピーチスキルを、
手にすることができます。






では、どのようなトレーニングをすれば、
スピーチスキルがアップするのでしょうか?

ポイントは大きくわけると3つあります。

スピーチ3つのポイント

名スピーカーは、その場の空気を自由に動かし、
聞き手をドラマチックな世界に引き込むことができるのです。


『3分間スピーチ 1Day集中トレーニング講座』では、
この3つのポイントを中心に、講義とワークを行い
その方に必要なポイントからお伝えしていきます。
6名限定で、一人一人、徹底的に、トレーニングを行ってきます。

実際の講座風景: 少人数制で、とってもアットホームな雰囲気です。

?

 

講座内容を一部ご紹介 

最初の15秒で聴衆の心をつかみ、自分のワールドに引き込むマジックとは?
話す前に○○と○○を決めておくだけで、人前でスピーチするのが10倍楽になる!
緊張を逆利用して力に変える4つの方法とは?
話をドラマチックに感じさせるための話し方のプロのコツとは?

「この人の話は、しびれる!」と言われるエピソードの話をするときの重要な
テクニックとは?

ラジオDJが使う『時間内に話を収めるテクニック』
話す速さ、使う言葉、語尾、ボリュームなど、自分の話し方の悪いクセを治すことで
広がる表現力
の威力。
「あなたの話は面白いです!わかりやすいです!まるで映像を見ているようです!」と言われる5つのポイントとは?
ちょっと工夫を加えるだけで、効果倍増!聴衆が思わず前のめりになってあなたの話を聞き始める!「聞かされている」から「聞きたいっ」に変える5つのテクニック
聞き手の頭の中に疑問を残さないための3つのポイントとは?
聞き手の脳が疲れないためのコツとは?
言外のメッセージも伝えるボディランゲージ、目線、トーン
寝てしまう人をつくらないための○○の使い方
キーワードが耳に残る2つのコツ
この2つのクセを治すだけで、「頭が良い人だ!」と思われる!
早口が治る2つのコツ
これを知らないと逆効果!モノを見せるときの重要なポイント
原稿があるスピーチで気をつけるべきこと
話が上手な人は、一文が短い。そのためのコツとは?
これは要注意!ぽろっとこぼれた言葉で一瞬でファンが減ってしまう。その言葉とは?
話が長いよ!と思われているときのサインの見分け方
聞き手が良く知らない専門用語や難しい漢字の言葉を使う場合の効果的なコツ
自然に自分の名前を印象付けるテクニック
宣伝したいときに、さりげなく盛り込み嫌味を感じさせないテクニック
相手をお腹いっぱいにさせるのはNG!「また会いたい」と思われるポイント
「いつもあの人の話は、場の空気を変えるよね!」と言われるようになる会場全体を
巻き込む技術
「聴衆が、なかなか話を聞いてくれない!」そんなときに使う『秘密の方法』とは?
自分の中で『最もいい声』の音を探し出す方法とは?
口コミになりやすい話し方
トピックを変えるときの効果的なテクニック
どうしても長い説明をしなければならないときに使うテクニックとは?
その人の存在が大きく見えるフレーズの使い方
大人っぽく聞こえる語尾の使い方
聞いていて飽きないリズム感を感じさせるプロの技とは?
一気に聴衆の視線を集めるためのボディランゲージのやり方
  ・・・など。

☆受講生のスキルやニーズに合わせて、この中から重要度の高い順に時間の限りお伝えします。



これまでの受講生の声をお聞きください

株式会社モルテン 代表取締役社長 民秋清史さん

弊社の社長就任直後に、前社長の社葬にて1,000人以上の参列者の前で挨拶をすることになったことがきっかけで受講し、 完全に世界観が変わりました。
「伝える」ということを根本から学び直したことで、視野が格段に広くなりましたし、何よりも、「伝える」楽しさを知ることが出来ました。
この歓びを一人でも多くの方に感じてもらいたいです。



村井

株式会社グラナダ 戦略プロデューサー 村井瑞枝さん

『もっと早く受講したかった』
人前で話すことが苦手だったのですが、
このセミナーで教わったことを知っていれば
もっと上手く行ったのでは、と思う場面がいくつもあり、
今では相手の反応を見ながら余裕を持って話すことが
できるようになりました。



inoue

経営者JP 代表 井上和幸さん

西任さんのレッスンで、話し方の「心技体」を知りました。
何を伝えたいのか?(心) どう伝えるのか。(技・体)
自分の話し方の癖と、「心技体」の使い方を詳しく具体的に教えていただき、
まさに目からうろこです。
“話し方の科学”満載の西任トレーニングで、日本人男子達のパブリックスピーキング力が(僕自身を含め^^)飛躍的に向上する日も近いでしょう。



『人生で大切なことはすべてプラスドライバーが教えてくれた』
『新人OLひなたと学ぶ どんな会社でも評価されるトヨタのPDCA』
著者 原 マサヒコさん

自分の声を気にしていましたが、顔の骨格が原因の一つであることや、
それを改善する意識の変え方などの指導は衝撃的でした。


税理士 上田智雄さん 

スピーチは数をこなすことが一番と言われてきました。
でも、このノウハウを使えば、効率的にスピーチ力をつけることが
できるのではないでしょうか。

そして、スピーチに適した姿勢を学び、肩こりも解消しました。



君塚正道

年間1000人の脚線美を作り上げる
ウォーキングインストラクター 君塚正道さん

ワーク中心だったので、より実践的で楽しく学べました。
また少人数だったので西任さんのアドバイスがひとりひとりにあり
自分の話し方の悪い癖を具体的に知り、その上で改善方法を指導して頂けるので、 とても実りあるセミナーでした。


スピーチ受講とは?
セミナーで実際にスピーチを行ない、講師から具体的なフィードバックや個別トレーニング
受けて学ぶことができます。


スピーチ


オブザーブ受講とは?
「スピーチ受講」の方のスピーチと、西任のアドバイスを見て実践方法を具体的に学びます。
なお、セミナー当日、スピーチの実践はありません。
オブザーブイメージ


1Day集中セミナーの開催は、年に2〜4回ほどです。
スピーチ受講」か「オブザーブ受講」のどちらかをお選びください。

当日のセミナーでは、実際にスピーチをおこなってもらい、指導していくため
1日で教えられる人数には限りがあります。
そこで、スピーチを実践して個別指導を受けられる「スピーチ受講」は6名限定です。

満席になることが予想されますので、ご希望の方はお早目にお申し込みください。

<スピーチ受講はこんな方にオススメ!>
・「大切なスピーチやプレゼンが間近に控えているので、とにかく今すぐ成果を出したい」
・「ある程度、スピーチやプレゼンは自己流で磨いてきたが、もっともっとレベルアップしたい」
・「急に立場が変わって、人前で話す機会が増えたので何とかしたい」
・「絶対に成功させたいスピーチやプレゼンがある」
・「周りの人には、“よかったですよ”としか言ってもらえないので、改善点がわからない」
・「自分の話し方が相手にどう思われているのかを知りたい」


<オブザーブ受講はこんな方にオススメ!>
・「話し方は学びたいが、実際にスピーチをするのは、もう少し学んでからにしたい」
・「今、スピーチの機会があるわけではないが、話し方は学んでおきたい」
・「どんな感じなのか、まずは様子を見てみたい」
・「スピーチをしたいわけではないけれど、伝わる話し方を知りたい」
・「自分のためというより、部下や後輩に指導するやり方を学びたい」
・「他の人が受ける指導を見て、自分なりに取組んでから、指導を受けたい」
・「まずは他の人のスピーチが、1日でどこまで変わるのか見てみたい」

 

第68回 スピーチ1Day集中トレーニング講座 in 東京

日時
 2017年10月29日(日) 10時〜18時(終了予定)
場所
 築地明石町オープンアカデミー
 東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F
授業内容
 3分間スピーチの実践とフィードバック
講師
 西任暁子(にしと あきこ)
 受講料 

 ・スピーチ受講  68,000円(税込) 
 ・オブザーブ受講 38,000円(税込) 
 銀行振込またはクレジットカード決済
 (VisaもしくはMasterCardをご利用いただけます)


お申込はこちら

 

日程が合わない方はこちら

   

よくいただくご質問

 

Q:「当日はどのような服装で参加すればいいのでしょうか?」
A:「自由です。丸1日と長い時間ですので、過ごしやすい服装でお越しください。」


Q:「オブザーブ受講する場合は、なにか準備をすることがありますか?」
A:「ありません。オブザーブ受講の場合は、筆記具とメモ(ノート)だけ持って、
お越しください。」


Q:「スピーチ受講の場合は、講座でスピーチをするのですか?」
A:「はい。スピーチをしていただきます。時間は3分間です。
準備のやり方は、動画講義で解説しています。」


Q:「スピーチ受講する場合は、どんな内容のスピーチをすればいいのですか?」
A:「どんな内容でも構いません。結婚式のスピーチ、朝礼でのスピーチ、
パーティーでのスピーチ、 お得意先でのプレゼンなど、話したいと思うことなら
なんでもいいのです!講座を受講されるほかの生徒さんに向けてでもかまいません。
近々おこなう予定のあるスピーチ、また過去に失敗したので改善策を知りたい
スピーチなどもオススメです。」


Q:「スピーチ受講でスピーチをするときに、ホワイトボードやパワーポイントを
使ってもいいですか?」
A:「使わずにスピーチしてください。当日は、ホワイトボードやパワーポイントを使った
スピーチの際のテクニックもお伝えしますが、
まずは、何のツールも使わずに”話す”ことを磨いていただきたいと考えています。」


Q:「スピーチ受講でスピーチをするときに、原稿を見てもいいですか?」
A:「いいです!話すときに、原稿をどのように見ればいいのかについては講座でお伝えします。」



西任暁子 プロフィール
西任暁子

大阪生まれ、福岡育ち。
アメリカへ高校留学した後、慶應義塾大学総合政策学部に入学。
在学中からFMラジオのDJとして第一線で活躍し、独立後は「話し方の学校」を開校する。2年半に渡って学長として指導。

現在は、コミュニケーションやリーダーシップについて講演や研修を行うほか、スピーチやファシリテーションを指導。また執筆や朗読、音楽など、その活動は多岐にわたり、人間の主体性と創造性を探求するさまざまな表現は、各方面から高い評価を得ている。MCを務めるポッドキャストプログラムは、「iTunes Rewindオールタイム ベストビデオ Podcast」を3年連続受賞。
<著書>
『「ひらがな」で話す技術』(サンマーク出版)、
『話すより10倍ラク!聞く会話術』(ディスカヴァー)、
『本音に気づく会話術』(ポプラ社)。

『タイプ別対処法を伝授! 伝わる話し方のコツ (超役立つ! 社会人の常識手帳)』(ナツメ社)

<音楽作品>
『ふたりでみてたもの』(LaRA名義)、『If you go away』(ポリスター)




 西任暁子プロフィール



詳細プロフィールはこちら


↑上に戻る




他、アンケートにお答えいただいた受講者の声

●累計69万部の恋愛作家 藤沢あゆみさん 

気になっていた話し方の癖を解消する方法が分かってスッキリしました!
西任先生の講義が予想以上にアツくて、まさにエンタテイメントでした。



●『よくわかる医療業界』など著作は30冊以上
"コンサナリスト"(コンサルタント+ジャーナリスト)川越満さん 

プライドがズタズタになりましたが(笑)もっとうまくなれると確信できました。
本当に来てよかったです。
何百回講演しても気付かなかったことの数々。
目からウロコが落ちました。大感謝。
自分の悪い癖を認識できたので、気をつけられるようになりました。
改善点をたくさん見つけられた!



●キャリアコンサルタント 小山 弘樹さん 

とても有意義でした。
自分に対するアドバイスだけでなく、他のみなさんへの指摘も大変参考になりました。
ポイントが明確で、かつ講師の豊富な経験とパッションがビシビシ伝わってきました。
相手の心に刺さるスピーチのエッセンスを学べました。
快適領域から出ることが大切だと思いました。
単なる話し方教室(きれいにしゃべる)ではなく、
自分の思いを伝えたい人向けの講座です。



●30代 女性 人事コンサルティング会社 社長 

自分のspeechや発表を見てもらう機会はあまりなかった。
スピーチの"本番"に絞ったアドバイスやフィードバックは分かりやすくて、
今後に活かせます。
1日のコースに実践が2度もあり、自分でも違いが実感できました。
少し自信を持って話せるようになりました。



●株式会社イーテック代表 小野志郎さん

自分のためではなく、相手のために話すという点が印象に残りました。
自分自身の話に相槌を打っているというクセの発見は衝撃でした。
この癖は克服したいと思います!
人前で話す方はもちろん、コミュニケーションが必要な方すべてにお薦めしたいです。
非常に実践的かつ技術も学べる点が素晴らしい!



●『ダンナ様はFBI』著者 コピーライター 田中ミエさん

いかに私たちが訓練を受けていなかったか、身にしみました。
またトレーニングでそれを身につけられることが具体的に分かり、実践的であると感嘆しました。
あっという間でした。癖になります。



●マインドフルリーダーシップインスティテュート 代表理事 荻野淳也さん
著書:『世界のトップエリートが実践する集中力の鍛え方
 ハーバード、Google、Facebookが取りくむマインドフルネス入門

自分のクセを改めて確認できました。
自分らしく、自分の伝えたいことをきちんと心をこめて伝えられるようになろうと思いました。
スピーチするときの西任さんの頭の中を知りたい!



●キリンMCダノンウォーターズ株式会社  マーケティング部 部長 吉沢直大さん

一番印象に残ったのは、声に色があり、この色を場面によりコントロールすることで、
より効果的な話し方ができるようになる
ことでした。
一通りのプレゼンテーションスキルは学んだつもりでしたが、
本日学んだ話し方のアドバイスは新しいものばかりでした。


●川崎市役所  入澤 光さん

間とは、相手と心の中で会話をすることなんだということです。
今までは、相手を待たせたくない一心で、間を持つこともなく、ひたすら話していたので、
それでは相手も苦しいのだなとわかりました。
もっと落ち着けばいいんだと思えましたし、そもそも相手との会話をいつものようにすればいいと思いました。


●エコショップネットワーク株式会社 代表取締役 泉 三紀夫さん

声は視覚に影響を受けるとは知らなかった。
逆に声のトーンを変えるには、視覚を利用すればいいということを学んだ。



●森安公認会計士事務所 代表 森安理恵さん
著書:『公認会計士が教える 年収の4割を貯蓄する方法』

自分の話し方のクセを客観的に言葉で教えてもらったことで、具体的にここを直せばいいんだなということがわかりました。まずは相手に伝えることを考えて話すことが一番大事だなと思いました。士業はセミナー講師をしたり、人前で話す機会が多くあります。同業者に対して、自分の話し方の癖が明確にわかるし、話し方のコツもたくさん教えてもらえるよ、とお勧めしたいです。


 

最近、ありがたいことに、
素晴らしい知恵を持っている方々に、たくさん出会います。

医療のこと。 芸術のこと。 ビジネスのこと。

「この人の話を聞いてみたい!」

と、その方に興味津々なのですが、残念ながら何を言いたいのか、
よくわからないと感じることがあります。

内容は面白いはずなのに、
「わからない」「つまらない」と感じてしまうのです。

そんな時、私は、こう思います。

「もったいない!」

順序を変えれば、最後まで飽きずに聞いてもらえるのに。
声が変われば、「ここが重要だ」と伝えられるのに。
パワーポイントを出すタイミングを変えれば、もっと集中してもらえるのに。

その方は、「伝わる話し方」を「まだ知らない」だけなのです。

話し方とは、あくまで手段です。
手段とは、目的を達成するための道具です。

つまり、
「たくさんの人に伝えたい」
という目的がある時に、話し方という道具を持っていると、
伝わる力が何倍にも大きくなるのです。

 

U.B.U. Speech ConsultingのU.B.U.(ユービーユー)とは、
You, Be Yourself!
「あなたらしくあれ!」という意味です。

あなたらしい声で、
あなたらしい話し方で、
あなただから知っていること
世の中に伝えていく、

そのお手伝いができればと願って、名前を付けました。

ひとりひとりが持っている知恵は、社会の財産です。
それがもっと世の中に広まっていくことによって、
社会がよりよい方へと変わっていく。
そのお役に立てればこんなにうれしいことはありません。

漢字の書き取りや作文は繰り返しやってきたけれど、
言葉の発音や話し方は誰も教えてくれなかった。
だから、今できていないのは当たり前のこと。

でも、多くの人が学んでいないということは、
学んだ人だけが知っているということ。

「知った人」と「まだ知らない人」の差は、
どんどん開いています。

一生使える技術ならば、早く学んだ方がいい。

あなたの扱う商品の魅力を、
あなたの知っている技術の良さを、
あなたが持っている知恵や才能を、
もっと多くの人に伝えていく。

そのための道具を、磨いてみませんか。

 










この講座では、まず、あなたに『3分間』というタイム感をつかんで欲しいと思っています。

なぜ『3分間』なのかというと、
『歴史的名演説と呼ばれたスピーチは、3分単位で作られている』
という法則があるからです。


それは、30分のスピーチでも、1時間のスピーチでも、2時間のスピーチであっても同じです。
スピーチが上手な人の話は、必ず、3分間という小さな単位で構成されているのです。


記憶に新しい名スピーチといえば、
アップルCEOのスティーブ・ジョブズのスタンフォード大学でのスピーチですが、
彼のスピーチやプレゼンも、必ず3分単位で構成されているというのは、有名な話です。


実は、FMラジオの世界でも、フリートークはMAX3分と言われています。
ここにロジックはありません。

現場で番組作りを続ける中で、 なぜか「3分」という感覚が一番フィットする
と感じられるようになったようです。

あなたの話は、いつも何分くらいでしょうか?
自分にとって思い入れの強いことは、
つい長く話したくなるものなのです。


一方、聞いている人はというと、
「長いなあ」「もういいよ」「飽きちゃったなあ」
と感じていることがあります。

30分話すときでも、3時間話すときでも、
この「3分間」の感覚を身につけてしまうと、後は楽です。


「3分間トーク」をどんどん続けていけばいいからです。

ですから講座では、3分間スピーチを徹底的にトレーニングしていきます。

自分がちょうどいいと感じている時間が、3分よりも長いのか短いのか、
それを体感して、"聞き手にとって心地いいタイム感"を体得していただきたいからです。

「自分は、話がヘタで・・・」
と思っていた方も、プロが意識しているコツ『3分間の法則』を知って、
正しいトレーニングをすると、
「こんなに変わるんだ・・・」と、びっくりすると思いますよ。

 



第68回 スピーチ1Day集中トレーニング講座 in 東京
日時
 2017年10月29日(日) 10時〜18時(終了予定)
場所
 築地明石町オープンアカデミー
 東京都中央区明石町11-15ミキジ明石町ビル3F
授業内容
 3分間スピーチの実践とフィードバック
講師
 西任暁子(にしと あきこ)
 受講料 

 ・スピーチ受講  68,000円(税込) 
 ・オブザーブ受講 38,000円(税込) 
 銀行振込またはクレジットカード決済
 (VisaもしくはMasterCardをご利用いただけます)

 

お申込はこちら

 

日程が合わない方はこちらをどうぞ





↑上に戻る

最後に・・・・

ひとりひとりが持っている知恵は、社会の財産です。
素晴らしい知恵を持っていても、
いざ話を聞いてみると、その人が何を言いたいのかよくわからない。
内容は面白いはずなのに、つまらないと感じてしまう…


順序を変えれば、最後まで飽きずに聞けるのに。
声の色が変われば、場面を変えられるのに。
大切なところだから、声がもっと前に出るといいのに。
パワーポイントを出すタイミングを変えれば、目線に迷わないのに。

「伝わる話し方」を知らないだけで損をしてしまっている。
それは、 とてももったいないことだと、私は思います。

ひとりひとりが持っている知恵が相手に伝わり、
世の中に広まっていくことによって、
社会がよりよい方へと変わっていく。
そのお役に立てればこんなにうれしいことはありません。

あなたの扱う商品の魅力を、
あなたの知っている技術の良さを、
あなたが持っている知恵や才能を、

あなたにしかできない表現で、
もっと多くの人に伝えていく。

そのための道具を、磨いてみませんか。


西任暁子(にしと あきこ)


西任暁子無料メールマガジン
メールアドレス (必須)
お名前 (必須)
全角文字で入力してください。

*次回セミナー日程もこちらでご案内しています。


お問合せは、こちらからお願いします!